It's all right.

fujimal.exblog.jp

大丈夫。まだまだ、これから。

ブログトップ

タグ:思い出 ( 12 ) タグの人気記事

同窓会 in 大阪梅田

昨日は、6年前に解散(卒業)した職場の
同窓会があり、
開始前に、一人で以前の職場を覗いてみました。
約80のショップが入る複合商業施設で、
私が勤めていたのはそのオフィスでした。
施設はオーナーが変わった今も健在。
事務所解散当時からすると、
ショップはかなり入れ替わっていましたが、
今も若者で賑わい、大阪ミナミ・アメリカ村の
ランドマークとしての存在感はそのまま。
懐かしさでいっぱいでした。
解散当時にはなかったスターバックスで暫し休憩してから
同窓会会場へ向かいました。

遠方から新幹線に乗り
日帰りで駆け付けた当時の社長。
7年以上ぶりに会う先輩。
出産直後の後輩。
みんなの顔を見て、やはり、いい職場だったなぁと
改めて実感しました(^^)
また病に倒れ、解散3ヶ月後に急逝した先輩の話も出て、
誰よりもこの職場を愛していた人でしたから、
生きていたらきっと毎年お会い出来ただろうと思うと、
一抹の寂しさもあります。

一方、毎回恒例の近況報告で、
昨年結婚したことを報告した私。
ここにイタイ日記をしょっちゅうアップしている身としては
みんなの「おめでとう」の言葉が少々辛かったけれど、
何とか笑顔で誤魔化しました(^_^;)

more
[PR]
by fujimal_love | 2014-02-23 10:45 | お出かけ・ショッピング | Comments(0)

記憶の中に

まだまだ深い悲しみの中ではありますが、
少しずつ、彼に関するものを処分し始めました。
といっても僅かなものですが。

まずは、結婚関連。
今朝は紙資源ゴミの回収日だったこともあり、
結婚式場やジュエリーショップからの資料を処分しました。

次に、携帯電話。
電話帳から彼の登録情報を削除。
彼の画像データなども見ると辛いため、消しました。
ただ、SDカードに残した、1000通を超える彼からのメールは
まだ消すことが出来ません。
出会いから9ヶ月以上、一日も途切れなかった、彼の優しさ。
これを消し去るには、もう少し時間が必要です。

PC内の結婚関連サイトなども一掃しました。

そして、彼と出かけた先のパンフレットやチケット、レシート。
映画館、海遊館、甲子園、淡路島…。
思い出が鮮明過ぎて、また泣きじゃくってしまいました。
その中で、どうしても捨てられなかったものは、
花キューピットから贈ってくれた、
誕生日アレンジメントの納品書。
そこには彼の気持ちがギュッと詰まっていて、
まだどうしても、捨てる気持ちにはなれません。

こうしてみると、見事な引き際だったなと思います。
もちろん意図的なものではなかったでしょうが、
指輪も結局貰わなかったので、メール以外で手元に残ったのは、
花キューピットの納品書と最後の手紙だけ。
それらもいつか処分してしまえば、見事に何も残らない。

記憶の中にだけ残り、記憶は美化されていく。
こんなに悲しみが深いのに、すでに、
いつか素敵な思い出に変わると確信出来ています。
不思議なものですね…。

居場所を明かさずに去っていった彼の、最後の優しさ。
私と一緒にいても冥福を祈ることは出来るのに、という思いはあるけれど、
息子さんの眠る土地で暮らすことが彼の希望なら、
私は彼の気持ちを尊重したいと思います。

もう一人いらっしゃる息子さんのためにも、長生きして欲しい。
 
 
[PR]
by fujimal_love | 2012-03-14 14:36 | 回想録

落ち着け、私


先週の予定だった挨拶のリベンジを達成するため、
明日、彼がやってくるのを前に、不安定な精神状態の私。
父とは努めて普通に接していますが、一触即発なムード。
ドタキャンされたお怒りはもっともだけど、
お願いだから明日は笑顔になってよ(-_-;)

そんな私を励ますかのように、昨日、
小包が届きました。
差出人は、この春ひっそりと亡くなった友人のお母様。
粗供養をお送り下さいました。

これ(洗剤ギフトでした)どこにしまう?と聞こうとした私に
ニッコリ笑って母が一言、
『いいから、アンタ持っていきなさい』
母は今回の結婚を本当に喜んでくれているようで、
ちょっと目頭が熱くなりました。

