It's all right.

fujimal.exblog.jp

大丈夫。まだまだ、これから。

<   2018年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧

サプライズ・その2

前回に引き続き、またまたサプライズのお話です。

御年64歳の彼が、ついにiPhoneデビューを果たしました。
先日会った時に
タブレットが壊れて不便になった
いよいよスマホに変えるべきかなぁ

と言ってはいましたが、今まで頑なにスマホを拒否していたので、
まさか本当にガラケーを手放すとは思っていなかったのです。
が、数日前、真夜中にSMSに着信(空メッセージ)あり、との通知が。
それは確かに彼の電話番号でした。
はは~ん、これはもしかすると本当にスマホに変えたのね
初心者あるあるで、操作に慣れず、誤送信してしまったのでしょう。
その後も何度か着信があったり、かなり手間取っていた様子。
とうとう
操作がわからん、教えて!
というSOSメールが届きました。

彼が機種変したのは、スマホというかiPhone7で、私と同じ機種でした。
昨日、2時間ほどかかって基本的な設定や操作をレクチャー。
難しい~!
面倒臭~い!

を連発しながらも頑張ってくれた甲斐もあり、喜んでくれました。
私が嬉しかったのは、何と言ってもLINEが出来るようになったことですね。
まだお互いのキャリアが違うため、通話やメールは課金されていました。
といっても、彼は必要最低限の連絡しかしない人なので、
さほど高額ではありませんでしたが、今後はそれもなくなりますし、
連絡も取りやすくなっていいことずくめです(^^)

いろいろアプリを取り込んだりしているうちに、
大事なパスワードなどを教えてくれて
俺に何かあった時は頼むよ
と。
信頼されるというのは、こんなに嬉しいことなんだ、と
今はそれを噛みしめています。

前回の保険の話をある友人にしたところ
入籍と同じような意味合いがあると思うよ
と言ってくれたのも、とても嬉しいこと。

ここまでくるのに18年かかったけれど、その分、喜びは大きいですね(*^_^*)
 
[PR]
by fujimal_love | 2018-05-31 11:19 | *大切な人とのこと* | Comments(0)

サプライズ

先日、願掛けをこめて彼の姓で印鑑を作りましたが、
その印鑑が届いた2日後に、思いがけない形で彼の誠意を知ることとなりました。


彼からはこれまでに数回
3日間連絡が取れなかったら死んだと思って欲しい
というようなことを言われていました。
彼曰く、外出(買い物やジョギング)の時に携帯を持たずに出るので、
そういう時に倒れたら身元が判明するのに時間がかかるだろうから、と。
つい先日もまたそう言われたので、
 この人は何でこんな悲しいことを言うんだろう
と、私の中で彼の気持ちがわからなくなっていました。

携帯を持っているのが煩わしい、という気持ちはわからないでもないんです。
あんなに素敵な(決して安くない)指輪をプレゼントしてくれた彼なのに、
彼女(私)に対して何故そんな悲しいことを言うのか理解出来ない、と常々思っていました。
その日も携帯の話題になり、話の流れで、ずっと心に引っかかっていたことを話したんです。
 3日連絡がなかったら死んだと思え、と何度も言われたことが
 どうしても納得出来ないでいる。
 何故そんな悲しいことを言われないといけないのかわからない。

そう訴えました。
穏やかに話すつもりだったのに、彼が
 俺、そんなこと言ってないよ
なんて言うので
 うそでしょ、何回も言ったよ、ついこの前も!
と思わず半泣きになりながら叫んだんです。
 そんなこと言ってないけどなぁ
とそれでもまだ言うので、ここでちゃんと言わなきゃ伝わらないと思い、
気持ちをぶつけました。

 何もなきゃ私もわざわざこんなこと言わない。
 そんな風に言われるのは、私の存在が鬱陶しいからかな、って。
 そう思われてまで、私は貴方のそばにいるべきなのか、わからなくなった。
 私が何か貴方に悪いことを言ったか、やったから!?
 それならもう私はここにいたらダメなんじゃないかって真剣に悩むことがある。

