カテゴリ:失業・就活・職業訓練( 66 )

訊いてよかった

あれからハローワークへ行き、不明点が解決。
結論として、私の場合、急いで就活する必要はなくなりました。

確かに今月から、失業状態の認定に必要な求職活動の内容は変わりました。
基本的には、パソコン検索だけでは不十分で、
求人検索をしたうえで窓口へ行って相談をすることが必須条件になり、
実際にその場で求人に応募するか保留(検討)するかを決めるところまでが
求職活動になる、とのことでした。

「しおり」ではすぐに求人に応募しなければならないような書き方だったので、
焦りました。
「雇用保険説明会」でももちろん説明はあると思いますが、
日程が少し先のため、疑問や不安を解決しておきたかったので、
訊きに行ってよかったと思います。
窓口で相談した結果、暫く手指の治療に専念した方がいい、とのことで、
活動をする際には窓口で必ず「求職活動であること」を伝えて下さい、
とアドバイスを貰いました。
年内は治療と休養に充て、年明けに仕事を決められればと考えています。

ダイエットに成功して身体のサイズが変わったため、衣類を買い替えたいので、
出来るだけ早く仕事を再開したい気持ちはあります。
でも、手指の痛みは一向に引かず、やはりもう少し休める必要があるようで、
ここは先のことを考えて焦らない方がいい、と。
ゆくゆくは新リンパ療法での開業も目指したい気持ちは変わらないし、
少しずつ復習をして備えたいと思っています。



[PR]

by fujimal_love | 2018-10-27 18:13 | 失業・就活・職業訓練 | Comments(0)

えらいこっちゃ

昨日は時間があったので、先日貰った「失業給付資格者のしおり」を読んでみたところ、
驚愕の事実が。
失業認定に必要な求職活動(の認定基準)が厳しくなっていたんです。

7年前にこの制度を利用した時は、ハローワークのパソコンで求人検索を2回すれば
求職活動をしたとみなされていたのですが、
今は実際に企業に応募したり、ハローワークで開かれる就職説明会やセミナーに
参加しないと認められない、と。
「しおり」に掲載されている、認定日に提出する失業認定申告書の書き方をよく見ると
仕様が変わっているので、
私の住む地域では、どうやらパソコン検索だけではNGになるようです。

やはり楽をして給付金を貰おうという人が多いことを憂慮して、
制度そのものが改正されたらしく、しかも、ネットで情報検索してみると、
求職活動とみなす基準は全国一律ではなく地域差があり、
実際の応募が必要な地域と、未だパソコン検索でもOKな地域とが混在しているというのです。
全体としては厳しくする方向にシフトしているとのことで、
年内はゆっくりするつもりでしたが、これだと来月中には仕事を決めなくてはいけない感じです。
応募して不採用になれば失業状態と認定されて給付金が下りますが、
採用されれば仕事に出ることになります。
その場合は失業給付金が再就職手当に変わり、残りの受給期間に対して手当が支給されますが、
失業給付より支給額は下がります。
まぁ、何も貰えないよりはマシですが。

「しおり」を読む限りではだいたいこのような内容でした。
が、とにかくややこしいので自分の認識が間違っているかも知れず、
説明会まで待てないので月曜日に窓口へ聞きに行こうと思っています。

のんびり構えていられなくなってしまいましたが、
これは早く仕事を再開して開業準備も進めなさい、ということかも知れないと
前向きに受け止めようと思います。
いい職場が見つかることを祈って――。




[PR]

by fujimal_love | 2018-10-20 16:38 | 失業・就活・職業訓練 | Comments(0)

退職にまつわる手続きⅡ

昨日ようやく離職票が届いたので、今日ハローワークへ行ってきました。
退職理由が案の定「自己都合」になっていて、
自己都合=受給制限(待機3ヶ月)だと思い込んでいたので、
窓口で必死に、納得いかない、と説明したのに、
自己都合となっていても一概には受給制限はかからない、とのこと。
今回の私の場合はそれに当てはまるとかで、力が抜けました。
ずっと気を揉んでいたので、もっと早く教えて欲しかったなぁ。
何だかドッと疲れてしまいました。

でもこれで、退職にまつわる主な手続きは完了。
あとは数回ハローワークに通って失業認定を受ければ給付金が支給されます。
早めに仕事に復帰すれば手当も貰えるとのことなので、
年内くらいはゆっくりしてもいいかなぁ、と。
絶対ここで働きたい、と思える職場に出会えるまで、じっくり探します。
 
