勤務時間について

ちょうど一週間前、フルタイム勤務がキツくなってきた、と書きましたが、
早ければ11月から勤務条件が少し変わることになりました。
火曜日の更新面談で、全体に昨年以前に比べて一日の延べ稼働数(時間×出勤人数)が増加し
調整が必要だという話が上司からありました。
少し前から、当分新人は受け入れない、と上司が言っていたのですが、
どうやらそれが理由らしいです。
具体的には、6時間勤務枠を新たに設定し、稼働数の調整を行うので、
同意か拒否かを聞かれました。
恐らく、新人が定着せず、頻繁に募集をしていた時期があったせいかな、と思われますが、
8時間と4時間の新人2人が定着したことで、ようやく離理想的な人数になったようです。
退職予定だった後輩の続投が決まった分、ある程度の割合で
6時間勤務の日がそれぞれに割り振られると思われます。
午後4時に退社出来る日が出来ると、体力にも気持ちにも余裕が出来て助かります。
懸念された社会保険加入条件への影響も、支障がないようにしてくれるとのこと。
多少収入は減りますが、先日のように突然病院へ行かなくてはならなくなった場合でも、
午後4時退社なら充分間に合います。
それが8時間勤務の日でも、他の6時間勤務日と入れ替えることが可能なので、
早退扱いにならずに済みます。
残念ながら先日早退した分は、査定によって来年1~3月の時給に影響することがわかっているので、
もう少し早く6時間設定をしてくれていたら、と悔やまれますが、それは仕方ないですね。
影響といっても2千円ほどの減収で済むので、許せる範囲です。
不思議ですが、後輩の続投といい勤務条件の変更といい、
そうなれば助かるのにな、と思っていたことが現実になりました。
 
 




[PR]
# by fujimal_love | 2017-10-01 15:52 | 仕事 | Comments(0)

昨日は23日ぶりのデートでした。
先日、御巣鷹山に登った彼から話を聞きました。
今年は33回忌ということもあって、例年よりたくさんの人が来ていた、と。
そこで印象に残った人たちのことを話してくれました。
JALの新入社員さんたちが整列して、慰霊者を出迎えていたこと。
姉を亡くした、というご遺族の方。
そして事故当時、一番最初に現場に入ったという、元機動部隊の方。
この方は32年間、ずっと来ることが出来なかったそうです。
初めて来て、涙が止まらない、と。
そう話す彼も涙ぐんでいました。
彼の涙、初めて見た・・・
ご遺族や関係者にとっては、今も時間が止まっているのでしょうね。
私もいつか彼の家族になったら一緒に連れていって欲しいと思い、
登山したことのない私でも登れる?と聞いてみました。
大丈夫、と彼(彼は趣味の一つが登山)。
体力のあるうちに私も一緒に行って、慰霊をしたいです。
 
 


[PR]
# by fujimal_love | 2017-09-30 22:23 | *大切な人とのこと* | Comments(0)

ヘルニアと仕事と・・・

人のことを羨んじゃいけない、とわかってはいても
やっぱり羨ましいと思ってしまう自分がいます。

私が今勤めている職場では、いろんな勤務形態があります。
私はフルタイム。
保育園児・幼稚園児のお子さんがいる人は、フルタイムでも終業が1時間早い契約。
扶養範囲という条件付きの人はハーフタイム、もしくは、フル+ハーフで日数調整。
という具合です。

50歳を過ぎて、数年前まで普通に出来ていたフルタイム勤務が、
一昨年あたりから辛くなってきました。
30年以上続けていた合唱のレッスンにも、退社後に通うのがキツくなり、
昨年やむなく退団。
仕事の疲れなんて仲間と歌っているうちに飛んでしまうほど好きだった合唱を、
体力的な理由で辞めるなんて、思いもしませんでした。

今年に入って、長いお付き合いの彼から初めて将来の話が具体的に出たこともあり、
結婚したらハーフタイムに変えたい、と切実に思うようになりました。
ハーフタイムは10時~14時勤務で、旦那様の扶養範囲というスタイルには
やはり憧れます。
退社時間になり、お先に失礼します、と言って職場を後にする奥様たちは
みな幸せそうに見えて、羨ましいなぁ、と。

