It's all right.

fujimal.exblog.jp

大丈夫。まだまだ、これから。

ブログトップ

将来のために

頭の中を整理するつもりの記事なので、長文になります。


昨日、新リンパ療法の無料講座を受講しました。
その結果、今までのリンパ療法のイメージが覆りました。

今回、新リンパ療法の存在を知ったのは、新聞の紙面広告がきっかけでした。
ずっと、今からでも手に職がつけられたら、という思いが頭の片隅でくすぶっていたのです。
職場では来月から時短勤務日が設定されることになり、収入が減ることが決定しました。
社会保険の加入資格に影響がない範囲で、という希望は出しましたが、
来年の年金保険料は今年の収入で決まるため、収入が減るうえに保険料が高めとなると、正直キツイ。
時短になれば身体は楽になるでしょう。
でも、新たな不安が。
時短が設定されるということは、業務の効率が優先される、ということでもあります。
職場のスタッフでは私が最高齢。
20代のスタッフと比較すると、当然、業務スピードは劣ります。
効率が優先されれば、場合によっては効率の劣るスタッフ(私ですね)から
切られる可能性も出てきます。
年齢に加えて潰しのきかない事務職なので、私には今からの転職はほぼ不可能。
力仕事なども、腰にヘルニア・手指に変形性関節症を抱えていると限られてしまいます。
そんな非力な私にも持てる資格があれば、と漠然と思っていた矢先の、この出会い。
これを逃したらチャンスはなくなってしまうかも知れません。

今回受講するまで、リンパというと、流れがスムーズになるとむくみに効く、
程度の知識でした。
それは間違いではなかったのですが、効能はもっと幅広く、
例えば多くの人が抱える肩凝りや腰痛までも改善される、というのです。
腰痛に効くなら、今後連綿と続くと思われる、クリニックへの通院も減らせるかも知れません。
医療費は削れないだけに、やはり負担になります。
新リンパ療法は身体一つあれば誰でも習得出来、特別な器具が要らないという点は、
他の医療資格とは大きく異なりますし、最大の魅力でしょう。
講習を終えると同時に資格が授与され、リンパ療法士として活躍出来るようになります。

『そんなおいしい資格が本当にあるの?』

無料講座の終盤、他の参加者が申込書に記入していくなかで、
私にはずっとその疑問が残りました。
希望者には講師自ら、骨盤の歪みを矯正する施術をして貰えるというので、
もちろん私も受けてみました。
事実、あっという間に骨盤矯正が施され、その技術の凄さには舌を巻くほど。
それでも、やはりその場で申込書を書くことは出来ずに会場を後にしました。
しかし、帰宅して改めて貰った資料を読み返していると、
これは自分にとって大きなチャンスかも知れない、そう思えてきたのです。

普通、医療資格ともなると、まず専門分野の大学を卒業していることが条件だったり、
受験資格のための受験や実務経験が必須だったりして、
資格取得までに5年10年とかかるものが圧倒的です。
医療以外だとほぼスクール的なものが多く、資格取得は出来ても独立や開業までは
サポートしてくれません。
が、私が今回行った学院では、卒業後の転職や独立開業のサポートがあります。
講習を終えると同時に資格が授与され、リンパ療法士として実際に
社会で活躍出来るようになります。
正直、私に事業主になる才能があるとは思えず、資格はいくつか取りましたが、
全く使うこともないまま、10年以上が経ちました。
資格を取っても使わなければ忘れます。
これから活かしたいと思っても、再度学び直さなければ使い物にはなりません。