すると慌てた彼が
 わかった! ごめん、泣くなよ。じゃあこの問題を解決しよう
何をどう解決するの?と言おうとした私に、彼が人差し指を立てて真顔になり
 1つだけ、言っておくから
と言ってから、今度はゆっくりと一語一語に力をこめて言ったんです。
 俺の保険金の受取人は、○○(私の名前)、お前やで
・・・一瞬、ビックリして固まりました。
で、やっと事態を飲み込んだけど、今度は頭の中が???でいっぱいに。
 えっ? そんなこと出来るの? だって、一緒に暮らしてもいないのに
 うん、出来るんや。(保険金と)言っても少ないけどな
私は彼の妻でもないのに、そんなことが出来るなんて・・・!
あとで調べてみると、確かに出来るようですが、
親族以外の第三者を受取人に指定出来るのは、条件を満たした場合だけのようです。


しかし、鉄板プロポーズも入籍もすっとばすとは、想像もしていませんでした(笑)
まぁ、そこが彼なのですが。
私の知らないところで、いろいろ調べて手続きをしてくれたんだと思いますが、
ホント何も言わない人だから、そんなことしてくれてたなんて全然知らなくて、
彼の愛情を疑ったりしてたんですよね(T_T)
彼の方も、保険のことを私に話すつもりなんて全くなかったと思うし、
彼自身、図らずもサプライズになったワケです。
そういう彼の誠意にどう答えたらいいか・・・私の課題ですね。





[PR]
by fujimal_love | 2018-05-22 22:03 | *大切な人とのこと* | Comments(0)

イラスト印鑑♪

先月末に発注したイラスト印鑑が完成し、昨日届きました。
すごく綺麗で可愛い(*^_^*)
印材にはスワロフスキーを入れて貰いました。
綺麗なだけじゃなく、これがあると押しやすいんですよね。
早くこの印鑑を使えるようになりたいなぁ。
彼氏殿、本番プロポーズはなるはやでお願いしま~す(*^_^*)
d0155893_22435253.jpg




d0155893_22583318.jpg

 
 




[PR]
by fujimal_love | 2018-05-20 22:50 | *大切な人とのこと* | Comments(0)

運転経歴証明書

5月1日、運転免許証の返納と同時に、運転経歴証明書を申請し、
交付を受けました。
30年ほど前に免許を取ったものの、ほぼ運転をしないままきたことと、
現在車を持っていないこと・今後も購入予定がないこと、などに加え、
手持ちの免許証の表が離婚前の姓・住所のままであること、
運転経歴証明書に変えれば、身分証明書として引き続き使える
(マイナンバーカードの作成には抵抗がある)ことから、
ここ2年ほどずっと考えていました。
彼からも、そうした方がいい、と勧められていたこともあり、
1日が平日のOFFで、予定もなく一日空いていたので、
更新期間を待たずに現在の姓・住所に早めに戻してしまおう、と。
更新センターへ行くと、連休と連休の間で混雑していたため、
受付から交付まで1時間30分ほどかかりましたが、
書類作成も問題なく、スムーズに交付して貰えました。

まずは「申請による運転免許の取消通知書」という書類↓が発行されます。

d0155893_20221215.jpg

そして更新の時と同じように写真撮影のブースに誘導され、
撮影後、下のような「運転経歴証明書」が交付されました。
d0155893_22445578.jpg
d0155893_23003308.jpg
見た目は免許証とさほど変わらないですね。
大きな違いといえば、有効期限の表示がないことと、
(自動車等の運転はできません)と赤字で記載されていること
ぐらいでしょうか。

また「高齢者運転免許自主返納サポート制度」というものがあり、
管轄(居住地)の自治体によって内容に違いはありますが、
65歳以上であれば、管轄内の施設(加盟店)に限り、
買い物や宿泊といった利用料の優待などのサービスが受けられます。
利用可能な施設(加盟店)は順次増えていて、管轄の警察のHPで確認出来ます。
私が利用出来るのはまだまだ先になりますが、その時が来るのが楽しみです。
 
 


[PR]
by fujimal_love | 2018-05-03 21:06 | 自分のこと | Comments(0)