 



[PR]

by fujimal_love | 2018-10-18 18:33 | 失業・就活・職業訓練 | Comments(0)

退職にまつわる手続きⅠ+受診予約

今週は「社会保険被保険者資格喪失証明書」が予想より早く届いたので、
健康保険と年金を国保と国年に切り替えに、木曜日に市役所へ。

翌金曜日、クリニックで紹介先の病院の予約と紹介状を書いて貰いました。
紹介先の初診は月曜日のみと聞いていたため、
早くても15日以降になると思っていましたが、
連休明けの9日(火)で予約が取れたので、手術の要否も早めに判りそうです。
退職後は仕事をしていないせいか、手指の腫れや痛みが少し引いてきているので、
手術になっても緊急性はないと思われます。

残るは離職票ですが、これは届くのにもう少し時間がかかりそうです。
退職理由が「会社都合」か「自己都合」にもよるので、
「自己都合」なら一旦ハローワークで待機期間なしで実業給付金が貰えないか
相談する必要があります。
もし待機が必要だと言われれば貯金が全くないので、
暫くは開業せずに働くことが最優先となると思います。
 
可能なら暫く失業保険を貰いながら、じっくり就活したいですね。
 



[PR]

by fujimal_love | 2018-10-06 14:52 | 失業・就活・職業訓練 | Comments(0)

退職しました

昨日は最終出勤日で、無事に業務を終え、退職しました。
みんなが別れを惜しんでくれて、一応、円満に退職出来てよかったなと。
来月、専門医を受診して、手術か否かが決定するまではのんびり過ごそうと思います。

ずっと会えていなかった人たちと連絡を取ったら、
あっという間に日曜から5連チャンで予定が入りました(笑)

もう業務のことや合わない上司からのストレスを感じることもないんだ、と思うと
とてつもない解放感があります。
世の中の多くの皆さんは、毎日苦労して働いているんだと思うと、
正直申し訳ない気持ちもありますが、
暫くはこの解放感に浸る予定です(^艸^)


[PR]

by fujimal_love | 2018-09-13 15:21 | 失業・就活・職業訓練 | Comments(0)

退職日決定


先月初めに「離職決定」↑という記事を書いてから1ヶ月以上が経って、
ようやく退職日が決定しました。
9月末です。

退職日について、7月4日の上司との面談時点では、
新人が入ってある程度研修が進んでから決める、ということで、
当初は私もそれでいい、と思っていたのですが、
退職日が決まらないと先の予定も決められないことや、
メンバー・周囲に退職の話がまだ出来ないというストレスが
想像以上にじわじわとボディーブローのように効いてきたようで、
このところ精神的にかなりキツイ状態になっていました。
お盆前の繁忙期で上司と話をする時間もなかなか取れず、
木曜日、私は仕事が休みだったので、職場に電話を入れ、
早めに退職日を決めて欲しいと上司に申し出たところ、
翌日、上司との面談が叶い、退職日が決定しました。

私は数年前から「ヘバーデン結節・ブシャール結節」(変形性関節症)のため、
手指の第一・第二関節に腫れと痛みがあります。
原因や治療法がわかっておらず、整形外科やクリニックでも
「使い傷み」「酷使を避けて手を休ませて」と言われるだけ。
昨年までは月に2回、ペインクリニックに通い、
慰め程度の低周波治療や痛み止めの処方を受けたりしていましたが、
劇的に痛みが軽減される、というワケでもなく、
今年に入ってそれもやめてしまっていました。
前回も書いた通り、業務で処理スピードアップへの取り組みが始まりましたが、
関節の腫れのため指が曲げにくいなどの症状により、
スピードが上がらないという影響が少しずつ出始めていました。
現在の職場は請負という業種のため、
請負先から要求される業務スピードも無視は出来ず、
私がモタつくことで業務効率が上がらないと他のメンバーにも迷惑がかります。
悩んだ末に上司に相談したところ、
やはり、請負先からの要求に応えられないなら退職して貰うしかない、と・・・。
これ以上、職場のメンバーに迷惑をかけるには忍びず、
退職を受け入れることになりました。
幸いにも、来週あたりに新人が入る予定であることを昨日の面談で聞き、
退職前の有休消化も可能とのことで、最終出勤日は9/14頃となりそうです。
早めに転職先を決めて、次の仕事に出る前に少しゆっくりしたいと思っています。

