It's all right.

タグ:離婚 ( 58 ) タグの人気記事


ステップアップ

今日は母校(中学・高校)の同窓会。
久しぶりの参加でドキドキしましたが、
そんな不安はどこへやら。
一瞬にして35年前にタイムスリップしました。

d0155893_222144.jpg


↑恩師からお言葉をいただいているところ


そして今日は、調停離婚成立からちょうど2年にあたる日でもあります。
最初の1年は、モラハラ義姉が夢に現れてうなされたり、
なかなか心の闇は晴れませんでしたが、
ようやく笑い話になりつつあります。


とある占いで、今年後半の運勢は「ステップアップ」とありました。
いろんな意味で変化していく時期だ、とのこと。
仕事が忙しくなり、合唱活動に一旦区切りをつけようと決めたことや、
一人暮らしを始めようと決めたことなど、
思い当たる節があります。
この年になって定職があるのは有り難いこと。
今はきちんと仕事をして自分の足で生活することが目標です。

今年後半は、私にとって大きな節目となりそうです。
 
 
[PR]

by fujimal_love | 2016-06-26 22:03 | 自分のこと | Comments(0)

年賀状

 
今回ばかりは出したくない気持ちが強い。

今年の年賀状年で再々婚したことを通知したばかり。
1年やそこらで離婚したこちらが悪いんだけど、
またか~
と思われるんだろうしなぁ凹

今回はこちらからは出さず、
いただいた年賀状に返事を出すだけにしよう(-.-)
本当はもうきっぱりやめてしまいたいけど、
恩師や元上司など、そうもいかない人も多いし(・.・;)

あ~面倒くさいなぁ・・・
[PR]

by fujimal_love | 2014-11-24 11:09 | 自分のこと | Comments(0)

4ヶ月

 
調停離婚が成立して、今日で4ヶ月。
実家に戻って9ヶ月が過ぎ、義家族と暮らした期間を越えた。

たった8ヶ月-。
そんな短い期間で結婚生活が破綻してしまうなんて想像もしなかったけど、
でも、私にはその8ヶ月がとてつもなく長かった。

今はパートナーや家族がいて仕事も趣味もあって幸せだけど、
時々、あの生き地獄のような結婚生活が蘇り、息苦しくなる。
結婚を祝福してくれた人たちへの申し訳なさも・・・

早く考えなくても済むようになりたい。
[PR]

by fujimal_love | 2014-10-26 10:58 | 離婚関連 | Comments(0)

あれから

 
調停による離婚が成立して、今日で2ヶ月。

同居8ヶ月、別居5ヶ月の短い結婚生活。
ずっと義姉のモラハラに苦しめられ、義姉が近寄ると震えがきた。
8ヶ月で11kg痩せ、ストレスで生理は止まり、ヘルニアで動けず、適応障害・・・
そんな私を見てもなお、夫は義姉を庇う。
ただただ地獄のような苦しい毎日だった。

3度目の結婚だから、もう絶対に離婚は出来ない
そう思って歯を食いしばり必死に頑張ったけれど、
心も身体も悲鳴を上げ、もうやめて、と・・・
心が折れるってこういうことか、と(-_-;)

でもまさか、夫や自分以外の理由で離婚することになるなんて、思いもしなかった。

私には結婚運はなかったな。
3回結婚して、やっとわかった。

私には彼しかいない、ということも・・・
[PR]

by fujimal_love | 2014-08-26 09:11 | 離婚関連 | Comments(0)

私物引取り完了

元夫宅に残していた私物を、今日無事に引き取りました。

「出発したらメールで知らせる」
と言っていたのに、連絡もないままいきなり業者がやってきたり、
不要なものまで荷物に入っていたり、ということはありましたが、
プリンターもきちんと動くし、他に破損したようなものもなく、
よかったなと思います。