友人のお母様に宛てて、粗供養のお礼のお手紙を
今、書き終えたところです。

 ★まだお別れしたことが信じられないけど、
  空の上から、ちゃんと私をフォローしてくれるなんて
  ありがとね、○○さん(T_T)
[PR]
by fujimal_love | 2011-12-03 15:45 | 友人のこと

36年ぶり

 
10月25日

もうこれが最後になるだろう、ということで、
なかなか行けずにいた父の郷へ。
母は体調を崩し、弟たちも多忙で休みが合わず、
雨の中、奈良県の山あいの村へ、父と二人の小旅行。

もう家もかなり古くなり、
管理を叔父(父の従兄弟)に任せていますが、
取り壊すにもお金がかかるので、
そのままにしている、とのこと。

道路が舗装されたことを除けば、36年前と変わらない風景が
そこには広がっていました。
当時は30件ほどあった家も、
もう10件ほどになってしまったとか。
過疎化がどんどん進んでいるようで、
96歳のおばぁちゃん(父の叔母)の元気さとは裏腹に
寂しさを禁じ得ませんでした。

もう来られないかも知れないけれど、
みんなみんな、元気でね。

 
d0155893_2012478.jpg

[PR]
by fujimal_love | 2011-10-26 20:06 | お出かけ・ショッピング

女子会

 
昨日は前々職の元同僚5人でランチタイムに集まりました。

5人のうち、最後まで勤めていたメンバーがこの夏、
ご主人のお仕事の都合で故郷へ戻られて退職したことで、
全員がその職場を離れたことになります。
今回は彼女がこちらへ遊びに来る、というので
久々の女子会となりました。

私自身も辞めてから2年経ちますが、
今でもこうして声をかけて貰えるのは
本当に有り難くて幸せなことだなぁと
つくづく思います。

来年2月頃には、その前に勤めていた職場の同窓会も
開催される予定です。
職場が解散になった時、
社長から任命された永久幹事さん(笑)が、
今回もそろそろ準備を始めて下さっているでしょう。
また懐かしい面々に会えて嬉しかった、と日記に書けるのが
今から本当に楽しみです。
[PR]
by fujimal_love | 2011-10-23 15:51 | 仕事

祝賀パーティー


d0155893_1746954.jpg


昨日の祝賀パーティーは、私たち母娘にとって、
同窓会になりました。
20年以上ぶりに会う人や、北海道・関東・北陸地方から、
そして、車椅子で駆けつけてくれた人も。

私が入団した80年代は今の3分の1ほどの人数だったせいか、
みんながとても仲良しでした。
なので、未だに結束力が固い、そんな気がします。
現在のような常時200名超えの合唱団ももちろん誇りですが、
団員全員と話をすることは不可能で、
顔と名前の一致しない人が多数。
それに比べると当時は本当に楽しかったなぁ、と。
思い出話に花が咲き、尽きることがありませんでした。

途中、60年間のお宝映像をDVDにしたものが
流れたのですが、
なんと20歳の時の私がスクリーンに大写しに… (*_*)
当時の私はメガネをかけていたので、
私だとわかる人は少ないだろうと思ったのは私だけで、
あとで聞くと、母の周りで見ていた人たちは口々に
「○○○ちゃん(私)だ~」と言っていたそうです(^^ゞ
あのどよめきはそうだったのか…あぁ恥ずかしい。

でも、あの映像はまぎれもなく私がいたことを証明するもの。
改めて光栄で幸せなことだと実感しています。

“昨日「今度70周年の祝賀パーティーがあっても、
もう10年後はいないかもねぇ」なんて言っちゃった”
母も自虐ネタで言ったつもりだろうけど、
私もアハハと笑うことしか出来なかったのは、
母がいないということがまだまだ信じられないから。
でも、母にとっては昨日があまりに楽しかったせいもあり、
これは本音だろうな、とも思いました。

いやいやお母さん、長生きして、また母娘で出席しよう、ね!


d0155893_17471511.jpg

d0155893_17473445.jpg

[PR]
by fujimal_love | 2011-08-07 17:23 | 音楽・合唱

“贈る言葉”

