It's all right.


大丈夫。まだまだ、これから。
by ふじまる
プロフィールを見る
更新通知を受け取る
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

<   2018年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧

カメラを止めるな!

d0155893_21370911.jpg

































彼が「面白い」と言っていた映画。
今日、観てきました。
ホントに面白くて、みんな笑ってました。
未完成な人間臭さ、みたいなものがいいなぁ。
いろんな意味で話題になるワケがわかる気がします。

明日・明後日の旅先での話題がまた一つ出来ました。
そして、もしかしたら開業する話も・・・。
「彼氏さんと同じ方向を向いているなんて素敵!」
友達にそう言われたことが嬉しかった。

旅をしながら、いろんな話が出来るのが楽しみです。




[PR]
by fujimal_love | 2018-08-25 21:45 | TV・映画関連 | Comments(0)

ペインクリニック受診

日曜日あたりからヘルニアが悪化したのか腰痛が再発し、
歩くのもやっとな状態になってしまったので、
今日はお休みを貰って、ペインクリニックへ半年以上ぶりに行きました。
久し振りなので、腰と手指のレントゲンも撮ることに。
すると、ヘルニアよりも手指の変形性関節症の方が進行していることが発覚。
専門医を紹介するから、一度診察を受けて下さい、と言われました。

新リンパ療法を勉強し始めてから、クリニックへの足が遠のいてしまい、
今年に入ってほぼ放置していましたが、
やはり痛み止めの処方と低周波治療器でのリハビリは続けた方が良さそうです。

しかし、まさかの、手の方・・・ずっと腫れも痛みもありましたが、
一進一退だし、原因も治療法もわからないから、
騙し騙し付き合っていくしかない、と思っていましたが、
やはり退職は必然だったんだなぁ、と。
もう手が悲鳴を上げていたんですね。
事務作業ではあるけれど、毎日大量に届く郵便物の開封作業があり、
ペーパーナイフをぎゅっと握ったり、片方の手で封筒を押さえたり、
結構指先に力を入れる動作が多く、
どうやらそれが、関節症の進行の原因になったようです。
あとは、扱う書類の数が多いことで、それらをまとめて持ち運んだりするのに、
やはり指先にどうしても力が入ります。
これがよくなかったんですね。

たかだか事務作業、と軽くみていましたが、これからは純粋に
パソコンの入力だけ、とか、軽いものを扱う軽作業しか出来ないんだな、と。
ますます、新リンパ療法での開業にシフトする状況になってきました。
仕事探しは本当に焦らず、年内かかるくらいの覚悟で、
手に無理のない仕事をじっくり探そうと思います。
そうしているうちに、開業準備も進んでいくでしょう。

もう慌てて手を打つことはやめよう、と心に決めました。
 
 



[PR]
by fujimal_love | 2018-08-22 22:21 | 自分のこと | Comments(0)

まさかの展開

退職が決まってから気持ちが沈みがちでしたが、
何とか気持ちを立て直して就活を、と思っていた矢先に、
彼からこんな提案が。
『新リンパ療法で開業することも考えてみたら?』
全く思いもよらない彼の言葉にビックリ。
「開業資金どころか職も失ったのに、無理」
と言ったら
『俺、投資するよ』
という、まさかのリアクション。
さらに、いくらあれば開業出来るかと訊かれましたが、
この時点では冗談だと思っていて
諸費用でざっと数百万円かかる計算だと言えば
彼も驚いてこの話はそこで終わるだろうと思いきや、
意に反してさほど驚きもせず、結構前から本気で考えていた様子。
決して安くないし、まだ結婚もしていない彼にお金でお世話になることには
かなり抵抗があるのですが、
『いい資格だと思うし、せっかく師範の認定を受けた今やらないと勿体ない。
年を取れば開業はそれだけ難しくなる。
暫くは二足のわらじでもいいのでは? 
但し、あくまで“投資”だから、やるなら絶対“回収”する意気込みで(^^)』
と彼は後押しする気満々。
確かに、まだ未熟な私でも、少し施術してあげた人たちには感謝されたし、
直接「ありがとう」と言って貰える仕事っていいなぁと思っていました。
それに、もともとこの資格を取ろうと思った背景には、
この先両親が要介護になれば、今のような通勤での仕事は無理になる、
という思いもあったからでした。


ネックは資金面のみ。
なので、彼の気持ちはもの凄く有難いのですが、
素直に受け取っていいものか悩んでいます。

そう言えば昨年末に、こんな記事を書いていたのを思い出しました。
あの時は雰囲気や言葉のあやでそう言ったのだと思いましたが、
今思えば、彼は既に本気だったのかも知れません。

