It's all right.

fujimal.exblog.jp

大丈夫。まだまだ、これから。

ブログトップ

1年半のブランクの後、昨年1月から同じ合唱団に何度目かの復帰をして
続けている合唱。
ところが、復帰直後から何となく声が出にくい、喉の違和感が取れないな、と。
単にソプラノの音域が高音だから、というワケではなく、
先日、友人とカラオケに行った時もすぐにかすれて、うまく歌えなくなってしまって、
我ながらショックを受けました。
こんな声で合唱を続けても、先生の求める声は出ない。
来年、悲願のドイツレクイエムを歌ったら、もう退団した方がいいのかも・・・。
最近ではそんなことが頭をかすめるようになりました。

でも今日になって、いや、待てよ、と。
ふと思い立ち、更年期のカテゴリで検索してみると、やっぱり出た。
喉の不快感。
まさしく更年期の症状でした。

合唱をやめる、と言うと母が
「まだ早すぎるでしょ」
と言ってましたが、そうかも知れません。
本気で来年のサマーコンサートを最後にしようと考え始めていましたが、
思い留まりました。
考えたら、私より年齢の高い人もたくさんいらっしゃいます。
それに、彼も年末の第九演奏会を楽しみにしてくれている。
何より古参の私にとって、今の合唱団は居心地が良すぎ(笑)
やっぱりまだまだやめるワケにはいかない。
出なくなった高音は出ないものと諦め、少しセーブしながら続けよう。
そういう結論に達しました。

何でもかんでも更年期のせいにするな、と言われたりしますが、
自分がそれで納得して気持ちが軽くなるなら、それでもいいじゃないか、と
最近は開き直っています(^m^)

さぁ、明日は日曜練習だ♪
少し力を抜いて、頑張らずに頑張りましょp(^^)q
[PR]
by fujimal_love | 2015-10-24 20:40 | 音楽・合唱 | Comments(2)

土曜日について

就業先の事情で4月から土曜日が原則休みになった。
が、休みが増えて嬉しいかと思いきや、いいことなんて一つもない。

まず、週明けの月曜日がメチャクチャ忙しくなった。
今の職場に異動したのは3月。
3月中の月曜日はここまで忙しくはなかったのに、
4月以降、翌日への繰り越し業務が大量に発生してしまう事態が慢性的に続き、
連日の残業も珍しくない。
多忙を理由に、私を含む異動メンバーの研修が実施されないまま、いきなり実務に。
当然の結果として、ミスが続発。
上長たちが改善策を練ろうとするも、相次いで発覚するミスの発生に追いつかない。
でも、時間的余裕があれば防げたミスは多いはず。
こんなことになるくらいなら、土曜日にパソコンが稼働出来なくても
手作業で行える業務はたくさんあるのだから、出勤にして欲しい。

月曜日の業務が繰り越されると火曜日に残業が発生することになり、
合唱の練習にも差し支える。
演奏会を来月末に控えて、練習を休みたくないこの時期の残業は、特に有難くない。
ただでさえ、入社当時から出勤・退社時間が30分繰り下げになり、
練習前に虫抑えをする時間が減ってしまっている。
しかも先日決定した7月のシフトでは、演奏会前日に休みが取れず(-.-)
この日はオーケストラとの合わせ練習があるのだけれど、
定時まで仕事をしていたら遅刻する。
演奏が始まったら、途中で練習会場には入れないから、
小休止まで外で待たなければいけない。
さらには演奏会の翌日も休みが取れず、出勤に。
この日だけ、たまたま10時出社のショート勤務になっているのが不幸中の幸い。
7月は大の月なのに、休み希望は普段の月より少ない3日しか申請出来ないって
そもそもそこがおかしいよね(-"-)

そして、土曜日出勤にして欲しいもう一つの大きな理由。
デートがなかなか出来ない。
土曜日はどこへ行っても混雑するからイヤだ
と言って、彼がデートしたがらない。
一度、土曜日に会ったら、彼のご機嫌の悪いこと。
車での移動で渋滞、レストランも大混雑でうるさい、と愚痴ばかり(>_<)
私だって、せっかくのデートで彼の不機嫌な顔を見たくはない。


ハンパない忙殺感の緩和と彼のご機嫌のために、
土曜出勤に戻して下さいm(_ _)m



ってムリか・・・
[PR]
by fujimal_love | 2015-06-27 21:19 | ひとりごと | Comments(0)

スコアがTV出演!?