  
母校の恩師が、この春退職されました。
一週間ほど前に寄せ書きを贈ろうという呼びかけがあり、
ぜひにと参加しました。

先生との出会いは中学に入学した春。
特にコーラスをしようと思っていたワケではなくて、
幼馴染のお姉さんがコーラス部にいることを知り、入部。
そこで顧問をされていたのが恩師でした。

文化祭が5月初めにあるのですが、
なんと入部間もない1年生の私もそのステージに。
その時からの楽譜はすべて保管してあります。
幼い文字の書き込みがいっぱい。
懐かしいですね。

長い時を経て、コーラス部の後輩の叔母様が
同じ合唱団にいらっしゃることを、昨年知りました。
不思議なご縁だなぁと思います。


 ―先生。
  私が今、合唱団で歌っているのは、
  仲間と心を一つにして歌うことの楽しさを教えて下さった
  先生のおかげです。
  いつまでも、お元気で。
[PR]
by fujimal_love | 2011-04-18 22:26 | 母校のこと

同窓会in心斎橋

  
今日は前々職の3度目の同窓会でした。
事務所が解散して3年。
こうして毎年集まれる幸せは、かけがえのない宝物です。
当時の社長も遠く福岡から駆けつけて下さり、
心の底から笑い、楽しまれていたようでした。

思えば昨年もこの同窓会はあり、日記にも書きました。
この時の私は離婚後半年足らずで、職業訓練受講中で無職、
という、暗闇を歩いていました。
今年はそれぞれの状況もガラリと変わり、
私自身も職が見つかったことや、
数年間中断していた合唱を再開したことを報告出来たのは
本当に嬉しいことでした。
皆さんもそれぞれに頑張っておられて、
いい意味で触発されることも多々ありました。

もう一つ嬉しかったのは、男性陣から、
『女性陣が綺麗になっていた』と言われたこと。
更に個人的には『痩せたね』とも。
先日、合唱団の男性メンバーにも同じことを言われ、
実際に少し体重は落ちたのですが、
この時は社交辞令かと思っていました。
今日また別の人にそう言われて、単純に喜んでます。

最後には、来年も同じく2月の第3土曜日に集まる約束をして
お別れしました。
今年来れなかったメンバーが2人いましたが、
来年は全員が集まれますように。

それまで私もまた一年、頑張ろう。
[PR]
by fujimal_love | 2011-02-19 23:40 | 仕事
  
週末、我が家に一通の招待状が届きました。
招待は母と私宛て。
年末に復帰予定の合唱団で、
約20年前に一緒に歌ったメンバーと
ゆっくり語り合う機会を持とうという趣旨でした。

4ヶ月前、合唱団の常任指揮者祝賀パーティに参加された
東京在住の元団員さんが、20年前の在団当時を思い出して
その時のメンバーともう一度会いたいと
希望されたのだそうです。
その方は私のこともよく覚えていて下さり、
パーティでは同じテーブルだったこともあって、
思い出話に花が咲き、
お開きでは名残惜しそうになさっていました。

『思い出の会』は来月下旬の日曜練習修了後。
合唱を通じて、このような楽しい機会が与えられたことを
本当に嬉しく思い、
復帰出来る喜びを改めて噛み締めています♪
[PR]
by fujimal_love | 2010-12-13 22:36 | 音楽・合唱

40年間、お疲れ様

 
d0155893_10171876.jpg

愛用のホッチキスが壊れました。

きのこの形がなんとも可愛いこの子は、
私が小学校に上がると同時に我が家にやってきました。
とある文具店でひと目惚れして母にせがんだことを、
おぼろげながら覚えています。
きのこ部分と台座は木製で、手によく馴染み、
とても愛着がありました。

あれから40年。
私の持ち物の中でも、特に古いこの子。
きのこのペイントも剥げ、金属部分はかなり錆付いて、
昨夜、書類をまとめる作業の途中で、
とうとう動かなくなってしまいました(T_T)

でも、長い間、本当にありがとう。
お疲れ様 。
このままお別れするにはしのびないから、
あと暫くの間、オブジェとして楽しませてね(^_-)-☆
[PR]
by fujimal_love | 2010-08-22 13:25 | その他