近々退職することについて、一部の友人や彼には伝えていて、
かなり心配をかけていました。
退職勧告をしておきながら退職日を長期間保留にするのは酷い、と
私の代わりに怒ってくれる人もいて、有難かったです。
私がお人好し過ぎる、という意見もありましたが、それももっともな話。
でも、いつもフォローしてくれるメンバーへの負担や迷惑が少しでも減ればと、
ただそれだけの思いでした。
メンバーへの退職の公表は、来月のシフトが発表される今月下旬が
そのタイミングとなります。
メンバーとの人間関係はとてもよかったのでお別れは寂しいですが、
出来る限りきちんと新人へ引き継いで退職したいです。

それまで両親にも話せず、就活にも手をつけられない状況でしたが、
その日の夜にようやく退職を報告しました。
1ヶ月以上前に退職が決まっていたことには驚いていましたが、
すでにハローワークへも行き、ネット就活も始めたことを伝えると
安心してくれた様子。
私も肩の荷がだいぶ下りました。

暑い時期の就活でもあり、アラ還という年齢や変形性関節症を抱えて
仕事が見つかるのが不安は大きいですが、
ハローワークの窓口の女性から、大丈夫ですよ、と言って貰ったことで
少し不安も和らぎました。
今はとにかく前を向いて頑張りたいと思います。
 
 
 


[PR]

by fujimal_love | 2018-08-12 09:32 | 失業・就活・職業訓練 | Comments(0)

『失職女子。~私がリストラされてから、生活保護を受給するまで』

d0155893_22415817.pngタイトルに書いた書籍が話題になっています。
Amazonでは現在、品切れ状態だとか。
著者が80社以上落とされた末に
やっと見つけた派遣の仕事を3ヶ月で切られ、
失業給付も受けられなかったことが
この本を書くきっかけになったそうです。

この本が手に入ったらぜひ読みたい、と思っていた矢先の昨日、責任者から遅れに遅れていた来月のシフト表を渡され、今後について話がありました。

今の職場、とにかく詳細が決まっていなくて、
変更ばかり。
そのせいか、シフトもなかなか決まらず。
まず、今月しょっぱなからフル出勤がシフトに変更になり、
思いがけず休みが出来たのは良かったけれど、収入面で予定が狂った・・・
滞納ぎみの年金保険料を一括で支払いたかったのに、それも叶わず。
クライアント企業の都合なので、どうしようもないのはわかるけど、
予定も経たないし振り回されてます。

10月末で終わる予定の研修期間も、昨日の段階で1ヶ月延長に。
その間、時給は低いままです。
さらに、研修期間が延びたため、極力休みを申請して欲しい、と。
有休はまだないので、休めばその分収入は減るワケです。
でも会社としては休んでくれた方が助かる、ってことなんですよね。
有休があれば喜んで休むけど・・・

以前、5ヶ月で派遣切りに遭い、勤続6ヶ月未満では失業給付も受けられないと知って、
ものすごくショックでした・・・
今回は直接雇用だからリベンジのつもりだったのに。
非正規雇用の憂き目に遭うのはもううんざり。
厚労省さん、この状況、早く何とかして下さい(>_<)
[PR]

by fujimal_love | 2014-10-28 09:55 | 失業・就活・職業訓練 | Comments(0)

「ゆるい就活」

 
就活が終わったところですが、自分自身にタイムリーな、
こんなコラムを発見しました。

「ゆるい就活」ワークショップが大盛況

◆週休2日だと、何もできないまま年をとっていくことになる。
 生きる意味ってなんだろう、と思ってしまう。

◆8時間勤務で1日の3分の1が終わってしまうことに、納得できない。
 3分の1は睡眠で、自由になる時間は3分の1しかない。

今、若者の間で、働き方に対する意識の変化が起きているようです。
確かにこれには賛否両論あるでしょう。
正社員で働いたら負けだ、なんていう意見は過激すぎるとしても、
私は上記の考えにある程度賛同出来ます。
50歳を過ぎて、体力的な衰えを切実に感じるようになり、
仕事に潰されたくない、という思いが強くなってきたためです。

私が今後取ろうとしているワークスタイル(週3~4日のシフト制)が、
ここでいう「ゆるい就活」「ゆるい就職」に近いのは事実です。
私自身の就活においても、
趣味を越えてライフワークになりつつある合唱活動を続けられる仕事
というのが第一条件でした。