先週、地元のTV局が合唱団の取材に来ていました。
放送は本日午後9:30からのニュース番組中の特集にて。
今日は練習日でしたが、野球中継が少し押したので間に合った(^^)v
母と2人で見ていたら、なんと私が使っているスコアが大映しに\(◎o◎)/!
いや~、いつの間に撮っていたんだろう、気が付かなかった。
私本人の露出は少なかったけど、このスコアがいい仕事してくれました(*^_^*)


d0155893_23001566.jpg


[PR]
by fujimal_love | 2014-07-08 23:03 | 音楽・合唱 | Comments(0)

初練習♪

24日、初練習に行ってきました。

ご挨拶しきれないほど、たくさんの方に復帰を歓迎していただき、
喜びのうちに初練習を終えました。
やっぱりここはとても居心地がいい…心底、思いました。
久し振りに自分の居場所を取り戻せた、そんな気がします。
年内はもう練習がないので、1月7日が待ち遠しいです。
[PR]
by fujimal_love | 2013-12-26 15:19 | 音楽・合唱 | Comments(2)

いよいよ♪♪

d0155893_14555428.jpg

24日(火)から復帰する合唱団は、明後日が第九演奏会の本番。
それを前に、練習風景の取材があったとのことで、
昨日の神戸新聞(阪神版)に記事が掲載されました。
我が家は神戸新聞を購読していますが、地域が違うため載っておらず、
この写真は合唱団のホームページからお借りしたものです。
見慣れた面々が写っていて、懐かしい~☆

もちろん、明後日の第九は夫と聴きに出かけますし、
24日からの練習に向けて、夏の演奏会の曲目の予習をしています。

でも、毎週、夕方から家を空けることに対して、
義姉に気兼ねをしてしまい、なかなか言い出せず。
今日、この記事の写真をプリントアウトしたものと、
明後日出かける演奏会のリーフレットを一緒に見せ、
ドキドキしながら、合唱団に復帰させて欲しい、とお願いしました。
ノミの心臓が壊れるかと思いましたが、案外すんなりとOKをいただき、
まんざら冷たい人でもないな、と。
練習後、夜遅くなるならタクシーで帰って来たらいいよ、とのお言葉も。
却って実家に泊まりたい私には有難くも迷惑?な提案だったので、
「お金もかかるし、練習が終了時間を超えておすこともあるので、
そういう場合は実家に泊まって翌日帰らせていただきます」
と非常線を張っておきました。
婚家は一日が早く、10時頃というと義母も、
そして下手をすると夫も布団に入っている時間。
そんな時間にガサゴソと帰ってお風呂に入ったりするのも
正直気が引けます。
それで、本当は毎週実家に泊まって翌日帰るつもりでいますが、
そこまで言うのもなかなか難しく…。
でも、いざとなれば夫に、泊まるから、と連絡すればいいので、
そう気をもむこともないかな、とも思います。

というワケで大汗をかきながら義姉からも得られた承諾。
素直に感謝して、練習に励みたいと思います。
明後日、メンバーの皆さんに会えるのも本当に楽しみですし、
24日の練習開始がますます待ち遠しくなりました。

いろいろ、頑張らなくっちゃp(^^)q
[PR]
by fujimal_love | 2013-12-09 14:57 | 音楽・合唱 | Comments(0)

Nコン♪と私

14日(月・祝)久しぶりにのんびりと『Nコン』を義母と一緒に見ました。
『Nコン』とは『NHK全国学校音楽コンクール』の略。
私も中学3年生の時、ようやく公の場で披露出来る規模のコーラス部になり、
一度だけ、参加したことがありました。
合唱コンクールで演奏される曲目には、課題曲と自由曲があります。
私が参加していた当時の課題曲は、
エラ~イ作曲家の先生方が作られたものでした。
昔の曲は、やはり抽象的で堅苦しいイメージのためか、
学生の歌う表情も硬く、今のように楽しそうではなかった気がします。
しかし現在は、中学生向けの課題曲は
有名アーティストが手がけることが多くなりました。
歌っている中学生たちも、とても楽しそうで、
表情が豊かなのが印象的でした。
やはりポップス感覚で気持ちを込めやすい、という点が大きいのでしょう。

数年前の、アンジェラ・アキさん作曲の「手紙」は記憶に新しいと思いますが、
今年“ゆず”が提供した「友 ~旅立ちの時~」もとても爽やかでいい曲です。
義母も、いい歌だねぇ、と。
昔のエラ~イ先生方が作られた、抽象的で堅苦しいイメージの強い歌より、
私が今、中3ならこれを歌いたいですね。
全国大会の会場には“ゆず”の二人も登場し、中学生たちも大興奮!
今の子供たちは羨ましいな、と思いました。
ちなみに、来年はEXILE・ATSUSHIさんが手がけるそうです。

一方で、私が復帰する合唱団では、冬は「第九」を演奏しますが、
夏は阪神淡路大震災以降は「レクイエム(鎮魂歌)」が中心です。
やはり、神戸と震災とは切り離せないものですし、
災害はいつ、どこにやってくるかわかりません。
東北の復興もまだまだですし、世界中で災害が起こっています。
その意味で、私が所属する合唱団の取組みには
深い意義があると思っていますし、
私自身も、中学入学と同時に始めた合唱を、
今後も続く限り歌い続けたいと思います♪♪
d0155893_14485122.jpg

[PR]
by fujimal_love | 2013-10-22 14:49 | 音楽・合唱 | Comments(0)

入団申込完了!

