『身近な人が亡くなった後の手続のすべて』

d0155893_14474678.jpg


先月、新聞の書籍欄で見つけて、Amazonで購入。
先日また、新聞の紙面で大きく取り上げられていました。

“終活”や“エンディングノート”などのキーワードが浸透し、
私も親にエンディングノートを渡しました。
以前日記に書きましたが、自分自身は「0葬」にして貰うつもりでいますし、
自分用にもエンディングノートを買わなきゃ、などと考える日々。
でも、これまで自分が中心になって誰かを見送ったことがないため、
いざ両親を見送るとなった時、知らないことが多過ぎて、
不安になりかけていました。

まだちゃんと読んでいませんが、
ちらっと見ただけでも、故人の死を悼むヒマもないほど、
様々な手続きが待ち受けていることを、改めて知りました。
読んだ人の感想を見ても、一冊は備えておくと安心だな、と。

実際、彼からも
「俺の最期を看取って欲しい」
「死に水を取ってくれよ」
そんな言葉を託されましたので、
その時にも、きっと役に立ってくれると思います。

いや、健康優良児な彼は私より長生きしそうだから、
この本は彼に渡しておいた方がいいかな^m^
[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by fujimal_love | 2015-11-23 14:50 | 終活 | Comments(0)