就活5 ~一縷の望み~ 

  
昨日は、職業訓練校に朝イチで立ち寄り、
面接時に必要な書類を受け取ってから
面接場所へ向かいました。

国の費用で学習させて貰っている関係上、
訓練に遅刻する際に提出しなければならない書類と、
面接を受けた企業で担当者の記名・捺印を受けるための
書類が必要なのです。
前日、自宅に帰ってから翌日の面接が決まったため、
西宮~神戸(訓練校)~吹田(面接)~神戸(訓練校)と
昨日は朝から大移動することになりました。

応募先企業での面接は経理部長さん。
前日の電話連絡の時にも感じたことですが、
とても穏やかな感じのいい人でした。
最初は緊張しまくりでしたが、
落ち着いた社風であることや、
もう一人いる女性も年齢がごく近いことを聞いて
さらに安心。
一通り話し終わったあと、趣味のことを聞かれ、
音楽の話をひとしきりさせていただけて、緊張がほぐれ、
帰る頃には、ここで働けたらいいなという気持ちに
なりました。

ただ、二次面接もあったことを忘れていて、
一次面接の結果、残れるかどうかは未知数です。
一つの救いは、若い人の採用は控える、という
方針であること。
今回の募集は、経理担当の女性が出産退職するためで、
今度は出来るだけ長く勤めて貰える人を採用したい、と
経理部長さんがおっしゃっていたので、
そういう点では、少し望みは持てるのかな、と。
以前にも、40歳くらいで勤め始め、
定年(60歳)退職した女性がいたそうで、
私もそのくらい勤められればいいのに、と思いました。

しかしやはり予想を上回る数の応募者があり、
当初5日後に一次面接の結果を通知する、
という予定になっていましたが、
一週間以上かかるかも知れない、とのこと。
さらに二次は役員面接になるということで、
少々大変そうですが、
残れますように、と一縷の望みを託して、
昨日の面接後の昼食には「カツ丼」を食べ、
今日は一次面接のお礼状を祈るような思いで書き、
投函しました。

はてさて、勝利の女神は私に微笑んでくれるでしょうか!?
[PR]
by fujimal_love | 2010-04-10 16:34 | 失業・就活・職業訓練