It's all right.

タグ:悩み事 ( 34 ) タグの人気記事


あれから15日


彼に前回会ったのは5月22日。
やっと次回デートの4日前になった。

会いたい気持ちは今までと変わらない。

ただ・・・
思いの外、温泉のことをひきずっている様子の彼に、
今度会ったらまた何か嫌味を言われるのではないか、と思うと複雑。

もう、何が彼の地雷なのかわからないから、
当分は貝になって余計なことは言わないようにしよう。

それが平和的解決なら。
[PR]

by fujimal_love | 2015-06-06 21:53 | *今彼とのこと* | Comments(0)

夫との対決 3 ~速達~

私が夫のメールに一切返信しないため、シビレを切らしたのか、
昨日、夫から速達で封書が届きました。
それも、父と私宛てに。
私には父へのものと同じ内容の手紙も入っていました。
まぁ、手書きでなく、手紙も署名も、封筒の宛名に至るまでパソコンでしたが。

そこには先日メールしてきたような金銭関連の話は一切なく、
ただ、もう一度私と会って話がしたい、と。
夫はまだやり直せる、と思い込んでいるようです。
それは多分、自分が悪いのではない、と思っているからでしょう。
私がやり直せないと言ったのは、義姉の態度が原因で、
自分のせいではない、と。
引越業者への振込も、希望するなら当方でさせて貰う、などと書かれていましたが、
これはおびきよせで、会うと言えば恐らく慰謝料をつり上げてくるでしょうし、
他にも何かこちらが困るような条件を出してくるに違いない。
とにかく、二人だけ、あるいは家族を交えたところで、
今月初旬にした話し合いと同じことになり、何も進歩はないのです。

私は手紙に返事をしたくない、と思ったのですが、
手紙を読んだ父が
「調停申し立てのことは伏せ、とにかく少し待って欲しいということを書いて送れば」
と。
そこで、全体をぼやかし、
『今後話し合うなら、第三者立ち会いでするのが最善だと思うので、
現在、その方向で調整を進めている。
私の荷物についても、私物を他人に触られたくないし、
紛失等の問題を避ける意味でも、私が責任を持って引取りに行く。
荷物の引取りは不急なので、その日程などの調整も今しばらく待って欲しい』
というような内容の手紙を書き、
『右、合意いたします』
の一文を入れ、父に署名を書いて貰いました(もちろん全て手書きです)。
あとは追伸として、生活費がないから振り込んで貰いたい、と付け加えました。
離婚に応じるまでは、私の扶養義務は夫にありますので、
婚姻費用(生活費)の支払いを要求出来ます。
いくら実家に世話になっているといっても、両親も後期高齢者で年金暮らし。
私も就活中で、いつまでも両親に経済的な負担をかけるワケにいかないので、
たとえ少額でも夫から生活費を貰いたい。

速達で送ったので、明日には夫の元に届くでしょう。
手紙を読んでも、まさか調停申し立て中などとは、夫は夢にも思わず、
なぜ会ってくれないのか、とますます疑問を深めることと思います。
でも、会わない、と書いたワケではないので、
何か気づいてくれれば、という一抹の期待もありますが。
[PR]

by fujimal_love | 2014-05-14 18:47 | 離婚関連 | Comments(0)

夫との対決 1

その後の夫との離婚問題について、整理する意味で書き留めておきたいと思います。

先週の土曜日、夫と再度話し合いました。
が、夫は結局、最後にはお金の話を持ち出して来て…。
「離婚したいということであれば、負担して貰わないといけないですね。
 結婚に費用がだいぶかかってますから」
つまり“結婚準備(結納や挙式など)にかかった費用”を負担しろ、というのです。
突然離婚を突き付けられた慰謝料としてならわからなくもないですが、
予め離婚の話はその前の週に話しているワケですから、
突然ではありません。
最初に話した時も、うすうすわかっていた、と言っていましたので、
お金の話は恐らく義姉の差しがねだろうと思われます。
義姉は元銀行員で、お金に関してはシビアなので、
弟に入れ知恵をしたつもりなのでしょうが、的外れだなぁと。

しかし私にも法律的な知識はありません。
そこで、友人に教えて貰った「弁護士ドットコム」というサイトで、
幾つかの疑問を率直にぶつけてみました。
すると、すぐに弁護士の先生から回答が返ってきました。

まず、離婚にかかった費用を負担して欲しいと言われたが、
こちらに支払義務はあるのか。
回答は『なし』でした。
【離婚は遡って結婚がなかったことになるわけではないので、
結婚した以上は、結納や挙式など結婚準備にまつわる諸費用は目的を達成しており、
請求する根拠はない】
とのこと。
仮に相手の要求が“結婚生活にかかった費用”をさすのだとしても、
【結婚生活は夫婦相互の扶養義務があり、かかった費用を返還せよ、は成り立たない】
とのことでした。

