<   2016年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧

助けたい

このところ、職場でいろいろあってヘロヘロになっている私。
問題児な同僚。
無責任な新人。
9月末、一度に4人もの退職者が出ることで、
来月の休日も返上になる恐れが出てきました。

だけど、そんなことより。
あれ以来、彼の辛そうな顔がずっと頭を離れず、母や友人からも
『もうそろそろ、貴女からきっかけを作ってあげてもいいのでは?』
と言われています。
思えば17年前、最初に離婚する寸前に彼と出会ったワケですが、
当時の私は障害を持つ夫の看病・介護に疲れ果てていて、
今でいう介護鬱の一歩手前でした。
そんな私を見て、彼が言ったんです。
「○○(←私)を解放してやってくれ、と言いたい」
その言葉が私を救ってくれた、と言っても過言ではありません。
離婚出来てからも、私は親不孝者で、生きていても仕方ない、と悲観的になっていて、
自殺する勇気こそありませんでしたが、死にたい、と口にしては
両親を悲しませていました。
そんな暗闇から救い出してくれたのも彼なのです。
だから今度は、私が彼を助けるきっかけを作ってあげる番なんだ、と。
もちろん、お母様の問題は彼一人のものではなく、ご家族との話し合いが必要です。
でも決して、彼が一人で抱え込むことはないと思います。

今まで、彼を困らせると思って我慢していましたが、
正直に言うと、私も時々思うことがありました。

 もし、お母様がいなくて彼が一人だったら、もっと自由に会ったり出来るのに。
 独身同士なのに何故、月に1~2度、数時間の逢瀬しか叶わないんだろう。
 帰宅時間を気にせず、時には夕食や夜景を楽しんだりしたい。
 たまの一泊旅行も、お昼過ぎには解散しなくてはいけない。
 どうしてこんなに寂しい思いをしなきゃならないの?

自分勝手なワガママであることは重々承知です。
でも本当は彼も同じ思いなのではないか、と。
そして、彼がそれを口にした、ということは、もはや単なる私だけのワガママではなく、
彼に対して助けが必要な時期に来ているのだ、と思うのです。
私に出来ることがあるのかどうかはわからないけれど、
かつて彼が助けてくれたように、
何か助けになってあげられたら、と心から願うばかりです(>_<)

[PR]
by fujimal_love | 2016-09-25 21:50 | *大切な人とのこと* | Comments(0)

尽きない悩み

昨日、彼と会った時のこと。
私の仕事の愚痴を聞いてくれたのですが、彼も、滅多に言わない悩みを打ちあけてくれました。
話の流れで
『生きていると悩みは尽きないのだということを、この年になって実感した』
なんて彼が言い出したんです。
結婚してたらしてたで家庭の悩みはあるし、
離婚したらしたでその悩みからは解放されたけれど、
別の悩みが出てきた、と。
それを聞いて
「それは私が原因かな?」
と冗談めかして言ったのですが
『うん(笑)』
なんて返ってくるかと思っていたら
『違う』
というので、
どんな悩みか聞いてみました。
そうしたら
『俺、家を出たいねん』
と、苦しそうに言うのです。
『年老いた母親を置いては出られない。
 でも、家にいるとしんどくてしょうがない。
 今の状況では制約が多すぎて仕事がない。
 でも外へ出て何か仕事をしたい』
そう絞るように言う彼をみて、私も苦しくなりました。
負のスパイラル、というのはこういうことなのでしょうか。
なかなか悩みなど言わない彼が、私に悩みを打ちあけてくれたのは
とても嬉しいことでしたが、
私にはしてあげられることがありません。
彼もそれをわかっているから言えなかったのだと思います。
彼が一人っ子、あるいは女のきょうだいがいないなら、
私に何か相談をしてくれていたかも知れませんが、
彼にはお姉さんがいますし、お母さんもお姉さんも私の存在を知らないので、
私が彼のご家族のことについて介入するワケにはいかない状況。
彼のちょっと辛そうな顔が頭から離れず、今朝になって
「お姉さんに相談してみた方がいいと思う」
とメールしました。
もちろん、もうとっくに相談しているかも知れないので、
お節介を承知で、という一文を入れて。
余計なお世話なら忘れて、とも書きました。
返事はないけれど、私の気持ちは伝わったかなと思います。
私が心配なのは、彼が介護鬱にならないか、ということ。
最近、高齢の親を介護する独身男性の苦悩を新聞記事等でよく目にしますが、
彼の性格として、誰にも相談せず一人で抱えているのではないか、と思うと、
メールをせずにいられませんでした。
私も両親と同居しているので、近い将来、彼と同じ状況になることを想像すると、
決してヒトゴトではないんですよね。

お姉さんでもそれ以外でもいいから、誰かに話をして、
いますぐ解決は無理でも、少しでも彼の気持ちが楽になれば、と思います。

[PR]
by fujimal_love | 2016-09-19 19:50 | *大切な人とのこと* | Comments(0)

淡路島 2016

8/25(木)・26(金)と連休を取り、淡路島へ行ってきました。
ちょうど一年前にも訪れましたが、お天気がイマイチで、
当時は淡路のグルメにも詳しくなく、短い日記で終わっていました。
今回は快晴で、ご当地グルメという目的もあり、
暑かったけど、楽しいひとときでした。

