It's all right.

過去のトラウマ

―ひとりごとです



職場に出入りしている関連会社の男性の声や話し方が、
5年前に別れた元婚約者とそっくりなことを最近になって知り、
忘れたつもりの過去がいきなり蘇ってきた。

〈過去日記〉 

神様に、今でも聞きたいことが2つある。

「あの人は元気でいるのでしょうか」
「あのような形で引き裂くなら、なぜ私たちを引き合わせたのですか」

もう二度と、あんな悲しい別れは味わいたくない。

[PR]

# by fujimal_love | 2016-11-12 10:35 | 元婚約者のこと | Comments(0)

☆クリスマスツリー☆

自宅マンションの管理人室前に小さなツリーが。
昨年まではなかった。
あんまり可愛いので思わずパチリ☆

d0155893_20402319.jpg
[PR]

# by fujimal_love | 2016-11-07 20:45 | その他 | Comments(0)

京都・久美浜

23日・24日の一泊でまたまた久美浜へ。
昨年からもう三度目です。
この辺りはいい温泉があり、今回の旅館はこの夏にリニューアルされたばかりで、
彼によると、カーナビではまだ検索出来ない、とのこと。
旅館に入る前に、少しだけ、観光をしました。

まずは、紅葉で有名な「長安寺」
その紅葉にはまだまだ早かったけれど、
日曜日だというのに殆ど人に会わず、小雨模様で風情がありました。

d0155893_16354640.jpg
d0155893_16361501.jpg


そこから少し足を延ばし、一瞬だけ立ち寄った出石。
以前、出石そばだけ食べて素通りしてしまった場所。
お馴染みの辰鼓楼だけをカメラに収めました。
本来は時計台(写真下・by Wikipedia)ですが、得意の“裏側から”(笑)

d0155893_16331781.jpg
d0155893_16333276.jpg

そして、目的のお宿へ。
ここは全部で12室という小じんまりとした旅館ながら、
全室「天然温泉の露天風呂付き」という、何とも贅沢なお宿なのです。
洗面室の奥が浴室になっていて、青空が!
思わず写真を撮りました。

d0155893_16342940.jpg
d0155893_16341237.jpg

夜は二人で星空を見上げながら温まりました。
何とも幸せなひとときでございました(*^_^*)



楽しい時間は本当にあっという間に過ぎてしまうもの。
「終わってしまったなぁ(^・^)」
といつもの意地悪を言いつつも、私の気持ちをよく知る彼(笑)
「今年は豊作だったよ」
と言って差し出された袋の中には、彼宅で収穫されたたくさんの柿。
一番嬉しいお土産つきでした。

d0155893_16381777.jpg

先週は2人目の新人さんに逃げられたり、地震で揺さぶられたり、
さんざんな一週間でしたが、
この旅行で癒されました。
明日からも頑張ろう(^_^)v





[PR]

# by fujimal_love | 2016-10-25 16:40 | *今彼とのこと* | Comments(0)

社会復帰と絆

先月、家を出たい、と訴えていた彼。
先週からアルバイトに出ています。
といっても、週3日、朝と夕方の数時間。
仕事は、施設利用者さんの送迎で、マイクロバスの運転手です。
介護福祉士などの資格は持っていないため、彼は運転のみを担当し、
同乗する有資格者が利用者さんの乗降の介助をします。
利用者さんの姿を見ると母親を見ているような気分になるので、
施設では働きたくない、と言っていましたが、
制約があって他の仕事がなかなか見つからず、決めたようです。
その後、様子を聞くと、いい暇つぶしになりそうだ、と。

母親と二人きりで家にこもっていると気が変になりそうだ、とも言っていたので
実は彼のメンタル面がとても心配でした。
今度の仕事はお金にはならないが朝と夕方の間に家事が片付くので助かる、と話すのを聞いて、
ひとまずホッとしました。

彼に限らず男性であれば、定年退職をしてからも、
第一線で活躍していた現役時代のことは、簡単には忘れられないものだと思います。
最近は、私の方が職場で退職者が相次いだことで忙しくなる一方、
彼は取り残され感が強くなっていたのでしょう。
社会と繋がっていたい、という彼の想いはひしひしと伝わってきたので、
本当によかったなと思います。

