イラスト印鑑♪

先月末に発注したイラスト印鑑が完成し、昨日届きました。
すごく綺麗で可愛い(*^_^*)
印材にはスワロフスキーを入れて貰いました。
綺麗なだけじゃなく、これがあると押しやすいんですよね。
早くこの印鑑を使えるようになりたいなぁ。
彼氏殿、本番プロポーズはなるはやでお願いしま~す(*^_^*)
d0155893_22435253.jpg




d0155893_22583318.jpg

 
 




[PR]
# by fujimal_love | 2018-05-20 22:50 | *大切な人とのこと* | Comments(0)

運転経歴証明書

5月1日、運転免許証の返納と同時に、運転経歴証明書を申請し、
交付を受けました。
30年ほど前に免許を取ったものの、ほぼ運転をしないままきたことと、
現在車を持っていないこと・今後も購入予定がないこと、などに加え、
手持ちの免許証の表が離婚前の姓・住所のままであること、
運転経歴証明書に変えれば、身分証明書として引き続き使える
(マイナンバーカードの作成には抵抗がある)ことから、
ここ2年ほどずっと考えていました。
彼からも、そうした方がいい、と勧められていたこともあり、
1日が平日のOFFで、予定もなく一日空いていたので、
更新期間を待たずに現在の姓・住所に早めに戻してしまおう、と。
更新センターへ行くと、連休と連休の間で混雑していたため、
受付から交付まで1時間30分ほどかかりましたが、
書類作成も問題なく、スムーズに交付して貰えました。

まずは「申請による運転免許の取消通知書」という書類↓が発行されます。

d0155893_20221215.jpg

そして更新の時と同じように写真撮影のブースに誘導され、
撮影後、下のような「運転経歴証明書」が交付されました。
d0155893_22445578.jpg
d0155893_23003308.jpg
見た目は免許証とさほど変わらないですね。
大きな違いといえば、有効期限の表示がないことと、
(自動車等の運転はできません)と赤字で記載されていること
ぐらいでしょうか。

また「高齢者運転免許自主返納サポート制度」というものがあり、
管轄(居住地)の自治体によって内容に違いはありますが、
65歳以上であれば、管轄内の施設(加盟店)に限り、
買い物や宿泊といった利用料の優待などのサービスが受けられます。
利用可能な施設(加盟店)は順次増えていて、管轄の警察のHPで確認出来ます。
私が利用出来るのはまだまだ先になりますが、その時が来るのが楽しみです。
 
 


[PR]
# by fujimal_love | 2018-05-03 21:06 | 自分のこと | Comments(0)

前倒し。

昨日、イラスト印鑑を作成しているネットショップから、
「閉店セール開催中」
のタイトルでメールが届きました。
現在庫をもって閉店します、とのこと。
実は、彼との結婚が具体的になったら、
このショップで彼の姓で作って貰おうと決めていたので、
ならば前倒ししかない、というワケで、早速発注しました。

以前ここで作って貰った銀行印が可愛らしくてお気に入り。
この時は、生まれた干支にちなんでウサギのイラストを入れて貰いました。
先日、母に代理で銀行へ行って貰ったのですが、行員さんに
「可愛い印鑑ですね~」
としきりに言われたようです。
しかも、イラスト印鑑は単に可愛いだけでなく、
イラストが入ることで偽造されにくいという利点があり、
機能面でも◎なのです。

今回は、印面のイラストには「桜」を選びました。
さらに桜デザインの印鑑+ケースのセットを迷わずチョイス。
彼とは春に出会ったので、これも前から決めていました。
GW明けにデザインのサンプルを数点メールして貰い、
デザインが決まり次第、印鑑の作成が始まります。

昨年貰った指輪同様、これもまさに一点もの。
そんなお店が無くなってしまうのは寂しいですが、
また一つ、楽しみが増えました♪
(画像は ハナママ デザ印鑑 様からお借りしました↓)

d0155893_08552273.jpg




[PR]
# by fujimal_love | 2018-04-30 10:09 | お出かけ・ショッピング | Comments(0)
昨年秋から学んでいる、新リンパ療法。
1月にアップしてから記事が書けていませんでした。
やっぱり、手に職をつけるなんて甘かったのかなぁ、と
実はちょっと失速気味です。

2月末に、専科の認定証は無事にいただけました。
そして、3月から師範科へ進み、7月末までの予定で受講中ですが、
そこで気持ちが失速してしまいました。
なんか、思っていたのと違う、というか・・・。