連絡がなかったのは、恐らく嫌がらせでしょう。
なのでこちらも、着荷通知やお礼のメールはしなくていい、と判断。
そのまま放置しています。

あれから水曜日に市役所へ行き、正式に旧姓に戻ることは出来ましたが、
元夫から「健康保険資格喪失証明書」が送られてくるまでは国保に加入出来ないし、
戸籍を新しく作ることになり、その手続きに数日かかるため、
身分証明に使う免許証の変更もそれからです。
その後も、銀行口座やクレジットカード、保険、携帯、オンラインショップなどなど、
氏名・住所変更に追われる日々が続きますが、
あと暫くの辛抱です。


[PR]

by fujimal_love | 2014-07-05 20:59 | 離婚関連 | Comments(0)

在宅ワーク 3 ~祝!初納品~ そして…

先日から挑戦している、在宅ワーク。
今日はトレーニングSTEP2と業務第1号の両方がクリアになり、
業務第1号はめでたく納品完了、との通知がありました。
まだ単価の低い仕事ですが、初報酬の発生、ウレシイです\(^o^)/


それはいいのだけれど。


第1回調停まで、あと一週間。
まだまだ先だと思っていたのが、急に現実味を帯びてきました。

いったいどんな話し合いになるのか…。

裁判官、調停委員はどんな人たちだろうか。
そして、夫は本当に出頭してくるのだろうか。

…いろいろな不安が頭をよぎります。


住民票は移したのに、姓はまだ夫のもの、というこの中途半端な状況は、
見えないロープで繋がれているようで、気持ちの上で負担になっています。
遅くとも年内には決着をつけたい。
相手にしても、高齢の義母がいるのだから、
その義母に心配をかけ続けるつもりはないだろう、と思います。


離婚が成立するまでは、別居中でも婚姻費用(生活費)を夫に請求出来ますが、
振り込んで欲しい、というメールすら、夫にするのが苦痛です。
何しろ、1ヶ月以上音信不通になっている相手。
家庭裁判所から調停の通知が相手に届く前から会話がない状態なので、
素直に応じるかどうかは疑問です。
だけどこちらにも金銭的な余裕はないし、請求するしかありません。
それとも、調停まで待った方がいいのか。


私がまだあちらに置いている荷物の引き取りの件も、伝えなくてはなりません。
本当はもう二度とあの家には近寄りたくないし、
夫や義姉の顔を見るのも嫌なのですが、荷物を引き取らざるを得ないし、
夏の衣類なども結構置いたままにしているので、早く引き取りたい。


いろんなことが頭の中をグルグル回り出しました。
とにかく、全てが無事に解決しますように…!



[PR]

by fujimal_love | 2014-06-19 14:03 | ひとりごと | Comments(0)

在宅ワーク

離婚を決めた春先、暫く就活をしていました。
が、実際には採用には至らず。
その後、離婚調停をすることになったワケですが、調停は平日のみ。
今就職してしまうと、入社すぐでは調停当日に休めない可能性もあり、
調停そのものも何ヶ月かかるかわかりません。
その他にも、調停経験のある人から話をいろいろ聞くうちに、
『調停離婚が成立するまでは、下手にまとまった収入を得たりしない方がいい』
という知恵もいただき、暫くは就活を中断することに。

しかし家にいると時間を持て余し、その間ロクなことを考えず、
調停について必要以上に不安感を抱いてしまったりして、
自分でも精神的に不安定になっていくのを自覚し始めました。
梅雨に入り、外出の機会も減ってくると、ますます引きこもりになるのは明白。
これじゃいけない、と思っていた時、「在宅ワーク」という手段があることに気づき、
せっかくパソコンがあるし、と思い検索してみました。