昨日の女子会では、彼とのことも質問されて、
照れながらも、なれそめから現在に至るまでを話すことに。
その場にいた3人が全員、彼との深い絆に感動してくれました。
話しながら一番それを感じていたのは私自身ですが。
17年前にネットの掲示板で知り合った時は、既婚者同士。
その後まさかの展開で現在は独身同士となり、ごく普通の恋愛関係にあります。
紆余曲折ありながらもお互いの気持ちに全く変わりがないことに、
我ながら奇跡を感じます。
そして、話しながら改めて、彼の変わらぬ愛情に感謝の気持ちが溢れてきました。
今は心から、死ぬまで彼の彼女でありたい、と願っています。

 


[PR]

# by fujimal_love | 2016-10-16 17:31 | *今彼とのこと* | Comments(0)

女子会 in KOBE

昨日は職場の一部のメンバーとの女子会でした。
ランチは神戸・三宮のWANTO BURGERにて。
なかなか味わえない、豪華なローストビーフバーガーをいただきました。

d0155893_11255192.jpg
http://www.wantoburger.com/

その後、社内の話も出るから、ということで安全策をとりカラオケルームに異動。
そこからも女子会はめちゃくちゃ盛り上がりました。
例の同僚については、みんなかなり鬱憤が溜まっていたようで、
けしからん話が出るわ出るわ(笑)
人の悪口で盛り上がることには多少の罪悪感を伴いますが、
どこかへ吐き出さないと溜まってしまうので、こういう会は有難いですね。

結局、同僚には私たち以外にも気に食わない上司がいたようで、
さらにその上の上司に面談を申込み、談判したようです。
うちの会社は簡単にはクビにしないのですが、異動先が選べるほど融通はきかないので、
上司も苦肉の策で同じフロアの別セクションへの異動を奨めたのでしょう。
そのセクションには、彼女が嫌っていた元上司もいる、という話なので、
他に異動先が見つからなかったものと思われます。
しかし上司であれ同僚であれ、
ちょっと気に食わない人間がいるというだけで異動を希望する、
という彼女の安直さには呆れますね。
そんな理由で異動や転職を繰り返すようでは信用もなくなるし、
どこへ行っても続かないと思います。
今度の異動先はかなり厳しくて、最近、そこで2日で音を上げ、
うちの隣の部署に異動してきた人がいる、と聞きました。
そういえば隣の部署に数日前から新しい人が入りましたが、そういうことだったんですね。
それほど厳しいのだから、きっと同僚も時間の問題だと思われます。

あと、彼女が異動の話をしたのは部署内では2名だけで、
そのうちの1人と先日の帰り際に固い握手を交わしていたそうです。
昨日女子会をした私たちには一言の挨拶もないのに。

他にも、
上司に注意されると相変わらず言い訳が長い
業務で質問をする際に失礼なものの言い方をされた
仕事を丸投げする
都合が悪くなると逃げる話
・・・などなど、挙げればキリがないほど。
騒音も酷く、例えば、しょっちゅう机の引き出しを開けたまま勢いよく立ち上がるので、
そのたびにガタン!と轟音が響き渡り、ビックリして集中力が削がれてしまいます。
このあたりはやはり注意欠陥症と言わざるを得ませんね。

最終日の挨拶はどんな風にしてくるか、でも盛り上がりました(笑)
きちんと異動の話をしていないメンバーの方が多いのだから、
本来は気まずさが残るはず。
が、異動が決まってからも平気な顔で出勤してくる彼女には
そういう意識が欠如しているのでしょう。
退職が相次いだこの時期に自己都合で異動することに対する謝罪など心にもないはず。
見せかけだけ、口先だけで申し訳なさそうな演技をするのだろう、
とみんなは言っていますし、私もそう思います。

とにかく早く水曜日が過ぎて欲しい。
いくら人数が減って忙しくても、せめて心の平和を取り戻したいです。




[PR]

# by fujimal_love | 2016-10-16 11:35 | 仕事 | Comments(0)