次に、夫が私に隠し事をしたまま結婚したのですが、
そのことを私からの離婚の理由にしたり、こちらから慰謝料を請求する根拠になるか。
これに対する回答は『なり得る』でした。
病気にもよりますが、夫の場合、私の協力(食事療法など)が得られずに病気が悪化する可能性もあり、
また、病気のため性生活も成立しません。
なので、病気を隠していたことは離婚理由ないし慰謝料請求の対象になり得る、
ということです。
また、別居であるはずの義姉が婚家に入り浸り状態であることそのものは
離婚や慰謝料請求の理由にはなりませんが、
結婚前にそれを黙っていたことや、結婚後の夫の態度などから、
離婚理由ないし慰謝料請求の対象になり得る、とのことでした。

つまり、夫は私に対して不誠実だった、ということですね。
私はこのことに対しては、結婚詐欺に遭ったようなものだと思っています。
特にネックとなっている、高圧的な態度を取る義姉については、
私の部屋に勝手に入らないでくれ、といくら夫を通して頼んでも改善されなかったし、
あの家に私のプライバシーはありません。
「上がるよ(2階なので)」「入るよ」の一言もなく、ヅカヅカと入って来るのです。
私は使用人か住み込みのお手伝いさんでしかない、と思っています。
さもなければ、いつまでもゲスト扱い。
婚家には、私の居場所はどこにもないんです。

先日、私の両親と話した時、父に初めて言ったことがあります。
それは、義姉が何かにつけて「うちは」「我が家では」を連発すること。
母にはよくメールなどで話していましたが、父はメールを利用しないので、
あまり細かいことまでは話していませんでした。
が、この話を聞いた途端、父の顔色が変わりました。
『お義姉さんというのはその家に住民票のない、無関係な他人だろう?
そんな人間がなぜ「うちは」を振りかざすのか。そこはお前(私)の家だ。
いくらお義姉さんでも「うちは」なんて言う権利はない。
俺はそれを聞いて、今、非常に気分が悪い。
今ここにお義姉さんがいたとしたら、俺は何をするかわからんぞ!』
そこまで言いました。
普段、穏やかで無口な父ですから、これには母も私も驚きましたが、
それと同時に、私のためにこれほど怒りをあらわにした父を見て、
涙が出そうでした。

既に二人だけの問題ではなくなり、やはり結婚は家と家とのことだから、
という夫の半ば強引な理屈により、
来月早々に両家で集合し、話し合いを持つことになりました。
最初に離婚したいと持ちかけたのは私ですし、
公の場で話せることでもないので、こちらから相手宅へ出向く予定ですが、
一体どんな展開になるのか、ちょっと怖い気もします。
手を出すところまではいかないでしょうが、もしそんなことがあるとすれば、
逆上した義姉か、私の父親か。
それを止める冷静さも必要になってきます。

自分の就活と離婚と…しんどいことばかりですが、どちらも避けて通れません。
全力で最善を尽くしたいと思っています。

ここまで書いたところで、昨夜、心配した弟が実家へ駆けつけてくれました。
そこで「鬱病の診断書を持参すること」「会話を録音しておくこと」
などアドバイスをくれました。
さらに、荷物を出す時には俺が車を調達して実家まで運ぶから心配するな、と。
弟は時間などに融通のきく自営業なので、本当に助かります。

このブログをお読みくださっている皆さんには、
いつもご心配や応援をいただいて、本当に感謝しています。
今暫く、見守っていただけますよう、お願いいたします。
[PR]

by fujimal_love | 2014-04-24 15:14 | 離婚関連 | Comments(0)

ネガティブです…

里帰りして1ヶ月半が過ぎました。
思うように足の痛みが取れない中、
早く婚家に戻らなきゃ、と思いつつも、
あの小姑の天下でしかない家に戻るのかと思うと
気分が滅入りがちな今日この頃。

昨日、母に、早くここを出て行け、帰れ、というようなことを言われて、
母の複雑な気持ちもわかるだけに、ものすごく辛くて…。
母も言い過ぎたと思ったのか、
夜、合唱の帰りに最寄り駅まで母が迎えに来ていました。
「迎えなんかいいのに。だから特に帰るメールもしなかったよ」
と言うと
『うん、なんか落ち着かなくてね』