4年前に発症したヘルニアが昨年再発し、月に2回ペインクリニックに通っていますが、
先週の日曜日の夜、急に腰の右側部分から右足の付け根部分が痛みだしました。
昨年は左側でしたが今回は逆で、金曜日になっても痛みが思うほど引かず、
右足が上がらないため着替えが困難になるなど日常生活にも支障を来すレベルに。
嫌な予感がして、会社を早退してクリニックを受診したところ、
レントゲンでははっきりせず、来月MRIを撮ることになりました。
金曜日の朝、始業前に上司に早退したい旨を伝えた時
『急に言われても困る』
と言われ、理不尽さを隠せませんでした。
体調なんてその日にならないとわからないのに、と。
しかも昨日の土曜日は祝日でクリニックも休診日。
やむを得ず金曜日の午後診を受けるしかなかったのです。
でも上司は建前でしか話をしないし、個人の事情など汲んでくれる余裕もなく、
お大事に、の一言もありませんでした。
そんなこともあって、ハーフタイムだったら通院も気を遣うことなく行けるのに、
という思いが。

ハーフタイムの人は
「仕事が途中になることも多く、フルタイムのメンバーに引き継いで帰ることになり、
いつも申し訳なく思う」
と言いますし、それもよくわかるのです。
入社当時は今と条件が違い、私自身も何度かハーフタイム勤務をしたことがあります。
契約なので、時間が来れば業務の途中で引き継いで帰らざるを得ません。
今は完全なフルタイムなので、残業になれば当然私は残ることになり、
負担に思う部分があるのも事実です。
人間関係は良好で、みんないい人たちなので、仲がいいことは上司も認めていますし、
そのことには何の問題もありません。
ただ、彼と将来を約束したものの、それが何年先になるのかわからない状況で、
体力的にもフルタイムがきつくなっている今、
扶養範囲で働く彼女たちをどうしても羨んでしまいます。
結婚の話がなかったとしても、高齢の両親がいるので、
いつまで仕事を続けられるかわからない、ということもあります。
親のどちらかが体調を崩せば、勤務時間を減らす必要に迫られることは必至です。

さらに上司はみな年下で、年齢が高く決して業務をバリバリこなす方ではない私は、
恐らく目の上のタンコブ。
そういう雰囲気を、上司の言葉の端々や態度から感じてしまうことがあります。
社会保険制度の改正で、加入の為に勤務時間が増えることになった時に上司が放った
『勤務時間が増えるってことはミスも増えるってことよ』
の一言はショックでしたし、ずっと頭を離れません。
一度キャリアアップを考えたこともあり、上司に伝えたところ
『無理しなくていい』
とやんわり阻止されました。
上司は別の若い人に昇進を勧め、彼女はそのつもりがなかったのですが、
しぶしぶ了承した、という経緯があります。
その時ばかりは、いいように使われているだけだ、と卑屈な気持ちにもなりました。
もっと若ければ転職の道もありますが、私の年齢ではほぼ不可能に近いこと。
会社から首を切れない状態なら、ハーフタイムでもう少し楽に働きたい、と
思うようになってしまいました。

いい歳して、そんな自分の未熟さや健康不安を抱えながらも、
こんなこと、やっぱり誰にも言えない。
本音は、彼に早く迎えに来て欲しい。
一番ベストな形で解決しますように、と祈るしかない日々です。 

 
 


[PR]
# by fujimal_love | 2017-09-24 21:00 | 仕事 | Comments(0)

iPhoneケース

先日発注したiPhoneケースが届きました。
SHOGUN公認デザイン。
一昨年も同じショップで購入しましたが、
まだ販売されていてよかった。

迷彩色はちょっと渋いかな、と思いましたが、
背面の赤いエレキがアクセントになっていて、
なかなかカッコイイです(^^)v


d0155893_21490126.jpg

d0155893_21491977.jpg




[PR]
# by fujimal_love | 2017-08-13 21:52 | PC・スマホライフ | Comments(0)

画像の取り込み

昨日はiPhoneとPCとの間での画像のやり取りについて、
また電話でレクチャーをして貰いました。
ネットで調べて、iTunesのインストールまでは出来たのですが、
そこからどうすればいいかわからず。
テクニカルサポートで、無事にiPhoneにPCから画像を取り込むことに成功。
iPhoneの待ち受けや、LINEのプロフ画像に、
お気に入りの画像をセッティングすることが出来ました。
iPhoneがコンパクトな分、SDカードが使えないので、少し不便は感じますが、
それはPCが補ってくれるので、やはり今後もPCは手放せませんね。
ブログやSNSなどはPCの方が楽だし、
音楽CDやDVDなども楽しみたい。
ネット配信はあまり使わないので、アナログな方法ですが、私にはこれが一番。
使用中のPCは6年目なので、いつまで動いてくれるのかが、
ちょっと気になるところです。




[PR]
# by fujimal_love | 2017-08-13 11:11 | PC・スマホライフ | Comments(0)