It's all right.

fujimal.exblog.jp

大丈夫。まだまだ、これから。

カテゴリ:健康・美容( 23 )


d0155893_22433665.jpg
































全くテンションが上がらないまま、最後の受講日を迎え、
卒業はお預けだと覚悟をしていましたが、
何と認定証を貰うことが出来ました。
挫折感を味わいつつも最後まで受講を続けられたのは嬉しいこと。
これを本職にするにはまだまだ修行が必要ですが、
いつか役立つ時が来れば、と思います。

お疲れさま、頑張ったね、ワタシ(^^)









[PR]
by fujimal_love | 2018-07-29 22:51 | 健康・美容 | Comments(2)

健康診断 2018

今年の健康診断が無事に終わりました。
昨年の健診でメタボ予備軍の診断を受けて保健指導が入り、
自分なりのダイエットを心がけた結果、
いろいろな数値が改善されていました。
特に体重・腹囲・血圧は先生方にお褒めの言葉をいただき、嬉しいです。
ただ、まだまだ標準体型ではないので、ダイエットは継続していきます。
 
 


[PR]
by fujimal_love | 2018-07-03 16:49 | 健康・美容 | Comments(0)

ダイエット その2

今日、保健支援センターから、支援メールが送られてきました。
一応このメールをもって、今回の支援は終わることになります。

減量や腹囲の数値は目標をかなり超えて改善したので、
それに対しては「素晴らしい」という評価をいただきました。
ただ、今後も運動を取り入れましょう、と。
具体的に出来そうなこととして、朝、一駅分なら歩けそうだな、と。
歩数にすると1200歩くらい加算されます。
いつも両親とかちあわないよう、出勤時は早めに家を出て、
結局、駅のホームで電車を2本やり過ごしているので、
それなら同じ時間に出て歩けばいいじゃん、と。
明日・明後日もお天気はいいようだし、スタートにはちょうどいいかも。
身体も軽くなってきたことだし、お腹のドローインを意識しながら、
やってみようかな(^^)
これからは電車待ちをしていても暑いんだし、
雨だったり、どうしても暑すぎて無理、と思う日以外は、
頑張ってみようと思います。
今度はウエストにも効果が出るといいな。





[PR]
by fujimal_love | 2018-06-25 20:32 | 健康・美容 | Comments(0)

ダイエット

昨年夏の健康診断でメタボ予備軍という悲しい診断がなされ、
保健指導が入ることに。
そのずっと以前からダイエットは意識してきましたが、
1年半ほどかかって、一昨日、-10kgを達成出来ました。
今年に入ったあたりで-6kg、その頃から「痩せた」と言われるようになり、
先日は久し振りに会った人から「大丈夫!?」と心配されるほど。
本人は至って元気で、10kg減量出来たことで、ますますテンションUP。
母にも言われたのが、脚が特に細くなった、と。
ウエストは思うように減っていないけど、全体的にはサイズが小さくなって、
オシャレが楽しくなってきました。
その分、洋服代がかかるようになり、嬉しい悲鳴が(笑)
今まではいたことのなかった“スキニ―”というカテゴリのパンツを買い、
足首の上まで少しロールアップしてはいてみたら、
脚が結構スッキリみえるので、今はこれがお気に入りです。
念願の50kg台になってもう少し身体を絞れたら、ワンピースやスカートも着たいなぁ。
やっぱり女子ですもの。
ワンピやスカート姿、彼にほぼ見せたことないから、やっぱり見せたいし(^艸^)
目標は57kg。
今がちょうど折り返し地点、気を抜かずに頑張ろう(^_^)v


[PR]
by fujimal_love | 2018-06-23 13:13 | 健康・美容 | Comments(0)
昨年秋から学んでいる、新リンパ療法。
1月にアップしてから記事が書けていませんでした。
やっぱり、手に職をつけるなんて甘かったのかなぁ、と
実はちょっと失速気味です。

2月末に、専科の認定証は無事にいただけました。
そして、3月から師範科へ進み、7月末までの予定で受講中ですが、
そこで気持ちが失速してしまいました。
なんか、思っていたのと違う、というか・・・。

専科までは特に器具を購入しなくても出来る手技が中心でしたが、
師範科では主に器具を使う施術を学んでいます。
年数をかけて開発した高度な技術を結集して作られた器具だけあって、
これを使えば手技では不可能な施術も可能になり、
今まで以上に効果も実感出来て、本当に素晴らしい技術だと思うのですが、
如何せんこれが大変高価で、購入を勧められましたが、手が出せません。
やはり、というか、こういう技能系にはつきものな話だとは思います。
講師の先生曰く、
『割賦制度を利用すればクレカも不要だし
 代金は患者様からいただく施術代で支払えばいいんだから』
確かに理屈はそうですが、まだ患者もいない今から
百万単位の借金を抱えたくない、という気持ちが大きく、
そのため、講座に通う足取りも重くなってしまっています。
思い切って購入すれば、高度な施術がすぐに出来るし、
それを売りに出来れば患者もすぐにつくかも知れません。
ですが、やはり決心がつかないままでいます。
やっぱりお金なんだなという、失望感も。

