カテゴリ:自分のこと( 37 )

ライフラインと風邪っぴき

3日前、突然水が使えなくなりました。
調べた結果、配管の一部が破損し、ごく小規模な水漏れが1年以上に亘って続いたため、
少しずつ階下に漏れ出していたようで、ご迷惑をかけてしまっていました。
取り敢えず水を一切出さないように止栓して、業者の詳細な点検を待ちました。

当たり前のように使っていた水。
それが止まっただけで、炊事、洗濯、洗面、お風呂、トイレといったことが出来なくなり、
ライフラインの有難さを痛感させられました。
完全に水を止めていた間は、スーパーのトイレを拝借して歯磨きまで済ませたり、
食器が洗えないため食事も出来合いのものに頼るしかなく、カロリーオーバー。
たった3日間でしたが、すっかり生活リズムが狂ってしまいました。

古いマンションで設備の老朽化も進み、我が家もご多分に漏れずだったようです。
昨日までに詳細な点検と応急処置が終わり、
配管が破損していた洗面部分を除いた水回りは使えるようになりました。
が、一昨日の夜、断水直後にためていた水で髪を洗ったのがいけなかったらしく、
風邪を引いてしまいました。
お湯も沸かして調節したのですが、その量が足りなかったようです。
無理が出来ない年齢になったなとつくづく感じます。

洗面台の下の床をはがしたので、接着剤が乾くのに一週間。
その後、配管の破損部分の取り替えと新しい洗面台の据え付けをします。
なので、完了は今月下旬頃でしょうか。
今はまだ洗面が使えないので、歯磨きや洗顔などはキッチンやお風呂ですることになり、
それだけでも朝の動線が狂って段取りが悪くなっています。
早く水回りが整い、その頃には風邪も治したいものです。


[PR]

by fujimal_love | 2018-11-08 15:45 | 自分のこと | Comments(0)

ペインクリニック受診

日曜日あたりからヘルニアが悪化したのか腰痛が再発し、
歩くのもやっとな状態になってしまったので、
今日はお休みを貰って、ペインクリニックへ半年以上ぶりに行きました。
久し振りなので、腰と手指のレントゲンも撮ることに。
すると、ヘルニアよりも手指の変形性関節症の方が進行していることが発覚。
専門医を紹介するから、一度診察を受けて下さい、と言われました。

新リンパ療法を勉強し始めてから、クリニックへの足が遠のいてしまい、
今年に入ってほぼ放置していましたが、
やはり痛み止めの処方と低周波治療器でのリハビリは続けた方が良さそうです。

しかし、まさかの、手の方・・・ずっと腫れも痛みもありましたが、
一進一退だし、原因も治療法もわからないから、
騙し騙し付き合っていくしかない、と思っていましたが、
やはり退職は必然だったんだなぁ、と。
もう手が悲鳴を上げていたんですね。
事務作業ではあるけれど、毎日大量に届く郵便物の開封作業があり、
ペーパーナイフをぎゅっと握ったり、片方の手で封筒を押さえたり、
結構指先に力を入れる動作が多く、
どうやらそれが、関節症の進行の原因になったようです。
あとは、扱う書類の数が多いことで、それらをまとめて持ち運んだりするのに、
やはり指先にどうしても力が入ります。
これがよくなかったんですね。

たかだか事務作業、と軽くみていましたが、これからは純粋に
パソコンの入力だけ、とか、軽いものを扱う軽作業しか出来ないんだな、と。
ますます、新リンパ療法での開業にシフトする状況になってきました。
仕事探しは本当に焦らず、年内かかるくらいの覚悟で、
手に無理のない仕事をじっくり探そうと思います。
そうしているうちに、開業準備も進んでいくでしょう。

もう慌てて手を打つことはやめよう、と心に決めました。
 
 



[PR]

by fujimal_love | 2018-08-22 22:21 | 自分のこと | Comments(0)

運転経歴証明書

5月1日、運転免許証の返納と同時に、運転経歴証明書を申請し、
交付を受けました。
30年ほど前に免許を取ったものの、ほぼ運転をしないままきたことと、
現在車を持っていないこと・今後も購入予定がないこと、などに加え、
手持ちの免許証の表が離婚前の姓・住所のままであること、
運転経歴証明書に変えれば、身分証明書として引き続き使える
(マイナンバーカードの作成には抵抗がある)ことから、
ここ2年ほどずっと考えていました。
彼からも、そうした方がいい、と勧められていたこともあり、
1日が平日のOFFで、予定もなく一日空いていたので、
更新期間を待たずに現在の姓・住所に早めに戻してしまおう、と。
更新センターへ行くと、連休と連休の間で混雑していたため、
受付から交付まで1時間30分ほどかかりましたが、
書類作成も問題なく、スムーズに交付して貰えました。