でも婚家に帰りたくない理由は、小姑だけでなく
小姑に頭が上がらず、器の小さい夫にもあるんです。

土曜日に
“手持ちの現金が少なくなったので、
明日にでも持って来て貰うか、私の口座に入金して欲しい”
とメールしたら
[今日は休日出勤しているから、早めに終わりそうなら持っていく]
と返信があったので
“申し訳ないけど今日は夕方から出かけるから”
と送ると、パッタリとメールが来なくなりました。
母曰く
『あんたが羨ましいんだよ。彼は社交的でないし』
それを聞いて
「器の小さい人だな」
と思ってしまいました。

more
[PR]

by fujimal_love | 2014-02-26 13:41 | 療養生活 | Comments(4)

あり得ない話、だと思いたい

小姑との同居話(過去日記)のその後。
先日、実家に帰った折、父が聞いてきました。
「もしお義母さんが亡くなったらお義姉さんはどうするんや?」
そこで、夫が3人で同居したいと言ってる、と伝えたら
「え、それは不自然やろ。
第一、同じ家で主婦が二人もいたらうまくいくワケがない。
お義姉さんは自分の家持ってるんやし、
今のまま別所帯で、多少〇〇くん(夫)が経済的援助をする、
という形でいいんと違うんか?
それが自然やろ」
それを聞いた母も
「そうよね。
でも本気で同居の話になったら、お父さんの出番やね」

結局
“お義姉さん自身が嫌がるだろうから、あり得ないよね”
というところで落ち着きました。

両親も反対してくれそうで、安心しましたが、
小姑との同居なんて、やっぱり誰が聞いてもおかしな話ですよね(>_<)
[PR]

by fujimal_love | 2013-12-18 15:58 | 結婚生活 | Comments(2)

ボランティアじゃない!

『将来は姉と3人で暮らす』
そんな信じられない言葉を、夫から聞かされました。

今、自宅のリフォームや修繕を順次進めているのですが、
もう築30年になり、かなり老朽化していて、もってあと10年。
これが最後の修繕になるだろう、とのこと。
昨日も雨漏りが発覚し、メインの屋根を剥がしての工事になりそうで、
それが済むと、キッチンのリフォームが控えています。
そんなこともあって、流れで将来の話に。
義母が亡くなる頃にはこの家も老朽化がさらに進みます。
加えて、私の左足股関節のこともあり、
今のように2階への昇降が伴う生活から、1階での生活に変える必要もある。
その時、自宅を平屋に建て替えるか、マンションなどに引っ越す、
という選択肢が出てきます。
私たちのみならず、義姉も歳を取るワケで、
「母が亡くなったら姉を一人にしておくのは心配だから
それ以後は3人で暮らそうと考えている」
と。
驚いて、もうあとの言葉が出ませんでした。
冗談じゃない。
今でも拒否反応でいっぱいな毎日です。
いくら夫の肉親でも、合わない相手とこれ以上一緒にいるのは無理。
だけど、そんな私の気持ちなど、夫には所詮わからないのでしょうね。
今すぐ、ということではないし、同居すると決まったワケではないけれど、
現段階で夫の口からそういう話が出たということに対して
ショックが大きく、何も手につきません。

一人暮らしの姉が心配だという夫の気持ちはわかります。
が、果たしてそこまで夫が責任を感じる必要があるのでしょうか。
同居についてはまだ、夫の頭の中だけのことだと思うので、
自分から実家を出た義姉が「うん」と言うかどうかは
現時点ではわからないことです。
拒否するかも知れないし、喜ぶかも知れません。
でも、もし私が義姉の立場だったら、弟夫婦と同居だなんてとんでもない。
お嫁さんのいる弟の生活を邪魔するなんて、考えも及ばないことです。

義母の介護を任せていて義姉に頭が上がらない、
という気持ちもわかりますが、
自分の親なら面倒を見るのは当然のこと。
義姉との同居までいくと、私に言わせれば夫の見栄か自己満足で、
「優しい、姉思いな弟」を演じたいだけなのかと思ってしまいます。
それに私を巻き込まないで欲しい。
さらに義母から聞いた話では、義姉は結婚したくなかったとのこと。
そんな義姉の自分勝手に弟のみならず義理の妹を巻き込む権利など
ないと思うのです。
そんなことを思う私は、身勝手で薄情な嫁かも知れません。
だけど、私はこの家にボランティアに来たワケじゃない。
こんなことを夫が考えていたとはつゆ知らず…。

今、リハビリに通っている整形外科の近くに心療内科の看板があり、
これまでにも何度電話しようと思ったかわかりません。
でも、もう少しの辛抱だと言い聞かせ、何とか避けてきました。
が、夫との意識がこのように完全にズレているのがわかった以上、
それももう時間の問題かも知れません。
[PR]

by fujimal_love | 2013-08-26 10:04 | 結婚生活 | Comments(0)