専科までは特に器具を購入しなくても出来る手技が中心でしたが、
師範科では主に器具を使う施術を学んでいます。
年数をかけて開発した高度な技術を結集して作られた器具だけあって、
これを使えば手技では不可能な施術も可能になり、
今まで以上に効果も実感出来て、本当に素晴らしい技術だと思うのですが、
如何せんこれが大変高価で、購入を勧められましたが、手が出せません。
やはり、というか、こういう技能系にはつきものな話だとは思います。
講師の先生曰く、
『割賦制度を利用すればクレカも不要だし
 代金は患者様からいただく施術代で支払えばいいんだから』
確かに理屈はそうですが、まだ患者もいない今から
百万単位の借金を抱えたくない、という気持ちが大きく、
そのため、講座に通う足取りも重くなってしまっています。
思い切って購入すれば、高度な施術がすぐに出来るし、
それを売りに出来れば患者もすぐにつくかも知れません。
ですが、やはり決心がつかないままでいます。
やっぱりお金なんだなという、失望感も。

専科までの認定証はあるので、開業資格はありますから、
今ある手技の技術で開業して、患者さんがつけばそれから考えたいですが、
それもうまくいくかどうか・・・不安です。

さらに、一番身近で応援してくれている彼への施術が、
何故かどうしてもうまくいかず(健康体だから!?)、
それも自信を失う原因に。
そんな状況なので、家族や友人・知人への施術も気が進まなくなり、
二の足を踏んでいる状態。
このままでは師範科の認定証は貰えない可能性もありますが、
リスクばかり考えてしまい、テンションが上がりません。
まだまだ手技だけでは、胡散臭い、と思われがちな資格だし、
何か目玉になるような要素がなければ開業しても難しいかも、とも思います。
周囲には、そういう不安な思いも理解してくれて、
「高価な器具を使わなくても、手技で充分喜ばれるはずだから」
と励ましてくれる人もいます。

取り敢えず師範科修了までは頑張りますが、
このモヤモヤは当分続きそうです。
早くこんな気持ちを払拭しなければ・・・。





[PR]
# by fujimal_love | 2018-04-29 18:12 | 健康・美容 | Comments(2)

先週(4/15~16)の小旅行の記録です。

今回は兵庫県三田市にある、芝桜専門庭園「花のじゅうたん」を訪ねました。

d0155893_19452702.jpg
d0155893_19504344.jpg
d0155893_19521448.jpg

毎年、4月中旬~5月中旬の一ヶ月間だけ開園する庭園で、
今年は前日に開園したばかりで、まだ少し「じゅうたん」には隙間がある開花状況でしたが、
それでも綺麗なピンク色に染まっていました。
一角には種類の違う芝桜が植えられていて、美しいグラデーションになっています。
また、1本の立派な枝垂桜もポイントとなっていて、その前で記念撮影するグループも。
お天気も霧雨で少し残念でしたが、その分人出も少なく、ゆっくり過ごせました。
来年は下旬あたりに来てみたいと思います。


芝桜専門庭園「花のじゅうたん」

 
 
 

そして、今回滞在したのは、京都・久美浜の海沿いにある小さな温泉旅館。
目の前が海水浴場で、浜にはシャワーや更衣室などの施設が点在し、
夏は文字通り海水浴客で賑わう場所です。

d0155893_19543684.jpg

窓からの景色です↑

部屋に荷物を置いてから、海岸を散歩しました。

d0155893_19530621.jpg
d0155893_19525127.jpg
下は昨年訪れた時の海。
この日はお天気もよく波も穏やかで、旅館のスタッフも
「こんなに穏やかな海は珍しいです」
と言っていたほど。
上の写真が今回の久美浜ですが、日本海らしく波が荒かったですね。

 
 

ここは一昨年リニューアルされ、12室とコンパクトながら
全室かけ流しの露天風呂付き。
二人で入るにはちょうどいい大きさです(*^_^*)

d0155893_19533092.jpg

d0155893_19541465.jpg

カーテンを開けておくと、こんな可愛いゲスト(燕)が。



彼とこの宿を訪れるのは今回が3度目。
最初に訪れてから2回目は半年後に予約出来ましたが、
最近は新聞広告なども出ているせいか、部屋はすぐに満室に。
彼宛てにDMも届くので、本当はもう少し早く訪れたかったのですが、
なかなか思うように予約が取れず、1年ぶりになりました。
配膳係の女性の一人が私たちのことを覚えていてくれて顔見知りになり、
密かに再会を楽しみにしていました。
今回も私たちの姿を見るなり満面の笑みで迎えてくれ、帰り際には
「近いうちにまた来て下さいね」
と声をかけてくれました。
彼と小旅行に行くようになって3年余り。
こんなふうに特別感のあるお宿の存在が出来たのは嬉しいです。


海を臨む宿「澄海-Sky-」




[PR]
# by fujimal_love | 2018-04-22 20:15 | *大切な人とのこと* | Comments(0)