まずは“道の駅うずしお”へ。
d0155893_15564392.jpg
まだまだ夏の空ですね~。

ここで、友人お勧めの「生しらす丼」を堪能。
d0155893_16015574.jpg
右の「釜揚げしらす丼」も一緒に注文して食べ比べてみましたが、
比較にならないほど、生しらす丼のウマさにハマりました。

お次は、知る人ぞ知る「淡路島玉ねぎソフトクリーム」
d0155893_16044682.jpg
d0155893_16050586.jpg
(溶けるのが早すぎて写真が撮れず、ネットから拝借)
一口目はその意外さに驚いたものの、玉ねぎの甘みとミルクがマッチして、
予想外の美味しさ。
彼はイマイチだったようですが、私は個人的にはまたリピしたいと思う味でした。

そして、夜は旅館で鱧料理に舌鼓。
d0155893_16072054.jpg
ここにも淡路島玉ねぎがふんだんに使われていて、
玉ねぎ好きな私は大満足でした。

★ ★ ★ ★ ★

翌日は広大なヒマワリ畑を見ようと“あわじ花さじき”へ。
d0155893_16120804.jpg
d0155893_16131626.jpg
ちょっと終わりかけていたけど、大輪の花を見ることが出来ました。

そして、ここは朝ドラ「あさが来た」の最終シーンのロケ地になったところ。
d0155893_16144839.jpg
昨年はこのパネルはまだなかったので、来てよかったです。

帰路の途中、最後のご当地グルメは、再び“道の駅うずしお”で、
淡路島バーガーにかぶりつきました。
d0155893_16081933.jpg
淡路牛と淡路島玉ねぎのコラボ。
柔らかくジューシーなお肉と、その肉汁がしみ込んだ玉ねぎ。
文句なく美味しかったです。


-♪-♪-♪-♪-♪-♪-♪-


「病気や高齢になってから、療養目的で旅行に出るのもいいけど、
 綺麗な景色も美味しいものも、元気でないと楽しめない。
 二人ともが元気な今のうちに、あっちこっちへ行って楽しもう」

彼がそんなことを言いました。
少し前まで、ことあるごとに
「先は長いよ」
と言っていた彼。
先日、友人がガンになり、その人から
『病気になってから旅行に出ても、身体的制約があると楽しめない』
という話を聞いて、今しか楽しめないことがある、と気づいたそうです。
(今頃気づいたの?とは私の心の声・・・笑)
私自身はずっと、今の幸せは限りがあると思っていて、
悠長な彼に正直不満を感じた部分もあったので、
このことは収穫だったかな、と。
お互い中高年という年齢に差し掛かり、身体のあちこちが傷み始めてはいますが、
元気に動ける今だから楽しめることがたくさんあります。
それを逃さないためにも、出来る限り永く元気でいたいものです。



[PR]
by fujimal_love | 2016-09-10 16:39 | *大切な人とのこと* | Comments(0)

ふぅ。

PCのOS問題。

Windows10にいきなり変わってから、2ヶ月間は何事もなく動いていました。
ところが先月27日の夕方、最初にその症状は起きました。
ブログにアップしようと画像データを選択したところで、フリーズ。
そこでブログを閉じ、待ち受け画面に戻ったところ、
タスクバーに表示されていたいくつものアイコンが消え、
異常に寂しい状態に。
インターネットボタンも見当たりません。
慌ててインターネットサービス契約先へ問い合わせるも、
そこで聞いた回答だけでは解決せず、
PCメーカーに問い合わせが必要なことが判明。
しかしもう、受付時間外になってしまい、翌朝まで待って電話をかけ、
その時は何とか修復しました。

が、それも一時的なことで、一週間後、また同じ状態に。
前回メーカーでは
「今度同じことが起きたらリカバリーが必要」
と言われていたので、重要度の高いデータのバックアップを取り、
体制を整えてからリカバリーに挑みました。
ちょうど7日は休みを取っていたので、朝から電話で問い合わせ、
まずはOSをWindows7に戻す作業に約2時間。
そして、WordやEcxeなどのアプリをダウンロードするのにさらに数時間。
Microsoft OfficeのプリセットCDが反応せず、結局ソフトをHPからダウンロード。
その後もいくつか設定の問題を解決するのに手間取り、
すべてを終えたのは日没前でした。

そこでさらに、セキュリティソフトが消えてしまっているのを発見。
またまた時間外となり、今朝まで待って電話をかけ、
こちらもまたまたダウンロード・インストール作業を行い、
漸くアップグレード前の状態に戻すことが出来ました。
残しておきたかったデータもなかった訳ではありませんが、
取り敢えずのものは手元に何とか残りました。
しかし、エライ目に遭ったなー(**;

メーカーに問い合わせた際、担当者に
「アップグレードを促すウインドウが出た時、
手持ちのPCはWindows10の使用環境に適合している、と表示された」
と話したところ、
「大変申し訳ございません」
と謝られ、気の毒でした。
悪いのは強引なアップグレードを奨めたMicrosoft社なのに。

【PCは出荷時に設定されているOSのグレードで快適に動くように出来ているため、
原則、アップグレードは推奨しない】

これが、メーカーの担当者から教えて貰った教訓です。

こんなことがあったため、先月の旅行記もまだ書けていませんでしたので、
次のブログでアップしたいと思います。
 
 


[PR]
by fujimal_love | 2016-09-10 15:40 | PC・スマホライフ | Comments(0)