専科までの認定証はあるので、開業資格はありますから、
今ある手技の技術で開業して、患者さんがつけばそれから考えたいですが、
それもうまくいくかどうか・・・不安です。

さらに、一番身近で応援してくれている彼への施術が、
何故かどうしてもうまくいかず(健康体だから!?)、
それも自信を失う原因に。
そんな状況なので、家族や友人・知人への施術も気が進まなくなり、
二の足を踏んでいる状態。
このままでは師範科の認定証は貰えない可能性もありますが、
リスクばかり考えてしまい、テンションが上がりません。
まだまだ手技だけでは、胡散臭い、と思われがちな資格だし、
何か目玉になるような要素がなければ開業しても難しいかも、とも思います。
周囲には、そういう不安な思いも理解してくれて、
「高価な器具を使わなくても、手技で充分喜ばれるはずだから」
と励ましてくれる人もいます。

取り敢えず師範科修了までは頑張りますが、
このモヤモヤは当分続きそうです。
早くこんな気持ちを払拭しなければ・・・。





[PR]
by fujimal_love | 2018-04-29 18:12 | 健康・美容 | Comments(2)

手応えあり

もう新年も明けて2日目ですね。

今日は弟たちが帰省してきて、ワイワイ食事をしたあと、
新リンパ療法の施術モデルを4人にやって貰って練習しました。
上の弟のフィアンセが一番にモデルになってくれて、
みんなが見守る中、最初はちょっと緊張しましたが、
筋診断・テクニックともに成功。
するとそれを見ていた上の弟が「俺もやって欲しい」と。
こちらも筋診断・テクニックともに成功し、腰痛が楽になったのに驚いた様子で
「何これ?(^O^)」
と不思議そうに眼を見開きながら、笑顔を見せてくれました。
私も講師の先生の施術体験を受けた時に
「え~、何これ?」
と思ったのですが、弟も全く同じ感想だったようです。
それを見ていた下の弟夫婦も、今日は時間がなかったのですが、
次回頼む、と言って楽しみにしてくれているようですし、
みんなが帰った直後に、今度はずっと見ていた両親が乗り気になってくれて
二人に施術。
こちらも成功し、感激してくれました。
そして両親ともが、施術用ベッドをリビングの隅に置いておいたら、と言ってくれ、
一気に置き場所問題も解決。
タンスを背に立てかけていた認定証を見た父が
『壁にかけれるようにしてやろう』
と言ってくれたり、母も
『これからしょっちゅうやって貰うわ』
と嬉しそうに言ってくれたり、
あっという間に新リンパ療法の虜になってくれました。
これで、友人たちも気兼ねなく自宅に招くことが出来そうです。

施術の成功に加えてさらに嬉しかったのは、上の弟の口から
「姉貴は当たりが柔らかいから、向いてると思う」
という意外な言葉が聞けたこと。
母にも同じことを言われました。
身内は大抵辛口で、胡散臭いと思われて終わりだと思っていただけに、
嬉しくてちょっと泣きそうでした。

実は昨年末、旅行に行った際、彼に最初のモデルになって貰ったのですが、
その時は施術がイマイチうまく出来ず、落ち込んでいたんです。
講師の先生が聞いたら悲しむだろうけど、やっぱり胡散臭い資格かも知れない、と。
そんな風に思えてしまって、自信をなくしていました。
だから、今日のこの成功は嬉しくて、うまくいきすぎて逆に疑うほど(^_^;)
でも、家族みんなが驚きをもって見ていたことは、嘘ではないんですよね。

これで、私のやる気スイッチが完全に入りました。
日曜日からは専科の講座が始まります。
初級から掘り下げた内容になるので、少し大変そうですが、
絶対に頑張って、ゆくゆくは小さくていいからサロンが持てたらなぁ、と。
両親も応援してくれているのが何より心強いです。

サロンが持てるくらいになれば、リングや剣も購入出来るだろうし、
金箔やゲルマニウムパウダーも使えるようになる。
今日の施術を見た親兄弟が、口コミで広げてくれると助かるなぁ。
なんて、いやが上にも妄想が膨らみます。

今の職場を円満退職して、リンパ療法師を一生の仕事にしたい。
まだ夢ですが夢で終わらせず、生き甲斐として実現させたいです。



[PR]
by fujimal_love | 2018-01-02 22:10 | 健康・美容 | Comments(2)

新リンパ療法初級修了

今日、新リンパ療法の初級が無事に終了し、認定証が交付されました。
初級で教わったものはすべての基本となる手技で、
もうリンパ療法師として活躍出来る資格が与えられたことになります。
まだまだ練習が必要ですが、それでもやはりこのような認定証をいただくと嬉しくなります。