短期間で資格が取得出来、みんなに感謝され、収入も得られる。
こんな資格は今、他にないと思います。
不安だらけなのは変わらないけど、徐々に、やってみたいという気持ちがわいてきました。
自分に個人事業主になる才能があるとは思えないし、不安です。
さらに、今の住まいは親の家で私は居候の身なので、勝手に改築したり出来ませんし、
自分の部屋は狭くて開業スペースにはなり得ません。
資格は最長6か月あれば取れますが、それまでに自分の自由になるスペースは確保出来ないので、
そこが悩みどころ。
家族や身近な人たちに施術するくらいは出来ますが、自宅での開業は今は無理です。
それも含めて、やはり一番身近な両親に話してみたいのですが、
保守的な世代ですから、きっと反対されるでしょう。
でももう、今の仕事にしがみつくのも限界ですし、将来も考えると、
パートナーと結婚出来るのはいつになるかわからないし、
結婚後も、経済面で彼に全ておんぶに抱っこにはなりたくない思いもあります。
年金も恐らく雀の涙で、それだけではとても生活出来ない金額。
親と暮らしていても、経済的には独立していたい。
いろいろ考えると、やはり挑戦するしかない、という答に行きつくのです。

自分のみならず、彼も父も友人も腰痛や肩凝りに悩んでいます。
みんなまとめて痛みを取ってあげることが出来たら、それ以上のことはないでしょう。
そこに収入がついてくるなんて、願ったり叶ったり。
とにかく今のままでは、職を失えば忽ち生活保護受給者になりかねません。
今回の講習の申込み締切は23日。
それまでに両親に話し、特に父の腰痛を直してあげたい旨を伝えれば、わかって貰えるかな、と。

ここに書いているうちに、だいぶ頭の中も整理されてきた気がします。
無料講座では正直腰が引けていたし、猜疑心の塊だったけど、貰った資料を再度読んでみて、
やはり今がチャンスかも、と。
今夜にでも、頃合いを見計らって、まずは両親に話そうと思います。

 
 


[PR]
by fujimal_love | 2017-10-15 16:56 | 自分のこと | Comments(0)

ヘルニアと仕事と・・・

人のことを羨んじゃいけない、とわかってはいても
やっぱり羨ましいと思ってしまう自分がいます。

私が今勤めている職場では、いろんな勤務形態があります。
私はフルタイム。
保育園児・幼稚園児のお子さんがいる人は、フルタイムでも終業が1時間早い契約。
扶養範囲という条件付きの人はハーフタイム、もしくは、フル+ハーフで日数調整。
という具合です。

50歳を過ぎて、数年前まで普通に出来ていたフルタイム勤務が、
一昨年あたりから辛くなってきました。
30年以上続けていた合唱のレッスンにも、退社後に通うのがキツくなり、
昨年やむなく退団。
仕事の疲れなんて仲間と歌っているうちに飛んでしまうほど好きだった合唱を、
体力的な理由で辞めるなんて、思いもしませんでした。

今年に入って、長いお付き合いの彼から初めて将来の話が具体的に出たこともあり、
結婚したらハーフタイムに変えたい、と切実に思うようになりました。
ハーフタイムは10時~14時勤務で、旦那様の扶養範囲というスタイルには
やはり憧れます。
退社時間になり、お先に失礼します、と言って職場を後にする奥様たちは
みな幸せそうに見えて、羨ましいなぁ、と。

4年前に発症したヘルニアが昨年再発し、月に2回ペインクリニックに通っていますが、
先週の日曜日の夜、急に腰の右側部分から右足の付け根部分が痛みだしました。
昨年は左側でしたが今回は逆で、金曜日になっても痛みが思うほど引かず、
右足が上がらないため着替えが困難になるなど日常生活にも支障を来すレベルに。
嫌な予感がして、会社を早退してクリニックを受診したところ、
レントゲンでははっきりせず、来月MRIを撮ることになりました。
金曜日の朝、始業前に上司に早退したい旨を伝えた時
『急に言われても困る』
と言われ、理不尽さを隠せませんでした。
体調なんてその日にならないとわからないのに、と。
しかも昨日の土曜日は祝日でクリニックも休診日。
やむを得ず金曜日の午後診を受けるしかなかったのです。
でも上司は建前でしか話をしないし、個人の事情など汲んでくれる余裕もなく、
お大事に、の一言もありませんでした。
そんなこともあって、ハーフタイムだったら通院も気を遣うことなく行けるのに、
という思いが。