まずは「申請による運転免許の取消通知書」という書類↓が発行されます。

d0155893_20221215.jpg

そして更新の時と同じように写真撮影のブースに誘導され、
撮影後、下のような「運転経歴証明書」が交付されました。
d0155893_22445578.jpg
d0155893_23003308.jpg
見た目は免許証とさほど変わらないですね。
大きな違いといえば、有効期限の表示がないことと、
(自動車等の運転はできません)と赤字で記載されていること
ぐらいでしょうか。

また「高齢者運転免許自主返納サポート制度」というものがあり、
管轄(居住地)の自治体によって内容に違いはありますが、
65歳以上であれば、管轄内の施設(加盟店)に限り、
買い物や宿泊といった利用料の優待などのサービスが受けられます。
利用可能な施設(加盟店)は順次増えていて、管轄の警察のHPで確認出来ます。
私が利用出来るのはまだまだ先になりますが、その時が来るのが楽しみです。
 
 


[PR]

by fujimal_love | 2018-05-03 21:06 | 自分のこと | Comments(0)

バラ色の人生!?

ちょっと早いですが、振り返り記事を書いてみたいと思います。

2017年の感想
は・・・一言でいえば「いい一年だった」
そんなふうに断言できた年なんて、ここ何十年もなかった気がします。

★婚約★

出会いから17年、紆余曲折を経てプロポーズを受け、指輪を貰えたこともあり、
ようやく彼と婚約したんだ、という実感が持てた一年でした。
いつか入籍が決まったら、記念日の刻印を入れて貰うのが楽しみです。
彼との結婚はお母様のこともあるので、いつになるかはわからないけれど、
状況が変わることもあるかも知れないので、気長に待ちます。
出来れば還暦までに彼とファミリーになりたい、という希望はありますが、
あくまで彼の気持ちを尊重したい思いは変わりません。
強く願い続けていれば、そのうち、いい形でなるようになる、と思っています。


★仕事★

非正規で年齢的にも将来に不安を抱えていましたが、
そんな時にとある資格に出会い、
取得に向けて秋から動き出した私。
今月、初級の講座を終え、開業が出来る称号を得ることが出来ました。
私自身、開業なんて今まで考えたことがなく、自分に出来るんだろうか、とか、
まだ新しい分野で知名度も低いため、胡散臭いと思われるだろう、とか、
協力者はなかなか出ないかも、とか、ネガティブなことをつい考えていました。
が、意に反して周囲が励ましてくれ、今、とてもやる気になっています。
とりわけ意外だったのが、彼が当初から理解を示してくれただけでなく、
先日、
俺もこの資格を取ろうかな(^^)
と言い出したことです。
冗談だろうと思った私は、軽い気持ちで
いつか一緒に出来たらいいね(*^_^*)
と返したんですが、どうやらまんざらでもなさそうな彼。
先日出かけた温泉旅館でお酒も入った席での話なので、
彼がどこまで本気なのかは不明です。
でも彼は
人に感謝されるだけでなく、セルフケアも出来て、収入に繋がる
まさに理想的な資格。
○○(私)の将来はバラ色の人生やん

と大絶賛。
バラ色の人生、を何度も繰り返し言う彼をみて、
もしかしたら、本当に一緒に開業出来る日が来るのかも知れないなぁ、と。

そんなわけで、2018年の抱負は、上級の資格を取得し、一日も早く開業したい。
まだまだ鍛錬が必要ですが、出来れば1~2年以内に今の職場を円満退職し、
開業への一歩を踏み出せたらと思います。
彼との結婚も牛の歩みですが、少しずつでも前に進んでいきたいですね♪
 

 
[PR]

by fujimal_love | 2017-12-29 17:41 | 自分のこと | Comments(0)

痛みの緩和

実は私は、手指の形がよくありません。
へバーデン結節という病気で、第一関節は軟骨が殆どなくなり、
骨が突出して変形しています。
さらに右手・中指と左手・人差し指はプシャール結節も発症。
第二関節が腫れて常に痛みがあり、その部分だけ熱を持っています。

関節の腫れで指の曲りが悪く、グーをしても掌につくのは左右とも薬指だけ。
細いもの(ペンやお箸など)をよく落としますし、
重いものを持ったり、力のいる作業も困難になってきました。
傘も風がある時は両手で支えないとうまくさせません。
ハッキリとした原因はまだよくわかっていないそうですが、
一つとして考えられているのは、使い痛み、とのこと。
数年前、整形外科での血液検査で、リウマチではないことはわかりましたが、
老化なので進行が止まるまで待つしかない、と。
整形のドクターは
「お若いのにお気の毒ですね」
と言うだけで、治療に真剣ではありませんでした。
(母も同じ手をしていますが、私の方が進行しています)