昨日のことですが、古巣の合唱団のHPを開いたら
団員募集が開始されていたので、入団申込をしました。

その前に、挨拶がてらソプラノのパートリーダーをしている女性に
ちょっとドキドキしながら電話をかけました。
突然の電話に驚いた様子でしたが、
私だとわかった途端、嬉しそうな声に変わり、
合唱団に復帰したいと言ったら喜んでくれました。
来年の夏に歌う曲は18年前に演奏したもので、
私自身も歌ったのですが、
電話をしたのは、その当時使っていた楽譜を今回も使ってもいいか
その確認もしたかったから。
結果は、OK(^^)v
これで、入団準備は整いました。
あとは12月24日(火)の初回練習日に顔を出すのを
待つばかりです。
神戸市周辺にお住いの、合唱の好きな方、
ドヴォルザークのレクイエムをぜひご一緒に歌いませんか☆

1年半ぶりの復帰になりますが、
知った方がたくさんいらっしゃるので、
皆さんにまた会えるのもとても嬉しいし楽しみです♪♪
[PR]
by fujimal_love | 2013-10-09 15:14 | 音楽・合唱 | Comments(0)

井植文化賞 受賞

昨夜、夕飯を食べていた時、NHKニュースで
井植文化賞の受賞者の発表がありました。
芸術部門で、私が復帰しようとしている♪神戸フロイデ合唱団♪の名前が上がり、
ビックリして思わず『えっ!』とTVに釘付けに。
62年間に亘り、地域に根付いた演奏活動を続けてきた功績を
讃えられた賞です。
夫の家族もみんな見ていたので、誇らしい気持ちでしたし、
そのようなおめでたい瞬間を復帰予定の元団員として
共有出来た喜びを感じます。
メールで母に報告すると、知らなかった、と驚いていました。
母がお世話になった井上道義先生も、
大阪フィルハーモニー交響楽団の首席常任指揮者に就任されたとのことで、
ダブルでおめでたいニュースに遭遇しました。

Congratulations!!

今日から4日間、実家に里帰りなので、
母との話題がまた増えました(^^)
[PR]
by fujimal_love | 2013-09-26 21:14 | 音楽・合唱 | Comments(0)

9.11と合唱と私

NYテロから昨日でもう12年ですね。
私は当時、パートを始めたばかりで、
休憩時間に社員食堂のTVで事件を知りました。
凄まじい映像に、言葉を失いました。

その翌年の9月11日。
NYテロの犠牲者を追悼するため、世界中で歌い繋ぐ
“ローリング・レクイエム”に参加しました。
阪神淡路大震災の追悼のために結成された合唱団におり、
2003.1.17にヴェルディのレクイエムを演奏するため、
すでに練習が始まっていた時期でしたが、
モーツアルトのレクイエムを演奏した経験者も多く、
追悼演奏はまさしく私たちがやろうとしている活動。
“ローリング・レクイエム”への参加もすぐに決まりました。
当日演奏するのは全曲ではなく、
モーツアルト自身が作曲(8小節で絶筆)したラクリモーサまで。
テロで犠牲になった方々の名前が入ったネームプレートを
一人一人が身に着けて歌いました。
当日の朝、NHKの取材を受け、放送時間に合わせての演奏になりました。

あれから何度か同じ曲を演奏しましたが、
追悼の気持ちは変わりません。
震災もテロも、犠牲者はたくさん出ます。
来年、復帰して歌うのは、ドヴォルザークのレクイエム。
合唱団のメンバーにも、亡くなった方が数名います。
みんなのために、心を込めて歌いたいと思っています。

d0155893_9244383.jpg

d0155893_9251687.jpg

[PR]
by fujimal_love | 2013-09-12 09:26 | 音楽・合唱 | Comments(0)

久し振り♪

合唱団への復帰を夫が了承してくれたので、
心療内科受診は明日だから少々フライング気味ではありますが、
早速、来年のサマーコンサートで演奏する楽譜本を
押し入れの奥からうんしょと引っ張り出し、
YouTubeで聴きながら譜面を追いました♪

あちこちに書き込みのしてある楽譜は、1996年当時のもの。
表紙の裏をふと見ると、当時のパートリーダーさん手書きの
ステージオーダー(並び順)が挟まっていました。
今は退団された団員さんたちの懐かしいお名前がズラリ。
私の名前も違う(最初に結婚した当時の姓です…笑)
18年ぶりに歌うのでうろ覚えだけど、少しずつ思い出しながら、
12月の練習開始に備えたいと思います。
もし歌えなくなったとしても、絶対聴きに行く(^^)

ドヴォルザーク レクイエム op.89d0155893_84824.jpg

[PR]
by fujimal_love | 2013-09-04 09:58 | 音楽・合唱 | Comments(2)