第九演奏会を終えて -辛口日記-


昨夜の演奏会そのものは大盛会だったそうな。
が、私にとって8年振りとなる古巣での第九演奏会は、
「合唱」をやる人間なら持っているはずの協調性と思慮に
著しく欠けるメンバーの多さに
大いに不満が残るステージとなってしまった。
そのせいか帰ってからも頭が興奮状態で寝付けず、
今朝は寝不足気味。
一つ一つは取るに足らないようなことでも、
これだけ重なると、さすがに頭にくるというもの。
一言で言うと『もっと協力して!』
特に気になったことを、ちょっとここで
吐き出させて貰うことにする。
かなりの苦言になること、お許しいただきたい。


【楽屋で】

☆椅子を使う時は譲り合って欲しい
食事をするのに椅子の足りない人がいて、
使っていない様子の椅子があったので
「この椅子借りていいですか」と
そこに座っていたメンバーに声をかけたら、
隣に座っていた別のメンバーがぶっきらぼうに
「使ってます」と。
空いた椅子は2脚、誰の荷物も置いていないのに、なんで?
そのぶっきらぼうな相手が、
普段から私のことを目の敵にしているメンバーだったので、
余計に癪に触り、それ以上口を利きたくなかったので、椅子は諦め、
座れないと知ったメンバーは移動していった。
なんて思い遣りのない自己中なヤツ、と、それ以降、
気分がずっと悪かった(怒)

☆扉の開閉時は気を使って欲しい
楽屋の入り口付近で着替えをしている人がいることを
まったく考えず、
不用意に扉を開ける無神経な人が結構いた。
ノックするなり、そっと開けるなり、
ちょっと考えれば方法はあるだろうに。
狭い楽屋をみんなで使っていることを、
もう少し考えて行動して欲しい(怒)


【ステージで】

☆ベンチの移動時は、男性にも協力して欲しい
合唱団員着席用の4人がけの木製のベンチを、
入退場時の通路確保のため、
各列両端の女性が一人で動かすことに。
ベンチは重いうえに横に長いため、
音をたてないよう引きずらずに持ち上げるのは骨が折れるし、
腰にもくる。
しかもステージ衣装はロングスカート。
入場時、ベンチを持ち上げ動かそうとした時に、
案の定スカートを踏んで少しよろけ、
私の後ろの列の人は“あっ”と声を上げ、心配そうだった。
あとで聞くと、他の列では、すぐあとに入場した男性が
手伝ってくれたようだったが、
私は大柄で力持ちと見られたためか、手助けはなかった。
やっとこベンチを移動し、ホッとして着席した私の
着衣(ブラウス)が乱れたままだったのが気になった、
というのは、客席から見ていた私の母の指摘。
しかし本人にしてみれば、ただただ無事に
ベンチを動かすのに精一杯で、
着衣を気にする余裕などゼロ。
最初は二人だったところを、
一人で移動させる方が綺麗だから、
という理由で変更されるのも正直、納得出来ない
(↑指示していた人の勝手な主観だ)。
実際、母が見ていて、
 他の列では男性の手助けなどがあったところを、
 アンタ(私)が一人でベンチを動かしている図は、
 ちっとも綺麗でなかった。
 アンタの後から出てきた男性は、じっと突っ立って
 見ていただけだった。
そう言っていた。
女性はあの衣装では大変なので、
男性が先頭で入場する場合は、男性にやって貰いたい。
そうでない場合は、二人にするべき。
こんなことも決めないと出来ないのでは情けないが、
現状がそうなのだから仕方ない。
幼稚園児じゃあるまいし(怒・呆)

☆決めたことは忘れずに守って欲しい
終演後、打ち合わせと違うタイミングで
合唱団員が起立してしまった。
打ち合わせでは、一旦着席し、指揮者の合図で起立、
ということになっていたのに、
どうやら一部の男性がそれをすっかり忘れてしまったらしい。
指揮者の合図がまだないのに、と私はかなり座っていたが、
多くの人が起立してしまったので、
私も立ち上がらざるを得ないことに。
結果、200名近い団員が不安げにバラバラと立つことになり、客席から笑いが起きてしまった。
挨拶を終えて合唱団の方に向き直った指揮者が驚いたことは
言うまでもなく、
「合図もしてないのに何でもう立ってるんや!?」と。
そりゃそうだろう。
今回は60周年ということもあり、
改めて合唱団に拍手をいただく演出として
わざわざ決めたことなのに、
最後の最後に笑いを取るとは、何ともしまりがない。
しかも、当日突然決まったことではなく、
練習段階で何度も指揮者から話があったこと。
男性諸君(全員とは言わないけれど)、
本番で舞い上がる気持ちもわかるが、
打ち合わせや決まりごとは
きちんと聞いて覚えておいて下さいよ(呆)


これ以外にも小さな不満を挙げればキリがないほど。
とにかく 自分さえよければ という人が目立った
演奏会だった。
世知辛い世の中になったものだ、という一言では
片付けてしまえないと思う。
来年以降も同じ会場を使う可能性が高いのだし、
何度も言いますが皆さん、
もうちょっと集中・協力していただけませんか。
時々、指揮者が「頭を使え」というのは、
そういうことも含めてじゃないの?
県下最大のアマチュア合唱団、の名が泣きます。
非常に恥ずかしい。
残念でなりません。
書いていたらまた腹が立ってきたので、
ここらでブレーキをかけないと危険だ。

以上、滅多に書かない辛口日記、でした。
by fujimal_love | 2011-12-17 15:02 | 音楽・合唱
<< -辛口日記- その後(腰痛) 泣いても笑っても >>