昨年あたりからは、何もしなくても常にビリビリズキズキと痛み、
パソコンのキーボードを打つのでさえ、辛くなってきました。
年齢もあるし、このまま痛みで何も出来なくなったら、仕事も失ってしまう。
こんな手では彼をサポートすることも出来ない。
彼とはまだ将来をハッキリと決めたワケではないし、
そのうち、彼に愛想を尽かされてしまうのではないか。
仕事も彼も失ったら辛すぎる(>_<)
そうやってどんどん、ネガティブ思考に陥るばかりでした。

そこで、腰椎のヘルニアの治療で通っているペインクリニックで相談。
整形でのように、ただ治まるのを待てと言われるかも知れない、とも思いましたが、
痛みだけでも取れれば、とすがる思いでした。
ここは
《患部を出来る限り温存して痛みを取り、生活の質を向上させる》
というスタンスのクリニックで、
まだまだ数は少ないですが、母の知人の紹介で数年前からお世話になっています。
ヘルニアはよくなってきたため痛み止めを減らしていましたが、
同じ薬が結節の痛みにも効く、とのことで、投薬を継続。
レーザー治療と並行させて一ヶ月余りが経った数日前から、
手指の痛みが軽くなっているのに気づきました。
あれほど酷かった痛みが、手を動かさずにいると殆どなくなっています。

先日、彼と和歌山へ出かけた頃はまだ痛みが強く、不安がピークで、
話の流れもあり、日頃の不安がつい口から出てしまいました。
ネガティブな話を嫌う彼なので、しまった、と思いましたが、
その時、彼の口からスッと出てきたのが、
「一緒に住もう、今すぐは無理やけど、母親を見送ったら」
という言葉でした。
あまりにさり気なかったので、にわかには信じられませんでしたが、
旅館に入り、彼が先に大浴場へ行って一人になった瞬間、涙が(T_T)
寡黙で言葉数の少ない彼の気持ちがいま一つ掴めず、
このまま彼の傍にいていいのか思い悩み、
別れを考えたこともありました。
彼自身、高齢の母親を抱えて、いろいろなことを考え、
その結果、将来のことをなかなか言えずにいたのだと思います。
彼は一度たりとも“別れよう”なんて言っていないのに、
私が勝手に一人で不安になっていただけ。
彼と一緒にいていいんだ。
そう思うと一気に涙腺が崩壊してしまいました。

それがあっての、手指の痛みの緩和。
昨日、彼に報告したら
「それはよかった。身体は使い過ぎず甘やかし過ぎず、大事に使おう」
と短いけれど速攻で返信が。
読みながら、うん、うん、と頷いていました。

健康・仕事・愛情。
そのどれをとっても、当たり前ではない。
今回のことで身に染みました。
彼のためにも、出来るだけ健康でいたい。
若くないからこそ、今は心からそう思います。
 


[PR]

by fujimal_love | 2017-03-12 17:39 | 自分のこと | Comments(0)

謹賀新年

2017年ももう3日目。
長いと思っていた年末年始の休暇も今日までです。

昨年は穏やかな一年になりそうだ、と思っていたところへ、
ヘルニアが再発したり、職場の存続に拘る問題が勃発したりと
波乱含みの年末年始となりました。
職場には年末から不穏な空気が流れていて、
明日が仕事始めですが、まだ結論が出ていないため、
万が一、職場がなくなって(解雇されて)しまったら、と思うと
何となく気持ちが落ち着きません。
今の職場は上司はともかく、メンバーはみんな仲良しで、
先月入った待望の新人さんも、それを感じてくれたようです。
こんなに愛着を感じる職場に恵まれるなんて、そうそうないこと。
今月もう一人入って来ると聞いていますし、
ただただ職場の存続を切望するほかない状況です。

対するプライベートは落ち着いています。
昨日は彼と一時間ほどですがお喋りしました。
今月はあと2回会える予定で、2月の温泉旅行の日程も決定。
一昨年の暮れに彼を母に紹介してから一年が経ちましたし、
欲を言えば、今年はそろそろ何か進展があればいいなぁ、と。
ただ、高齢のお母様を抱えた彼に、無理はして欲しくないので、
それは時の流れに任せます。
彼が離婚して3年、私も2年半が経過。
最初の頃は、離婚してやっと得た自由を奪われたくないのかな、と
彼に対して一人で不安になったりしていましたが、
長いスパンで私とのことを考えてくれているのがよくわかったので、
今は特に強い不満を感じることはなくなったし、
このまま一緒に過ごす時間が増えていけばいいなと思います(*^_^*)