決行。

昨夜、夫とは別室で寝ました。

別室とはいっても、隣です。
直接は姿が見えないだけで、
私の部屋には空調がないため襖は開けてあるし、
完全な別室というワケではありません。
なので、多少の物音はしますが、
すぐ隣でゴソゴソされるよりは随分マシ。
おかげで割とぐっすり眠れました。

昨日の朝のこと、また4時30分からTVをつけた夫。
夫の目を覚ました気配で目が覚め、
リモコンをガチャガチャといじる音。
カタい木の机に、エアコン・TV・照明のリモコンを置いているので、
少しの物音でも響くんです。
さらに鈴のチャームのついた携帯や、腕時計(アームも金属製)をいじる音も。
そこから私は目を閉じたまま1時間30分近くまた辛抱。
私は就寝時コンタクトレンズをはずしているため、
TV画面を見てもよくわからないからです。
そして、当の夫がすぐにいびきをかき始めたのを背中で聞いて、
もうこれは今夜「決行」だな、と。

夜になり、夫がお風呂に入っている間に、
別々に布団を敷きました。
入浴後、2階へ上がってきた夫
あれ? 今日はこっちで寝るの?
ごめんなさい。
悪いけど、朝、TVが気になって、目が覚めてから眠れなくなるので
あぁ、ゴメンゴメン。
別にTVをつけないとダメということはないんやけどね。
そちらで寝るのはいいけど、そっちの部屋、冷えが悪いから暑いん違うの?

いえ、大丈夫。

(暫く間があって)
確かに5時30分頃からTVをつけてるけど…
(枕元に時計置いてるじゃんと思いつつ)
いえ、だんだん早くなってます、今朝も4時30分でした
(自分はいびきかいてたくせに、とまでは言わなかったけど)
あ、そうだったかな。
今、何時頃かなぁ、というのがわかるかと思って。
でも、それだったら言ってくれたらよかったのに

いえ、時計代わりだろうと思ったし、平日だけこっちで寝ますから

すると悔しかったのか、こんな言葉が返ってきたんです。

襖開けてるし、そっちで寝ててもTVついたら気になるから同じやと思うけど?

そういう問題じゃない。
夜明け前から隣でゴソゴソされるのが迷惑なのに、
やっぱりそういう言い方するんだ。

うん…

もう、そのあとに言葉を続けるのはやめました。
夫も最初にせっかく謝ったんなら、
何のフォローにもならないことをわざわざ言わなきゃいいのに。
でもそういう認識なら、もう会話しても意味ないし。

結局、昨夜から今朝にかけて、夫はいっさいTVをつけず。
(変なとこ意地っ張り)
いつも通りにすればいいじゃん(-_-)
と、またイヤミに感じてしまう私。

はぁ~、疲れる(>_<)
[PR]

by fujimal_love | 2013-07-17 15:11 | 結婚生活 | Comments(0)

勘弁してよ(>_<)

最近、夫が朝TVをつける時間がどんどん早くなっています。
最初の頃は5時半頃~だったのに、今は4時半。
眠れなくて、朝食後から睡魔に襲われます。
本人はTVをつけたあと、起床する6時前まで高いびき。
消してやりたい、と一瞬思うのですが、
起き上がってリモコンを取る気力もなく…。
寝るんだったらTVつけるな!

あと、何を考えてくれたか知らないけれど、
数日前から突然、行動パターンを変えられて、
家の中の動線が狂うことも出てきました。
私たちの部屋は2階です。
私が階段を降りようとすると夫が上がろうとする、
私が階段を上がろうとすると夫が下りようとする。
階段下の廊下は狭いため、どちらかが待つことになります。
そんな場面が激増し、イライラ。
夫の動線を考えて行動してきて、数日前まではスムーズだったのに、
いっぺんに狂ってしまった。

もう、余計なことしないで!
はぁ~、疲れる(-"-)
[PR]

by fujimal_love | 2013-07-12 09:58 | 結婚生活 | Comments(0)

困った姉弟(-_-;)

彼家族の故郷(長崎・島原)へ来月帰省しますが、
その話になると、ことさらにデクは
『アンタらの新婚旅行も兼ねてるんやから』
を強調します。
それを最初に言い出したのはデク。
『その旅行があるから、今月下旬の夫の休暇は外出を控えろ』
と言ったのもデク。
夫「そうするわ~」
何かすべて、デクの言いなり。
その時の旅館の部屋をランクアップする代わりに、
『費用を私が出してあげる』
とデクはいうのですが、それって何だか
『私のおかげでアンタたちは新婚旅行に行けるのよ』
と言われているような気分になるんですよね。
デクにはそんなつもりはないだろうけど、
毎回のように言われると、恩着せに聞こえて仕方がない。
夫も夫で
「じゃあ、任せるわ~」
と言うし。
私にしたら、半分は夫に出して欲しいけど、
私は無職でお金が出せないから、発言権がありません。
デクのお金で新婚旅行、なんて、考えただけで嫌。
しかし夫よ、キミにはプライドというものがないのか。
どこの世界に
“小姑出費の小姑つき新婚旅行”
なんてものがあるんだ!?