ハーフタイムの人は
「仕事が途中になることも多く、フルタイムのメンバーに引き継いで帰ることになり、
いつも申し訳なく思う」
と言いますし、それもよくわかるのです。
入社当時は今と条件が違い、私自身も何度かハーフタイム勤務をしたことがあります。
契約なので、時間が来れば業務の途中で引き継いで帰らざるを得ません。
今は完全なフルタイムなので、残業になれば当然私は残ることになり、
負担に思う部分があるのも事実です。
人間関係は良好で、みんないい人たちなので、仲がいいことは上司も認めていますし、
そのことには何の問題もありません。
ただ、彼と将来を約束したものの、それが何年先になるのかわからない状況で、
体力的にもフルタイムがきつくなっている今、
扶養範囲で働く彼女たちをどうしても羨んでしまいます。
結婚の話がなかったとしても、高齢の両親がいるので、
いつまで仕事を続けられるかわからない、ということもあります。
親のどちらかが体調を崩せば、勤務時間を減らす必要に迫られることは必至です。

さらに上司はみな年下で、年齢が高く決して業務をバリバリこなす方ではない私は、
恐らく目の上のタンコブ。
そういう雰囲気を、上司の言葉の端々や態度から感じてしまうことがあります。
社会保険制度の改正で、加入の為に勤務時間が増えることになった時に上司が放った
『勤務時間が増えるってことはミスも増えるってことよ』
の一言はショックでしたし、ずっと頭を離れません。
一度キャリアアップを考えたこともあり、上司に伝えたところ
『無理しなくていい』
とやんわり阻止されました。
上司は別の若い人に昇進を勧め、彼女はそのつもりがなかったのですが、
しぶしぶ了承した、という経緯があります。
その時ばかりは、いいように使われているだけだ、と卑屈な気持ちにもなりました。
もっと若ければ転職の道もありますが、私の年齢ではほぼ不可能に近いこと。
会社から首を切れない状態なら、ハーフタイムでもう少し楽に働きたい、と
思うようになってしまいました。

いい歳して、そんな自分の未熟さや健康不安を抱えながらも、
こんなこと、やっぱり誰にも言えない。
本音は、彼に早く迎えに来て欲しい。
一番ベストな形で解決しますように、と祈るしかない日々です。 

 
 


[PR]
by fujimal_love | 2017-09-24 21:00 | 仕事 | Comments(0)

土曜日について

就業先の事情で4月から土曜日が原則休みになった。
が、休みが増えて嬉しいかと思いきや、いいことなんて一つもない。

まず、週明けの月曜日がメチャクチャ忙しくなった。
今の職場に異動したのは3月。
3月中の月曜日はここまで忙しくはなかったのに、
4月以降、翌日への繰り越し業務が大量に発生してしまう事態が慢性的に続き、
連日の残業も珍しくない。
多忙を理由に、私を含む異動メンバーの研修が実施されないまま、いきなり実務に。
当然の結果として、ミスが続発。
上長たちが改善策を練ろうとするも、相次いで発覚するミスの発生に追いつかない。
でも、時間的余裕があれば防げたミスは多いはず。
こんなことになるくらいなら、土曜日にパソコンが稼働出来なくても
手作業で行える業務はたくさんあるのだから、出勤にして欲しい。

月曜日の業務が繰り越されると火曜日に残業が発生することになり、
合唱の練習にも差し支える。
演奏会を来月末に控えて、練習を休みたくないこの時期の残業は、特に有難くない。
ただでさえ、入社当時から出勤・退社時間が30分繰り下げになり、
練習前に虫抑えをする時間が減ってしまっている。
しかも先日決定した7月のシフトでは、演奏会前日に休みが取れず(-.-)
この日はオーケストラとの合わせ練習があるのだけれど、
定時まで仕事をしていたら遅刻する。
演奏が始まったら、途中で練習会場には入れないから、
小休止まで外で待たなければいけない。
さらには演奏会の翌日も休みが取れず、出勤に。
この日だけ、たまたま10時出社のショート勤務になっているのが不幸中の幸い。
7月は大の月なのに、休み希望は普段の月より少ない3日しか申請出来ないって
そもそもそこがおかしいよね(-"-)