あとは年末に失速した記事の更新頻度を、また上げていけたらな、と。
気分の波はありますが、私が元気でいることをお伝え出来たら幸いです。

d0155893_16320296.jpg
↑ 神戸ルミナリエ2016





[PR]

by fujimal_love | 2017-01-03 16:35 | 自分のこと | Comments(0)

気づいたら

もう今日はクリスマス。
あれから、いろいろなことにお疲れ気味なのか、
ここにログインしても何故か手が動かず、
記事を更新することが全く出来ませんでした。

今は・・・

ヘルニアはかなりよくなりました。
まだ通院は続きますが、殆ど生活への支障はありません。

職場には待望の新人さんが入りました。
現在、実務研修中です。

先月・今月と、彼との小旅行も出来ました。

それらのことをアップしたい気持ちはあったのですが、
出来ないまま一ヶ月以上が経っていました。

気分の浮き沈みは、更年期のせいでしょうか。
それでも、ここを訪れて下さる人がたくさんいて、
有難いと思っています。
むしろ更新していない間に訪問者数が激増し、驚いています。
ありがとうございます。

トップに設定した画像は、
先日彼と訪れた温泉旅館の敷地内に施されたライトアップです。
陽が落ちてから気づきました。
こんな風景も思い出の一つになりますね。

また気持ちが落ち着いたら、過去の出来事も含めて
いろいろ更新していきたいです。




[PR]

by fujimal_love | 2016-12-25 18:19 | 自分のこと | Comments(0)

歩けた!

昨日貰った薬が効いたのか、今朝は起き抜けから普通に歩くことが出来ました。
感動して思わず「歩けた!」と小さく叫んだほど。
この薬は2年8ヶ月前にも処方されたものだけど、本当に効き目が凄いです。
昨日一日飲んだだけで、今朝から動きがスムーズ。
まだ痛みはあるものの、思い通りに身体が動くことの有難さが身に染みました。

[PR]

by fujimal_love | 2016-11-20 10:50 | 自分のこと | Comments(0)

ペインクリニック

2年8ヶ月ぶりのペインクリニック。
相変わらず瀟洒でスタイリッシュな院内。
懐かしさに包まれながら診察を受けました。
レントゲンでは、以前とあまり変わっていないようだとのことでしたが、
念のため、MRI検査もしましょう、と。
クリニックには設備がないので、他院を手配して貰いました。
それまで、前回と同じ薬で様子を見ます。
MRIを受けるまではドキドキだなぁ。
私のヘルニアは「もともと患部が大きめだった」という
ドクターの発言も気になるところ。
レントゲンには映らない問題が発覚すれば、
場合によっては手術になる可能性もありますが、
新人さんが入ってくれなければ、今の人数では休める状態ではないから、
みんなに迷惑をかけてしまいます。
悪化していないといいけど(・_・;)



[PR]

by fujimal_love | 2016-11-19 16:29 | 自分のこと | Comments(0)

再発

今週の初めから腰痛が出始め、何か無理な姿勢でもしたかなぁ、とか、
運動不足で筋力が落ちたせいかなぁ、とか思っていた私。
運動すればいいかも、と思ってやってみるも腰痛は引かず、
昨日からはついに朝、起き抜けに足に激痛が走って歩けなくなった。
ヘルニア、ついに再発。
3年前、嫁ぎ先で突然動けなくなった、あの悪夢が蘇ってきた。

9月から10月にかけて退職者が続出し、そのために入れた新人も続かず、
職場は慢性的な人員不足。
そこへこのところの冷え込みで、身体が悲鳴を上げたらしい。
ダメ元で、以前お世話になったペインクリニックへ電話をしたら、
何と明日の朝の予約が取れた。
場合によってはブロック注射をして貰うことになりそう。
根治療法ではないけれど、もし手術になっても今は休めないから、
新人さんが入って職場が落ち着いてからになる。
それまでは痛み止めしかないけれど、動けなくなることを避けるには仕方がない。

プライベートでも、今週末からは
★友人のライブ
★幼馴染同士の女子会
★彼との一泊旅行
とイベントが目白押し。
そのどれもが楽しめなくなるのは辛い。
痛みだけでもなくなってくれればと思う。



[PR]

by fujimal_love | 2016-11-18 20:15 | 自分のこと | Comments(0)