開業へシフトするとなると、職探しも方向転換が必要になるなぁ、と。
無職ではしんどいので、当分は仕事と並行させることになりますが、
もっと技量を磨くための鍛錬会への参加や、
インターンでの研修も必要なので、
今後も学院には通わなければなりません。
研修や準備で学院に通いながらだと、フルタイムでは無理。
その分、収入が減るうえ、来年の年金保険料は今年の収入で決まるので、
現在とほぼ同額支払うことになるのは正直キツイです。
法改正で社会保険加入制度が変わったため、
収入が減ると翌年にかなり損をすることに。
結婚していれば別ですが、ただ交際しているだけという今の状態で
そこまで彼に甘えられない、という思いも。
でも、周囲の人たちからは、
「今やらないと勿体ない」
「彼の申し出は素直に受けるべき」
という声が多く、私としても彼の気持ちに応えたい思いはあります。


そんなワケで、開業までに超えなければならないハードルもあるし、
気持ちもまだまだ揺れ続けると思いますが、
仕事を探しつつ、学院からのアドバイスも受けながら、
彼ともいろいろ話し合っていこうと思います。




[PR]
by fujimal_love | 2018-08-19 13:58 | 仕事 | Comments(2)

退職日決定


先月初めに「離職決定」↑という記事を書いてから1ヶ月以上が経って、
ようやく退職日が決定しました。
9月末です。

退職日について、7月4日の上司との面談時点では、
新人が入ってある程度研修が進んでから決める、ということで、
当初は私もそれでいい、と思っていたのですが、
退職日が決まらないと先の予定も決められないことや、
メンバー・周囲に退職の話がまだ出来ないというストレスが
想像以上にじわじわとボディーブローのように効いてきたようで、
このところ精神的にかなりキツイ状態になっていました。
お盆前の繁忙期で上司と話をする時間もなかなか取れず、
木曜日、私は仕事が休みだったので、職場に電話を入れ、
早めに退職日を決めて欲しいと上司に申し出たところ、
翌日、上司との面談が叶い、退職日が決定しました。

私は数年前から「ヘバーデン結節・ブシャール結節」(変形性関節症)のため、
手指の第一・第二関節に腫れと痛みがあります。
原因や治療法がわかっておらず、整形外科やクリニックでも
「使い傷み」「酷使を避けて手を休ませて」と言われるだけ。
昨年までは月に2回、ペインクリニックに通い、
慰め程度の低周波治療や痛み止めの処方を受けたりしていましたが、
劇的に痛みが軽減される、というワケでもなく、
今年に入ってそれもやめてしまっていました。
前回も書いた通り、業務で処理スピードアップへの取り組みが始まりましたが、
関節の腫れのため指が曲げにくいなどの症状により、
スピードが上がらないという影響が少しずつ出始めていました。
現在の職場は請負という業種のため、
請負先から要求される業務スピードも無視は出来ず、
私がモタつくことで業務効率が上がらないと他のメンバーにも迷惑がかります。
悩んだ末に上司に相談したところ、
やはり、請負先からの要求に応えられないなら退職して貰うしかない、と・・・。
これ以上、職場のメンバーに迷惑をかけるには忍びず、
退職を受け入れることになりました。
幸いにも、来週あたりに新人が入る予定であることを昨日の面談で聞き、
退職前の有休消化も可能とのことで、最終出勤日は9/14頃となりそうです。
早めに転職先を決めて、次の仕事に出る前に少しゆっくりしたいと思っています。

近々退職することについて、一部の友人や彼には伝えていて、
かなり心配をかけていました。
退職勧告をしておきながら退職日を長期間保留にするのは酷い、と
私の代わりに怒ってくれる人もいて、有難かったです。
私がお人好し過ぎる、という意見もありましたが、それももっともな話。
でも、いつもフォローしてくれるメンバーへの負担や迷惑が少しでも減ればと、
ただそれだけの思いでした。
メンバーへの退職の公表は、来月のシフトが発表される今月下旬が
そのタイミングとなります。
メンバーとの人間関係はとてもよかったのでお別れは寂しいですが、
出来る限りきちんと新人へ引き継いで退職したいです。

それまで両親にも話せず、就活にも手をつけられない状況でしたが、
その日の夜にようやく退職を報告しました。
1ヶ月以上前に退職が決まっていたことには驚いていましたが、
すでにハローワークへも行き、ネット就活も始めたことを伝えると
安心してくれた様子。
私も肩の荷がだいぶ下りました。

暑い時期の就活でもあり、アラ還という年齢や変形性関節症を抱えて
仕事が見つかるのが不安は大きいですが、
ハローワークの窓口の女性から、大丈夫ですよ、と言って貰ったことで
少し不安も和らぎました。
今はとにかく前を向いて頑張りたいと思います。
 
 
 


[PR]
by fujimal_love | 2018-08-12 09:32 | 失業・就活・職業訓練 | Comments(0)
最新の記事
最近のお買い物
at 2018-12-15 12:50
就活2018 Vol.1 
at 2018-12-13 18:48
復活。
at 2018-12-08 20:32
ライフラインと風邪っぴき
at 2018-11-08 15:45
祝!ソロ☆デビュー
at 2018-11-04 20:23
以前の記事
カテゴリ
タグ