そして、土曜日出勤にして欲しいもう一つの大きな理由。
デートがなかなか出来ない。
土曜日はどこへ行っても混雑するからイヤだ
と言って、彼がデートしたがらない。
一度、土曜日に会ったら、彼のご機嫌の悪いこと。
車での移動で渋滞、レストランも大混雑でうるさい、と愚痴ばかり(>_<)
私だって、せっかくのデートで彼の不機嫌な顔を見たくはない。


ハンパない忙殺感の緩和と彼のご機嫌のために、
土曜出勤に戻して下さいm(_ _)m



ってムリか・・・
[PR]
by fujimal_love | 2015-06-27 21:19 | ひとりごと | Comments(0)

私の味方


昨日、仕事で大きなミスが発覚して、凹んでいた私。
2ヶ月前に私が処理をした業務で起きたことですが、
多忙で研修をして貰えずにいきなり実務に就き、
業務が充分理解出来ないままの状態だったとはいえ、
今ならやらないような初歩的なミスが発端だったことがショックでした。
昨日は発覚以来ずっと頭痛が取れず、今朝になって治まりましたが、
それでも疲れが取れず、今日は口内炎が出来てしまいました。

今日、彼に会った時にその話を溜め息交じりにしたところ、
一生懸命慰め、励まそうとしてくれました。
彼は普段シビアな人ですが、
「部下のミスは上司(会社)の責任だ。研修もしないのは会社の怠慢」と
今日ばかりは私を庇って味方になってくれました。
事情を知る同僚や友人然り。
出かける前には母も、溜め息ばかりつく私に
「アンタが悪いんじゃない。元気出しなさい」
と言ってくれ、私の味方になってくれる人がたくさんいることを
改めて実感しました。

明日のことを考えるとまだ少し気が重いけれど、気持ちを切り替えようと思います。
[PR]
by fujimal_love | 2015-06-25 18:59 | 仕事 | Comments(0)

「ゆるい就活」

 
就活が終わったところですが、自分自身にタイムリーな、
こんなコラムを発見しました。

「ゆるい就活」ワークショップが大盛況

◆週休2日だと、何もできないまま年をとっていくことになる。
 生きる意味ってなんだろう、と思ってしまう。

◆8時間勤務で1日の3分の1が終わってしまうことに、納得できない。
 3分の1は睡眠で、自由になる時間は3分の1しかない。

今、若者の間で、働き方に対する意識の変化が起きているようです。
確かにこれには賛否両論あるでしょう。
正社員で働いたら負けだ、なんていう意見は過激すぎるとしても、
私は上記の考えにある程度賛同出来ます。
50歳を過ぎて、体力的な衰えを切実に感じるようになり、
仕事に潰されたくない、という思いが強くなってきたためです。

私が今後取ろうとしているワークスタイル(週3~4日のシフト制)が、
ここでいう「ゆるい就活」「ゆるい就職」に近いのは事実です。
私自身の就活においても、
趣味を越えてライフワークになりつつある合唱活動を続けられる仕事
というのが第一条件でした。

これまでは仕事が第一で、趣味なんて二の次三の次、と言われてきたけれど、
私が所属している合唱団は年々規模が大きくなり、その存在が認められるにつれ、
数々のメディアにも取り上げられるようになった団体です。
神戸という被災地で活動する合唱団ということもあり、
最近では東日本大震災の被災地等へ向けた活動が評価され、
県や公共団体などから様々な賞をいただくことも増えました。
そして何より、合唱は一人では出来ません。
団員一人一人が真剣に取り組み、何らかの犠牲を払わなければ、
お客様にお金を払って聴いていただくような演奏も出来ません。
合唱という作業は大変デリケートなもので、
メンバーが一人入れ替わっても同じ音色は作れないし、
その日の体調によっても左右されます。
仕事で疲れ切っていたら満足に声は出ませんし、
残業などで練習を休めば、他の団員に迷惑をかけることになります。
私は今いる合唱団での活動を、単なる趣味とは捉えていないので、
仕事と同じくらい、真摯に取り組んでいきたいと考えています。