あと、先日の夫の発言にもムカッ(-"-)
グラニュー糖がなくなったので、
シュガーポットに白糖を入れておいたら
「白糖はグラニュー糖に比べて甘みが強いんよねぇ」
とのたまった。
なら量を加減すればいいこと。
カロリーを抑えるならパルスイートとか
シュガーカットとか使う方がいいと思う、
と言ったら
「人工的な甘味料は何か抵抗があってね」
とごまかす。
色んな病気を引き寄せる糖尿の怖さを全く自覚していない、ワガママ男。
最悪の場合、手足が壊死しても知らないからね。

…ったく、勝手な持論を振りかざす、困った姉弟です。
[PR]

by fujimal_love | 2013-07-10 11:26 | 結婚生活 | Comments(0)

母の来訪

とうとう母が心配して、やって来ました。

土曜日はお中元の手配に私も義姉や夫に同行する予定でしたが、
女子の日2日目で調子が悪かったので、
お留守番をさせて貰っていました。
お昼にはみんなが帰宅し、昼食を終えて暫くすると、
母から携帯に着信が。
2階で一人横になっていたので、ぼんやりした頭で電話に出ると、
母「近くまできたけど道に迷った」
私「え?来てるの?」
驚きつつ、現在地を教えてくれたが私も周辺がわからず
(住宅街で殆ど目印がないんです)
下に降りて母が来たことを伝えるのもはばかられて、
母も、取り敢えず探して行く、というので
電話を切ってから思い出した目印をメールすると、
ほどなくして玄関のチャイム音。
夫が少し慌てた様子で、
夫「お母さんが来られた」
と告げに来たので、しれっとして下へ。
それから小1時間、他愛もない話をしました。

肝心の夫は隣の部屋へ引っ込んでしまい、
デクが相手をしてくれましたが、その間のデクの態度(-"-)
一回り以上年上の私の母が
「はい」
「そうですね」
と敬語を使っているのに対してデクは
「うん」
「そうそう」
とタメ語(-"-)
背もたれにもたれかかり、手を後ろで組んだりと
有り得ないだらしなさで、失礼極まりない(-"-)
そばにいる義母も何も言わないのだから、呆れてしまいます。
茶道の師範で礼儀作法に厳しかった私の祖母が生きていたら、
こんな光景はまず有り得ません。

帰る間際に玄関先で
母「これ、あげる。一度心療内科へ行ったら?」
と自分の飲んでいる安定剤を手渡し、夫へ
母「○○さん(夫)にちょっとお話があったんですけど」
そう小声で言ったところへデクがすぐ後ろから出て来たので、
察したのか、
夫「車で駅までお送りしましょう」
と申し出てくれました。
私も一緒に乗れば、と促されましたが、
母だけの方が話しやすいだろうと思って遠慮しました。

駅まではすぐなので、大した話は出来なかったようでしたが、
『私が彼家族に馴染むまで、長い目で見てやって欲しい』
ということを話してくれたようでした。
ただ、話しの流れで、母が心療内科にかかっている、と言ったのを、
私が通院している、と夫が勘違いしたらしく、
あとで私にその話をしてくれた時、
夫「通院の必要があるなら、気にせず行ってきて」
と言われてビックリしましたが、あとから母とメールをして
夫の勘違いだとわかりました。
母は、
「このまま、通ってたことにしといたら?」
と言ってくれたので、その後は触れていません。

母が帰ったあと、また横になろうと2階に上がった途端に
嬉しかったのと情けなさとで急に涙が出て、止まらなくなりました。
その後のメールで
母「急に訪ねて行って迷惑だったかなぁ。
どうしても行かなきゃ、という想いだけだったから」
と…。
やっぱり、母には敵いませんね(T_T)

ごめんね、お母さん。
暑い中、遠いところをありがとね(片道2時間)。
弱音吐いてばかりいるけど、何とか頑張るから、
もう少し見守っていて下さいm(__)m
[PR]

by fujimal_love | 2013-07-01 11:11 | 結婚生活 | Comments(2)