2017年 11月 27日 ( 1 )

ごめんね(追記あり)

朝から母とちょっと険悪ムードに。
わかってたよ、資格取得に反対なことくらい。
私だって怖い。
でも、怖いからって何もせずにいることの方がもっと怖い。
生きていかなきゃならないんだから、今の職場にいられるうちに、
転ばぬ先の杖として何か手を打っておかないと、大変なことになる。
心配かけてるのは重々わかってるし、有難いと思う。
でも、誰も助けてくれないし、何かしていないと不安で仕方ないんだよ。
彼は「いいことだ」と言ってくれてる。
他人ごとだから、無責任な言葉を投げかけてるだけかも知れない。
でも、愛する人のその言葉を、今は信じるしかないんだよ。
背中を押してくれるものはそれしかない。
胡散臭そうだから、という理由で避けていたら、何も出来ないまま、
貧乏暮らしまっしぐらだよ。
今朝も言ったように、生活保護だけは受けたくない。
そこまで落ちぶれるつもりは毛頭ないから。
お願い、心配でたまらないだろうけど、何も出来ないなら
黙って見守ってて下さい。
それしか言えません。
・・・ごめんね。

★追記★
その後、母とまた話しました。
曰く「心配だという気持ちを聞いて欲しかっただけ。言ったらスッキリした」(笑)
頭ごなしに反対かと思ったけど、見守ってくれるようでよかった。
そのうち練習台になって貰うから、とすかさず言っておきました。
実際に施術をしてあげたらわかって貰えるはず。
頑張って「リンパ療法師」になります。



[PR]
by fujimal_love | 2017-11-27 17:38 | 家族のこと | Comments(0)