ハタから見れば、何の生産性もない趣味(合唱)なんかにうつつを抜かして、と、
両親も含めてきっと思われていたに違いないし、
これまでずっと、合唱を優先することに対する後ろめたさがありました。
なので、このコラムを見つけて、少し救われた気がします。

もっと言えば、アベノミクスもいいけれど、
一人一人の負担を減らす“ワークシェアリング”が広がれば、
雇用の機会も増えて、社会が活性化するのではないか、という気がするのです。
今は介護などで週5日勤務が物理的に難しい人が増えています。
事実、私がお付き合いしている彼もそうです。
足の悪い母親がいて、働きたいが家事を考えると毎日は無理だと言います。
何とか3日ごとのローテーションで働ける仕事が見つかり、
11月からそちらで働くことになったそうですが、
彼自身も現在61歳で、いつまで働けるかは未知数。
私にとっても他人事ではない話です。
将来的に、年金受給年齢が上がる可能性もありますし、
そういう意味でも、週5やフルタイムではなく、
それ以外の方法で多くの人が働く機会を設ける方が
私はいいのではないかと思います。

但しこれはあくまで、私一人の素人考えなんですけれど。
[PR]
by fujimal_love | 2014-09-21 14:28 | 失業・就活・職業訓練

えっ、なんで!?

昨年、業務を打ち切られた派遣会社からメールが届きました。
今ごろ何だろうと開いてみて、我が目を疑いました。
前回と同内容の業務立ち上げの目処が立ったので、
ぜひ業務をご案内したい、と。

えっ?
なんで?

あの解雇はもともと、前年に起こしたインシデントが原因だったはず(過去日記)。
委託元がそんなに簡単に、業務上の重大なコンプライアンス違反を犯した委託先を
復活させられるものなのでしょうか。
国民の重要な個人情報を扱う仕事ですよ。
委託元(公共機構)もいい加減過ぎやしませんか。

就業希望の有無を確認したいとのことだったので、
メールで就業意思なしと返信しましたが、
解雇当時、突然の打ち切りに、独り身の私よりもっと困った人たちが
いっぱいいたはず。
それを思うと、こんな風に派遣スタッフを振り回すなど、
失礼極まりない話で、怒りが込み上げてきます。
あれだけ大騒ぎして大量解雇しておいて、今になって
しゃあしゃあと同じ業務で募集をかけるってどうなの!?
何か“もみ消し”でもあったのかと勘ぐってしまいます。

この、私たちをバカにしたような雇用情勢、本当に何とかしないと、
いつまでたっても景気回復など見込めないと思います。
[PR]
by fujimal_love | 2013-02-19 18:00 | 仕事 | Comments(0)

年末アルバイト

友人に誘われて、11月28日から今月20日までの予定で、
生れて初めて、お歳暮の簡易包装をするアルバイトに出ています。
初日から残業があり、手は傷だらけ、身体じゅう筋肉痛で
3日目までは死にそうでしたが、
昨日1日休んだらかなり楽になり、今日はだいぶ慣れたのか、
初日ほどの疲れは感じませんでした。

9時30分~18時30分、日月火木金の週5日ですが、
短期なので、何とか頑張りたいと思います。
これが終わったら当分、仕事に就くことはないのかな、と思うと
ちょっと寂しい感じもありますね。
ちょうどクリスマス前には終わるので、
それから年賀状を急いで準備しなくては。
そして、年明けからは花嫁修業(?)です(笑)
[PR]
by fujimal_love | 2012-12-02 20:36 | 仕事 | Comments(0)

あと2週間

今週末で終わる予定だった仕事。
会社の都合で一週間、退職が延びました。

どこまで私たちを振り回すんだ、という気もするけど、
私自身はもう、あと二週間辛抱するだけ。
そう割り切ることにしています。
結婚式を半年前倒しにした分、同居も少し早まるため、
彼のお言葉に甘え、退職後は就活をせず、
結婚準備に専念させて貰うことにしました。