かなり前から、パソコンを使った在宅ワークには興味があったのですが、
在宅ワークという言葉が使われ出した頃は、まだまだ初心者には難しく、
IT関連の有資格者や在宅ワーク長期経験者に限られていました。
しかも、ただ仕事をこなすだけでなく、仕事を獲得する営業からやらなくてはならず、
納品後の修正対応や代金回収もすべて個人でやる、というのが基本でした。
しかし、調べていくうちに、現在では委託会社によってシステムが構築され、
ワーカー自ら営業に出たり代金回収をする必要もなく、
全くの初心者でも、パソコンスキルのあまり無い人でも始められることがわかりました。
そして、ここなら、と思える斡旋業者(委託会社)に資料請求をしたところ、
事前メールと電話で詳しい説明を聞くことが出来ました。
昨日・今日と同じ担当者と電話で話をしましたが、
印象もよく、丁寧な対応で特に不安がなくなったことから、
正式に契約し、業務を開始することにしました。


最初に基礎的なトレーニングを受けることになっていますが、
トレーニングと並行して実際の業務も出来るようになっています。
今日の時点で、すでに私に委託可能な仕事も確保出来ている、とのこと。
登録費用や、月々のサポート代金などがかかりますが、
登録費用については、毎月滞りなく仕事を提供して貰う保証金のようなもので、
こちらは仕事を半年続ける毎に半額ずつが返還され、
1年間継続して業務を行うと、登録費用全額が戻ってくるシステムです。
こういった初期費用は返金不可と思っていましたが、この点は良心的ですね。
また、実際の報酬の支払いも、取引先からの入金後ではなく、
翌月決まった日に委託会社からの立て替え払いで支払われる、とのこと。
これも契約を決めた理由の一つです。


契約書類は早ければ明後日届く予定で、
その書類の書き方についても電話で詳しく説明をしてくれるとのこと。
そして無事に契約書を郵送し、初期費用を支払えば契約成立です。

とはいえ未経験ですので、ちゃんと業務がこなせるのか不安もあります。
当面は収入額ではなく、調停期間中を有意義に過ごせればと考えて、
少しずつ頑張ってみようと思います。



[PR]

by fujimal_love | 2014-06-05 14:58 | 離婚関連 | Comments(4)

夫との対決 4 ~第1回調停期日通知書~

今日、家庭裁判所から最初の『調停期日通知書』が届きました。
もっとのんびりしているのかと思っていたら、手続きから10日。
逆に、調停期日まではまだ1ヶ月以上もあります。

恐らく同日、夫の元にもこの通知書が届いたはず。
調停を申し立てたことについては事前に何も話していないので、
「勝手なことしやがって!」と頭にきているはず。
すぐにも抗議のメールが来るかと思いきや、今日は来ませんでした。
明日は土曜日。
休日出勤でなければゆっくり出来るので、また義姉と相談しながら、
非難轟々なメールを送ってくるのだろう、と身構えています。

とはいえ、今月初めに両家での家族会議まで開いたにも拘らず、
その席では全く出さなかった金銭の要求や、私の荷物を勝手に着払いで送り返す、
といったメールを、後出しでよこしたのは相手の方。
そちらの方がよっぽど身勝手だと思います。
300万円という法外で意味不明な金銭の要求など、のめるものではないし、
認められるはずもない。
また「世間体が悪い」と言っておきながら、私の荷物を送り返すのに
超有名引越センターを手配するなど、頭がおかしいのでは、と。
私物を業者に触られたり、紛失されたりしたくなかったので、
荷物は責任を持ってこちらから引取りに行く、と連絡して、
勝手に送り返されることだけは阻止しましたが。
これらは、私から離婚を切り出されたことに対する腹いせだと思います。
再度話し合いたい、合意文書を作りたい、とも言ってきたけれど、
2人で話し合っても家族で話し合っても解決しなかったものを、
この先いくら2人で話し合ったところで、何の解決にもならないでしょう。
それどころか、法外な金銭の要求を無理矢理通してくるに違いないのです。
そんな無謀なことはさせない。
だから第三者を立てる準備をしている、とだけメールはしましたが、
「第三者など入れたら余計ややこしくなる。断固反対、拒否する」と。
でも私側としてはもう、これ(調停)しか手はない、と判断したワケです。

