まさかの展開

退職が決まってから気持ちが沈みがちでしたが、
何とか気持ちを立て直して就活を、と思っていた矢先に、
彼からこんな提案が。
『新リンパ療法で開業することも考えてみたら?』
全く思いもよらない彼の言葉にビックリ。
「開業資金どころか職も失ったのに、無理」
と言ったら
『俺、投資するよ』
という、まさかのリアクション。
さらに、いくらあれば開業出来るかと訊かれましたが、
この時点では冗談だと思っていて
諸費用でざっと数百万円かかる計算だと言えば
彼も驚いてこの話はそこで終わるだろうと思いきや、
意に反してさほど驚きもせず、結構前から本気で考えていた様子。
決して安くないし、まだ結婚もしていない彼にお金でお世話になることには
かなり抵抗があるのですが、
『いい資格だと思うし、せっかく師範の認定を受けた今やらないと勿体ない。
年を取れば開業はそれだけ難しくなる。
暫くは二足のわらじでもいいのでは? 
但し、あくまで“投資”だから、やるなら絶対“回収”する意気込みで(^^)』
と彼は後押しする気満々。
確かに、まだ未熟な私でも、少し施術してあげた人たちには感謝されたし、
直接「ありがとう」と言って貰える仕事っていいなぁと思っていました。
それに、もともとこの資格を取ろうと思った背景には、
この先両親が要介護になれば、今のような通勤での仕事は無理になる、
という思いもあったからでした。


ネックは資金面のみ。
なので、彼の気持ちはもの凄く有難いのですが、
素直に受け取っていいものか悩んでいます。

そう言えば昨年末に、こんな記事を書いていたのを思い出しました。
あの時は雰囲気や言葉のあやでそう言ったのだと思いましたが、
今思えば、彼は既に本気だったのかも知れません。

開業へシフトするとなると、職探しも方向転換が必要になるなぁ、と。
無職ではしんどいので、当分は仕事と並行させることになりますが、
もっと技量を磨くための鍛錬会への参加や、
インターンでの研修も必要なので、
今後も学院には通わなければなりません。
研修や準備で学院に通いながらだと、フルタイムでは無理。
その分、収入が減るうえ、来年の年金保険料は今年の収入で決まるので、
現在とほぼ同額支払うことになるのは正直キツイです。
法改正で社会保険加入制度が変わったため、
収入が減ると翌年にかなり損をすることに。
結婚していれば別ですが、ただ交際しているだけという今の状態で
そこまで彼に甘えられない、という思いも。
でも、周囲の人たちからは、
「今やらないと勿体ない」
「彼の申し出は素直に受けるべき」
という声が多く、私としても彼の気持ちに応えたい思いはあります。


そんなワケで、開業までに超えなければならないハードルもあるし、
気持ちもまだまだ揺れ続けると思いますが、
仕事を探しつつ、学院からのアドバイスも受けながら、
彼ともいろいろ話し合っていこうと思います。




[PR]

by fujimal_love | 2018-08-19 13:58 | 仕事 | Comments(2)

Commented by M's at 2018-08-23 15:29 x
素敵な婚約者様ですね
人生は1度きり
資格を手にする、ステップアップをするためには
それなりの努力とそのための自己投資が必要です
私も今の仕事に就くまでに専門学校で数百万
今はステップアップのためにまた自己投資しています
私の職業は独立が難しいので
独立ができる仕事はうらやましいです
しかもその初期費用とタイミングが揃ったのであれば
私は今がその時だと思います
最初は投資の方が上回ってしまうことがあると思いますが
長い目で見ればそれは仕方のないこと
一歩踏み出す勇気が出ることを願っています
Commented by fujimal_love at 2018-08-23 20:04
M'sさま

ありがとうございます。
最近は本当にビックリなことばかりで、入籍していないだけに逆に戸惑いますが、
やはり友人たちにも、今が開業を決めるタイミングだ、と異口同音に言われます。
「先行投資」という言葉がありますが、M'sさまも仰るように、
開業しても暫くは利益にはならないと思います。
でも、続けていればいつかそれは逆転して、軌道に乗る日がくる、と。
彼の提案からほぼ一週間が経ち、開業への思いが大きくなってきました。
来月末に今の職場を退職しても、すぐには仕事は見つからないかも、
という覚悟も出来ています。
それはそれで、開業準備に使える時間なのだ、と思えばいいんですよね。
手指の関節症のこともあるので、慌てて仕事を決めることはしたくないですし、
ここは彼に甘えて、ゆっくりと先のことを考えていきたいと思っています。
この週末には、彼と話し合う時間もあると思うので、
また何か進展したら、ここでご報告しますね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。