あと少しだ、頑張れ、私。
[PR]
by fujimal_love | 2012-10-21 17:15 | 仕事 | Comments(0)

波乱含みの初出勤

無事に研修初日を終えました。
日記も書けないくらい疲れるかな、と思ったけど、
今日はそこまでにはなりませんでした。

なので、一言愚痴を書かせて下さい…

というのは、タイトル通り。
派遣先で受付して貰おうとして名前を名乗ると
『○○さん…? お名前がありませんね』



何ですとーーー\(◎o◎)/!




ようやく就職できたと思ったらこれですよ…

『いつ連絡がありましたか』
(5月17日ですけど)
(その前に間違い電話がありましたけど)
『こちらの誰が採用のお電話をしましたか』
(そんなもん、覚えてない)
と、何だかこちらに非があると言わんばかりの言い草(-"-)

挙句に
『調べます』
と言われたきり、放置され。
動揺して研修にも身が入らない。
採用の電話の2日前に間違い電話があったことが引っかかっていて、
もしかして、本当に私は不採用だったのかも…と
それでも何とか気持ちを落ち着けて一日がようやく終わり、
派遣担当者に恐る恐る聞きました。
私はここにいて大丈夫なんですかと。
そこで初めて
『あ!申し訳ありません、こちらのミスで何ら問題ありません』




だったらもっと早く言えーーー!!(怒)




帰って両親に事の顛末を話すと
「慰謝料貰わないと割に合わないね」
と口を揃えて言いました(笑)
いやもうそれくらい、我が家にとって私の就職は一大事だったんです(>_<)

まぁ私に非はなかった(当たり前だ)し、
職を失う心配はなくなりましたが、
こういう心臓に悪いことはもう勘弁です(*_*)
[PR]
by fujimal_love | 2012-06-04 22:35 | 仕事 | Comments(0)

爆弾発見!!

昨日は盛り沢山な一日でした。

まず、内科でのエコー検査。
そこで、小さな爆弾を抱えていることが発覚!
なんと、胆石さんが2つほど鎮座ましていました。
まださほど大きくはないので、石を溶かす作用のある薬で様子をみることに。
蕁麻疹の診察に行ったおかげで、痛みもないうちに爆弾を見つけることが出来たのは
不幸中の幸いでした。
大抵は背中や腹部の違和感から、最悪の場合は激痛で発覚することが多いそうです。
せっかく仕事が決まったのに、勤務早々手術、なんて笑えないですし(>_<)
出産経験のない私は、エコーは昨日がお初でした。
記念にいただいた胆石の写真を見て、赤ちゃんもこうやって見るんだな〜なんて。
いやいや、そんな呑気なことを言ってる場合ではないですね。
私の場合はまだ、管(胆管?)の中に入りこんでいないので、痛みを感じないのでしょう。
エコーで見るまで、こんなものを抱えていたなんて、知る由もありませんでした。
ついでに内臓脂肪も見てもらいましたが、体格の割には少ないですね、だって(笑)
でも脂肪が多いと胆石が出来やすいそうなので、気をつけるに越したことはないようです。
何とか薬が効いて、石を溶かしてくれれば、と思います。
私自身も、あまり油っこいものは取り過ぎないように注意したいと思います。
油の摂取を抑えればダイエットにもなって、一石二鳥かも知れませんね♪

その後は、月曜日から使う通勤定期を購入し、新しい職場になる会社へ
実際に行ってみました。
阪急から地下鉄四つ橋線への乗換移動に10分近くかかるので、
それを計算に入れなくてはなりません。
会社は最寄りの駅前にドーンと建ってました。
ガラス張りの立派なビルにちょいとビビりつつも、
ここで働くんだ、と思うと嬉しかったですね(^^)

仕上げに髪をカットして帰宅しました。
そろそろ白髪染めもしなきゃなぁ(笑)
[PR]
by fujimal_love | 2012-06-02 11:22 | 健康・美容 | Comments(0)