拒否するならすればいい。
それだけ解決が遠のき、事が長引くだけですから。
高齢なお母様を気遣うなら、素直に調停に出頭して、
早期解決に努めて貰いたいものです。



[PR]

by fujimal_love | 2014-05-23 23:46 | 離婚関連 | Comments(0)

夫との対決 3 ~速達~

私が夫のメールに一切返信しないため、シビレを切らしたのか、
昨日、夫から速達で封書が届きました。
それも、父と私宛てに。
私には父へのものと同じ内容の手紙も入っていました。
まぁ、手書きでなく、手紙も署名も、封筒の宛名に至るまでパソコンでしたが。

そこには先日メールしてきたような金銭関連の話は一切なく、
ただ、もう一度私と会って話がしたい、と。
夫はまだやり直せる、と思い込んでいるようです。
それは多分、自分が悪いのではない、と思っているからでしょう。
私がやり直せないと言ったのは、義姉の態度が原因で、
自分のせいではない、と。
引越業者への振込も、希望するなら当方でさせて貰う、などと書かれていましたが、
これはおびきよせで、会うと言えば恐らく慰謝料をつり上げてくるでしょうし、
他にも何かこちらが困るような条件を出してくるに違いない。
とにかく、二人だけ、あるいは家族を交えたところで、
今月初旬にした話し合いと同じことになり、何も進歩はないのです。

私は手紙に返事をしたくない、と思ったのですが、
手紙を読んだ父が
「調停申し立てのことは伏せ、とにかく少し待って欲しいということを書いて送れば」
と。
そこで、全体をぼやかし、
『今後話し合うなら、第三者立ち会いでするのが最善だと思うので、
現在、その方向で調整を進めている。
私の荷物についても、私物を他人に触られたくないし、
紛失等の問題を避ける意味でも、私が責任を持って引取りに行く。
荷物の引取りは不急なので、その日程などの調整も今しばらく待って欲しい』
というような内容の手紙を書き、
『右、合意いたします』
の一文を入れ、父に署名を書いて貰いました(もちろん全て手書きです)。
あとは追伸として、生活費がないから振り込んで貰いたい、と付け加えました。
離婚に応じるまでは、私の扶養義務は夫にありますので、
婚姻費用(生活費)の支払いを要求出来ます。
いくら実家に世話になっているといっても、両親も後期高齢者で年金暮らし。
私も就活中で、いつまでも両親に経済的な負担をかけるワケにいかないので、
たとえ少額でも夫から生活費を貰いたい。

速達で送ったので、明日には夫の元に届くでしょう。
手紙を読んでも、まさか調停申し立て中などとは、夫は夢にも思わず、
なぜ会ってくれないのか、とますます疑問を深めることと思います。
でも、会わない、と書いたワケではないので、
何か気づいてくれれば、という一抹の期待もありますが。
[PR]

by fujimal_love | 2014-05-14 18:47 | 離婚関連 | Comments(0)

夫との対決 2 ~離婚調停申し立て~

あれから、5月3日に両家族が集まり会議をしました。

最後に夫が
「今後も夫婦としてやっていきたいか、そうでないか聞かせて欲しい」
と言ったので
『夫婦としてはやっていけない。もう無理です』
と答えたら
「わかりました」
と言ったので、翌日こちらのサインをした離婚届の用紙を送ったら、こんなメールが送られてきました。
いずれも個人情報以外は原文です。
(夫のPCメールは句読点もなく読みづらいですが、そのまま載せます、お許しを)。

