It's all right.

fujimal.exblog.jp

大丈夫。まだまだ、これから。

ブログトップ

女子会 in KOBE

昨日は職場の一部のメンバーとの女子会でした。
ランチは神戸・三宮のWANTO BURGERにて。
なかなか味わえない、豪華なローストビーフバーガーをいただきました。

d0155893_11255192.jpg
http://www.wantoburger.com/

その後、社内の話も出るから、ということで安全策をとりカラオケルームに異動。
そこからも女子会はめちゃくちゃ盛り上がりました。
例の同僚については、みんなかなり鬱憤が溜まっていたようで、
けしからん話が出るわ出るわ(笑)
人の悪口で盛り上がることには多少の罪悪感を伴いますが、
どこかへ吐き出さないと溜まってしまうので、こういう会は有難いですね。

結局、同僚には私たち以外にも気に食わない上司がいたようで、
さらにその上の上司に面談を申込み、談判したようです。
うちの会社は簡単にはクビにしないのですが、異動先が選べるほど融通はきかないので、
上司も苦肉の策で同じフロアの別セクションへの異動を奨めたのでしょう。
そのセクションには、彼女が嫌っていた元上司もいる、という話なので、
他に異動先が見つからなかったものと思われます。
しかし上司であれ同僚であれ、
ちょっと気に食わない人間がいるというだけで異動を希望する、
という彼女の安直さには呆れますね。
そんな理由で異動や転職を繰り返すようでは信用もなくなるし、
どこへ行っても続かないと思います。
今度の異動先はかなり厳しくて、最近、そこで2日で音を上げ、
うちの隣の部署に異動してきた人がいる、と聞きました。
そういえば隣の部署に数日前から新しい人が入りましたが、そういうことだったんですね。
それほど厳しいのだから、きっと同僚も時間の問題だと思われます。

あと、彼女が異動の話をしたのは部署内では2名だけで、
そのうちの1人と先日の帰り際に固い握手を交わしていたそうです。
昨日女子会をした私たちには一言の挨拶もないのに。

他にも、
上司に注意されると相変わらず言い訳が長い
業務で質問をする際に失礼なものの言い方をされた
仕事を丸投げする
都合が悪くなると逃げる話
・・・などなど、挙げればキリがないほど。
騒音も酷く、例えば、しょっちゅう机の引き出しを開けたまま勢いよく立ち上がるので、
そのたびにガタン!と轟音が響き渡り、ビックリして集中力が削がれてしまいます。
このあたりはやはり注意欠陥症と言わざるを得ませんね。

最終日の挨拶はどんな風にしてくるか、でも盛り上がりました(笑)
きちんと異動の話をしていないメンバーの方が多いのだから、
本来は気まずさが残るはず。
が、異動が決まってからも平気な顔で出勤してくる彼女には
そういう意識が欠如しているのでしょう。
退職が相次いだこの時期に自己都合で異動することに対する謝罪など心にもないはず。
見せかけだけ、口先だけで申し訳なさそうな演技をするのだろう、
とみんなは言っていますし、私もそう思います。

とにかく早く水曜日が過ぎて欲しい。
いくら人数が減って忙しくても、せめて心の平和を取り戻したいです。




[PR]
by fujimal_love | 2016-10-16 11:35 | 仕事 | Comments(0)

社会保険制度改正

3日前、突然、上司から一人ずつ呼ばれ、以下の主旨で面談がありました。

1.社会保険加入意思アンケート
2.異動の可能性

1.の社会保険制度の改正は来年10月ですが、会社では早めに運用開始し、
現段階では最速来年2月からの加入になる、とのことです。
(社保加入には、2ヶ月間条件を満たす必要アリ)
2.については、今いる部署では人員に余裕がある一方で、
人手不足に悩む部署もあるためで、
そのあたりの詳細な事情は割愛しますが、1.と2.は連動しており、
社保加入希望者増 = 異動者発生
という図式になります。

私は昨年10月に入社、5ヶ月後の今年3月に今の部署へ異動しましたが、
勤務条件の違いから、異動前より収入が目減りし、
そのことで、先行きへの不安が膨らんでいました。
今の給与では、国民年金保険料の負担は正直キツいです(>_<)
さらに先日、ミスも発覚し、自分はこの仕事には向いていないんじゃないか、と
ネガティブ思考に陥っていました。
転職もこの歳ではまた苦労するだけで、収入が上がる見込みはない。
このまま、生活苦に喘いで死んでいくのかな・・・なんて、
最近では生きることそのものへの不安が膨らんでいました。

それもあって、社会保険に加入出来るのはとても助かることなのですが、
問題は連動している「異動」について。
これは私にとって、まさに“究極の選択”だからです。

条件だけで言えば、異動後は収入が高めで安定しますし、
こちらは土曜日も稼働しており、その分、平日休が増えます。
異動先は、実は私が入社当時いた部署のため、同期メンバーが多くいます。
私にとっては古巣へ戻る形となるので、これはとても心強いこと。

異動に関しての、唯一のネックは業務内容です。
異動先での業務はテレフォンオペレーター。
私が最も苦手とする職種で、就活でもこれだけは避けてきました。
なので、面談でも正直に、一番苦手な業務であることは伝えました。
異動の打診があれば受けたいが、積極的でなく申し訳ない、と。

今年の3月に私と一緒に異動になった同期は2人います。
そのうち1人はご主人の扶養範囲内、が必須条件。
もう1人は独身ですが、異動もテレオペも絶対困る、と言っていました。
そう考えると、異動になるのは私である可能性が否定できない。
異動するとなると、最速12月からになると思われ、
私は今月はもう、24日・25日の2日間しか出勤しないので、
その間に打診があるとすれば、もうあまり時間はありません。
なので、ある程度の覚悟はしておく必要があるな、と。

収入アップと引き換えの、超苦手業務(汗)
飴と鞭でうまく操られる感は抜けませんが、
私たちは所詮、会社が自由に動かせるコマでしかないんですよね。
まだ決まってもいないことで悩むのも疲れますし、
今の世の中、この歳で仕事があるのは幸せなこと、と考えるべきでしょうね。
人間関係はどちらも良好で甲乙つけがたい環境ですし、同期もいる。
上司も共通なので、コミュニケーション上の不安はないのが救いです。
こういう職場にはなかなか恵まれないだろう、とも思います。

昨日、彼に会った時に社保&異動の話をしたところ、
やはり、社会保険に加入出来ることは大きいし、
異動もメリットがあるなら、打診を受けてもいいんじゃないか、と。
『悪いようにはならないと思うよ』
という、彼らしい励まし付きでした(#^.^#)

こうして日記を書いてみて、少しずつ気持ちが落ち着いてきました。
異動することになれば自分にとってのチャンスと捉え、
頑張ってみようと思います。
彼にも、自分の足で立っているアピールが、今よりは出来そうです(^^)
[PR]
by fujimal_love | 2015-11-20 14:27 | 仕事 | Comments(2)