認定証を見せても「ふ~ん」という薄いリアクションだった母に、
まずは施術出来るようにしたいです。

d0155893_20351707.jpg

[PR]
by fujimal_love | 2017-12-17 20:42 | 健康・美容 | Comments(0)

ステップアップ

初級講座の初回の翌日、学院から個別指導の受講を勧められました。
今週日曜日に講習がなく、初回で習った筋診断法を忘れてしまいがち。
指導は無料で受けられるとのことで、23日に受けてきました。
学院長直々に、マンツーマンで指導が受けられたのですが、
一番の基礎となる筋診断法について、正しい診断が出来ていること、
そして施術の間の取り方がいい、とお褒めの言葉をいただきました。

ただ、ステップアップについて、年内に決めればいいと思っていたところ、
今月中とのことで、これはもう今がそのタイミングだと感じたので、
思い切って師範科へ進むことを決めました。
今月中に師範科へのステップアップを決めた受講生には、
最初の契約時のみだった、施術用ベッドの無料進呈を受けられることになっています。
購入すれば一台10万円を超すので、かなりの出費に。
普通のベッドでも施術は可能ですが、その場合は額と胸にタオルや枕などを置いて
うつぶせで呼吸が出来る態勢を取る必要があります。
顔をどちらかに向けた状態でうつぶせになると、首まわりや肩が緊張してしまい、
正しい筋診断や施術が出来なくなってしまうためです。
ベッドの沈みが深いと身体が安定しませんし、
やはり施術用のベッドが施術する側・される側の両方にとっても良いのです。

専科を終えれば施術は出来るレベルになりますが、実際に施術を始めたら、
患者さんからの要望も出てくると思います。
その時きっと、それに応えられる技術を身につけておきたいと思うはず。
それならば早いうちに高い技術力をつけておいた方がいいに決まっています。
さらにベッドが無料で貰えるチャンスをみすみす逃す手はありません。
彼や友達も楽しみにしてくれているので、資格を取るだけでなく、
リンパ療法師として、より高みを目指したいと思います。

さぁ、これでもう、あとへは引けなくなりました(笑)
頑張れ、ワタシp(^^)q





[PR]
by fujimal_love | 2017-11-25 16:00 | 健康・美容 | Comments(0)
今日は第一回の講座。
最初ということで座学メインでしたが、とても内容の濃いものでした。
目からウロコなことがいっぱい。
そして、新リンパ療法はお互いの身体を実際に使って実技を学ぶため、
専科を終える来年2月頃には、リンパの流れがスムーズになり、
ほぼ全員サイズダウンする、とのこと。
これで俄然やる気が出ました(笑)

今、ぺこちゃんが飲んで痩せたという青汁を使ったダイエットをしていますが、
毎月費用がかかるし、永久に出来るワケでもないことは明白です。
そして、ヘルニア・変形性関節症で月2回リハビリと投薬を受けていますが、
これもやはり負担になりますし、いつまでも痛みと付き合うのかと思うと
何だか気が重くなります。
他にも、化粧品やジャンクフードの怖さも改めて知り、
健康についてもっと知らなくては、という思いに至っています。

本格的な実技は次回(12/3)以降ですが、12/17には初級は終わるので、
その頃には、新リンパ療法の核ともいえる、骨盤矯正が出来るようになるそうです。
そして人への施術はもちろん、セルフケアも出来るようになり、
痛みが取れれば通院や投薬の必要がなくなるので、それはとても有難いな、と。
早くその技術を習得出来るよう、精進したいと思います。


[PR]
by fujimal_love | 2017-11-19 20:09 | 健康・美容 | Comments(0)

将来のために・その後

前回の記事を書いた当日、母に話しました。
当初、怪しげな詐欺団体(お金を払わせてドロン、みたいな)かと心配していたようですが、
翌日になって、母の方から「ちょっと調べてみたけど、よさそうな資格ね」と。
新聞の紙面広告が出せるのもある程度信用出来る、と安心してくれたようでした。

そして今日は彼に。
受講が決定したら話そうと思っていたところ、ひょんな流れで話すことに。
「それ、大丈夫なん?」
なんて怪しまれるかと思ったら賛成してくれました。
腰痛・膝痛を抱えている彼が言ってくれたのは
『資格が取れたら俺が患者第一号になるからな』
何よりも嬉しい言葉でした。

母と彼からの応援は、やはり最強ですね。
時短が決まってますます将来に不安を覚えた私の気持ちはわかってくれていたし、
資格取得を目指すことも一番理解して欲しかった二人なので、本当に嬉しいです。
反対されてもともと、と思っていたけど、一人で見切り発車しなくてよかった。

これから、仮申込書をFAXしようと思います。



[PR]
by fujimal_love | 2017-10-17 20:38 | 健康・美容 | Comments(0)