【先日お越しいただいた件につき 当方の回答を連絡します
貴殿のご両親を交え話を聞き 当方の考え方を述べましたが
貴殿の申されることについては何一つ理解できない
ただ 幼子がグズッテダダをこねているようにしか見えず付き合い切れない
結婚紹介所の脱会から結婚式を経て 更には貴殿が実家に帰るまでに
貴方やその家族にしてきた私どもの誠意が踏みにじられたと言う思いのみ
母も失望から体調を崩し寝込んでしまい 私としても何時まででもこの件を引きずりたくない
今まで貴方やその家族にしてきた誠意の一部を返還していただきたく思う
総費用の7割(300万)程を考えている 返金については一括処理でお願いしたい
後々もめごとにならぬよう双方の合意文章を作成する必要があり
都合の良い日時の連絡を下さい
また 我が家に置かれている荷物については着払いでお返しする段取りをしており
引っ越し業者と調整中 返却日時が明確になりしだい連絡します
尚 我が家の自宅の鍵は何時返却いただけますか?
ただ 会話の窓口を閉ざす気は現時点ではなく要すれば連絡下さい】

あの会議の最後の「わかりました」は一体なんだったのか!?

さらに翌日にも以下のメールが届きました。
【先日ご連絡した家具類引き渡しにつき 業者が決まりましたので
受け渡し日時と業者名を連絡します
尚 受け渡しの2日前までに費用の振り込みが必要ですのでお願いします
日時:5月17日(土) 9時から荷出しのため貴殿宅には昼過ぎ頃の見込み
業者名:○×引っ越しセンター
費用:¥68,040-
荷渡し場所:○○市×××町△△-△△-▲▲▲
荷受者:●● ●様宛
費用振込先:○○銀行 ××支店
口座:当座 #######
名称:○×コーポレーション ㈱
書類は昨日受領しました 先日のメールで連絡してますように
今回の件につき後々問題を起こさぬために双方の合意事項を文章にして残す必要があり
それが完了するまで当方預かりとしますので打合せ日時のご連絡を下さい
(一方的な申し入れや処理は受入れできない)】

一体どちらが一方的なんだ!?と言いたい内容でした。
しかも、離婚届に判を押さない、と言いながら、荷受人名を私の“旧姓”にしている。
頭おかしいんじゃないのか、と思います。
だから、夫にももう、私との修復は頭にないものと解釈していますし、
それならサッサと離婚届に判を押せばいいのに、と。
全く、頭に来ます(-"-)

お金や荷物や合意文書のことも、私の両親がいる前では全く出さなかった話ばかり。
これは全て、義姉の差しがねだろうと思います。
気の弱い夫に、ここまで強気なメールは到底打てないはず。

取り敢えずメールは完全に無視し、7日に市役所の市民生活課で無料相談を受けてきました。
以前、別の問題で無料相談を受けた時の男性相談員がけんもほろろだったので、
期待せずに行きましたが、今回は女性で、とても親身に相談に乗ってくれました。
それを踏まえて両親と相談した結果、
もう第三者立ち会いのもとでの話し合いしか無理だろうという結論に達し、
調停を申し立てることに決め、近くの家庭裁判所で書類を貰ってきました。
結構な枚数の書類を書かなければなりませんが『主張書面』というものがあるので、
この際、こちらの言い分を思い切り書いて提出してやろうと思います。

その調停の場で、300万円という法外で根拠のない金銭の要求はのめない話や、
勝手に送り返そうとした荷物の話をつけるつもりです。
金銭の要求に対しては、何のお金なのか明細も全くわからないし、支払う筋合いもない。
私が相手宅に残している荷物に関しても、勝手に引っ越し業者を手配し日にちを決め、
着払いで送り返すなどという行動は承服しかねます。
荷物については既に私の弟が車を手配する話がついていますし、
見知らぬ業者に下着などを触られたくありません。
そのような行為は法律に抵触するのではないかとも思います。

調停になれば、1ヶ月に一度くらいのペースで会うことになり、解決には時間がかかりそうですが、
いつまでも夫からのメールを放置しておくワケにもいかず、このような決断をした次第です。

長々と読みづらい日記になりましたが、お読み下さってありがとうございました。
[PR]

by fujimal_love | 2014-05-10 10:57 | 離婚関連 | Comments(0)