It's all right.

<   2017年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧


どうして

ー愚痴です。


彼からようやく、ちゃんとしたプロポーズといえる言葉を貰って、
私がこんなに幸せを感じているのに、
相変わらず母は一向に喜んでくれず、モヤモヤする。
彼との結婚の話になると
「お母さんが亡くなるのを待つなんて、絶対間違ってる」
「長くて10年って・・・」
「私がその歳(彼のお母様は現在88歳)になるじゃない」
こんなことばかり言う。

母が、自分の目の黒いうちに、
私が彼と一緒になるのを見届けたい気持ちはわかるし、
私だって、一日でも早く彼と一緒に暮らしたい。
言えるものなら、とうの昔に彼にそう言っている。
だけど、彼には彼の想いがあり、事情がある。
*私の存在が知れて、周囲からいろいろ詮索されるのが面倒。
*母親を見送って、諸々をスッキリさせてから二人のことを考えたい。
(男性って複数のことを一度に考えられない生きもの、とも聞く)
もちろん、どちらも私の憶測でしかないけれど、
彼にしたら当然の気持ちだと思う。
でなければ、とっくに結婚しているだろうし。
それを考えずに、こちらのワガママだけを押し付けることは
私には出来ないよ。
それに、この私にだって、彼側のしがらみはなるべく少ない方がいい、
という思いも正直ある。
やっぱり面倒だもの。
そういうものに早くから縛られるのはゴメンだ。

そもそも彼が
「一緒に住もう」
と言ってくれたのも、
話の流れで私が将来への不安を漏らしたことがきっかけで、
決して彼に結婚を迫ったワケじゃない。
そんなことをもし彼に言えば、
重い女と鬱陶しがられるに決まっている。
だから、出来るだけこちらから水を向けないように、
結婚の話は避けてきた。

そんな娘の気持ちを、なぜ理解してくれないんだろう。
「よかったね」
の一言を、どうして言ってくれないんだろう・・・。



[PR]

by fujimal_love | 2017-02-28 10:15 | 家族のこと | Comments(0)

言葉

d0155893_19040379.jpg

旅先というシチュエーションのせいなのか・・・
「母親を見送ったら、一緒に住もう」
彼が昨日、そう言ってくれた。
さり気なく、でも、ハッキリと。

「母親を見送ったら…」
とは以前にも言われたけれど、
後に続く言葉は何となく濁されていた。
そこまで言わなくてもわかるだろう、というニュアンス?
でも、わかっていても言葉でちゃんと伝えて欲しいのが、
女という生きもの。
彼にとって、高齢のお母様の存在が大きいことは知っていた。
私に介護の負担を強いることへの遠慮があるだろうことも。
それがわかるから、彼を困らせることはしたくなくて、
ずっと待ちわびていた言葉。
それを突然サラリと言われて、その時は何ともなかったのに、
一人になってから、喜びが込み上げてきて涙が溢れた。
17年という長いトンネルを、やっと抜けることが出来た。

早くて5~6年、長くて10年・・・かな。
なるべく、還暦までにお願い(笑)


あなたが迎えに来てくれるその日まで、
私はここで待っているから。



[PR]

by fujimal_love | 2017-02-27 19:06 | *今彼とのこと* | Comments(0)

女子会

一昨日、仲のいい同期3人で食事をしました。
私だけが隣の部署へ異動になって2年。
同じ部屋にいても、普段は挨拶も出来ないくらいにすれ違ってしまうので、
ゆっくり話をしたのは本当に久しぶり。
この日、私は人生初★チーズフォンデュ。
神戸元町のチーズケーキ「観音屋」が展開するレストランで、
めちゃウマでした。
店内からはテラス越しに神戸ベイの夜景が広がり、
ソファー席ということも手伝って、完全に寛いでました。
この週は月曜日からインフルエンザでダウンしたメンバーが複数出たため、
連日の残業でクタクタでしたが、
それでも久し振りに会う同期と楽しくお喋りしているうちに、
あっという間に4時間が過ぎていました。

神戸ハーバーランド・モザイク『リアルダイニングカフェ』
http://real-dining.com/shop/harborland.php

また行きたいお店の有力候補になりました♪
d0155893_15585168.jpg


[PR]

by fujimal_love | 2017-02-19 16:00 | お出かけ | Comments(0)