これまでは仕事が第一で、趣味なんて二の次三の次、と言われてきたけれど、
私が所属している合唱団は年々規模が大きくなり、その存在が認められるにつれ、
数々のメディアにも取り上げられるようになった団体です。
神戸という被災地で活動する合唱団ということもあり、
最近では東日本大震災の被災地等へ向けた活動が評価され、
県や公共団体などから様々な賞をいただくことも増えました。
そして何より、合唱は一人では出来ません。
団員一人一人が真剣に取り組み、何らかの犠牲を払わなければ、
お客様にお金を払って聴いていただくような演奏も出来ません。
合唱という作業は大変デリケートなもので、
メンバーが一人入れ替わっても同じ音色は作れないし、
その日の体調によっても左右されます。
仕事で疲れ切っていたら満足に声は出ませんし、
残業などで練習を休めば、他の団員に迷惑をかけることになります。
私は今いる合唱団での活動を、単なる趣味とは捉えていないので、
仕事と同じくらい、真摯に取り組んでいきたいと考えています。

ハタから見れば、何の生産性もない趣味(合唱)なんかにうつつを抜かして、と、
両親も含めてきっと思われていたに違いないし、
これまでずっと、合唱を優先することに対する後ろめたさがありました。
なので、このコラムを見つけて、少し救われた気がします。

もっと言えば、アベノミクスもいいけれど、
一人一人の負担を減らす“ワークシェアリング”が広がれば、
雇用の機会も増えて、社会が活性化するのではないか、という気がするのです。
今は介護などで週5日勤務が物理的に難しい人が増えています。
事実、私がお付き合いしている彼もそうです。
足の悪い母親がいて、働きたいが家事を考えると毎日は無理だと言います。
何とか3日ごとのローテーションで働ける仕事が見つかり、
11月からそちらで働くことになったそうですが、
彼自身も現在61歳で、いつまで働けるかは未知数。
私にとっても他人事ではない話です。
将来的に、年金受給年齢が上がる可能性もありますし、
そういう意味でも、週5やフルタイムではなく、
それ以外の方法で多くの人が働く機会を設ける方が
私はいいのではないかと思います。

但しこれはあくまで、私一人の素人考えなんですけれど。
[PR]

by fujimal_love | 2014-09-21 14:28 | 失業・就活・職業訓練

就活終了(^^)

 
いつもブログを読んで下さっている皆さま、ありがとうございますm(_ _)m

就活について時々記事にしておりましたが、
先ほど応募先から電話が入り、無事に採用が決定しました。
午後4時近くになっても連絡がなく、諦めかけていただけに、
今はホッと胸を撫で下ろしています。

彼とは丸8日間メール出来ていなくて、そろそろ電池切れ。
落ち込んでるから励まして欲しい、と送るつもりだったけど、
一転、報告メールをすることが出来ました。
まだ返事はきていないけど、きっと喜んでくれると思います。

朝8時始業と少し早く、10月中は研修で週5日出勤ですが、
11月からは週3日or4日のシフトになり平日のお休みもあるので、
同じく平日お休みのある彼とのデートも可能ですし、
終業が17時なので合唱の練習にも余裕で通えます♪
また、合唱団の事務所 が職場のすぐ近くにあるので、
合唱団で作業がある時にはすぐに行くことができます。
念願の神戸勤務も叶いました。
現時点でこれ以上、私に好都合な職場はないと思います。

離婚して3ヶ月。
やっと自分の足で歩き出すことが出来ます。
頑張らなくっちゃp(^^)q
[PR]

by fujimal_love | 2014-09-19 16:45 | 失業・就活・職業訓練 | Comments(0)

母の言葉

母に昨日の面接のことを話してみました。

前回、短期間で契約が終了したことを知る母は
「貴女が会社に損害を与えたワケじゃないんだし、
 辞めたあとのフォローもなかったんだから、
 会社にも責任があることをわかっておいて貰う必要はあるでしょ.
 その上で今度は長く働きたいという話をしたのだから
 こちらとしては、ちゃんと雇って貰いたいところよね.」
そんな風に言ってくれました。

会社がどう判断するかはわからないけれど、
母がわかってくれたことで救われた気持ちになりました。

不採用が決定したら、その時は彼に慰めて貰います^m^
[PR]

by fujimal_love | 2014-09-17 20:41 | 失業・就活・職業訓練 | Comments(0)