<   2016年 01月 ( 6 )   > この月の画像一覧

心を亡くしてます

「忙しい」とは心を亡くす、と書きます。
この歳になると一晩眠っただけでは疲れが取れず、
今日は朝からダラダラ過ごしてしまいました。
今月からほぼ平日フル出勤になり、それだけでもしんどかったのですが、
少し慣れてきたなと思った先週から繁忙期に入り、連日残業続きで参っています。

そんなワケで、お邪魔したいブログもなかなか拝見出来ず、
やっと遊びに行っても読み逃げ状態になってしまっております。
私にもブログに書きたいことはあるのですが、気力と体力がもたず。
最近とみに体力が落ちたことを痛感しています。

それでも一日有休を取り、先週は彼と温泉旅行へ行ったものの、
予期せぬ来客で私は肝心の温泉には浸かれず、
部屋にシャワーがあって助かりましたが、何とも残念な旅行になりました。
今日もまだ出血が続いており、こんな体調の不安定もいつまで続くのか、と。
一人暮らしを始める前にくじけてしまいそうな、情けない状態です。

何だか愚痴のオンパレードで、ご訪問下さった方をガッカリさせてごめんなさい。
もう少し落ち着いたらまたブログをアップして、
皆さまのところへもお邪魔したいと思っています。
[PR]
by fujimal_love | 2016-01-30 18:47 | その他 | Comments(2)

必然。

昨日アップしたブログを読み返していて、
やっぱり早く一人暮らししなくては、と思った。
年明けから私の勤務条件が変わり、彼に会えるのは土日祝。
今まで彼と待ち合わせていた場所は、休日はとても渋滞しやすい駅前。
彼がそれを避け、これからは別の場所での待ち合わせにしよう、と。
そう、彼の元奥様が今も住む家がある町の、駅のロータリー。
休日でも混雑しないけれど、出来るなら近づきたくない駅。
平気だと言っていた彼だって、本当は近づきたくないはず。
だから、やっぱり私が少しでも早く今の住まいを離れて、
彼とものびのび会えるように、一人暮らしを始めないと・・・。
改めてそう思った。

そして実際に、そんな私を後押しするかのような状況になってきた。
3日前、遠方に住む叔父が亡くなり、一昨日から母がそちらへ行っている。
本来は今日あたり帰ってくる予定だったが、
叔母が一人になるのを心配した母は、もう暫く叔母宅に留まる、とメールしてきた。
叔母は母の実の妹。
いつも、何かあったら近くならすぐに行ってやれるのに、と言っていた。
最近は叔父の介護で参り気味だった叔母。
食事もあまり摂れないことが増えたらしく、母は心配でたまらなかった様子。
だから
『不謹慎かも知れないけれど、叔父さんが安らかに息を引き取ってくれてよかった』
複雑そうな顔でそう言った。

母が不在の間、家事は父と私の分担になる。
この連休中も、久し振りにまともな料理を作ったけれど、
主婦から遠ざかって久しい割には、意外に結構覚えていた。
今後も、母は叔母のところへ行くことが出てくると思う。
これはきっと、一人暮らしに備えなさい、ということなのだ、と。

年末になって、3月から社会保険に加入出来るようにする、という話になり、
ふってわいた感のある一人暮らし。
ひそかにずっと望んでいたけれど、薄給で身動きが取れなかった。
だから、今の私にはきっと必然なのだ、という気がしてきた。
今より会社に近い場所に部屋を見つけることが出来れば、
もうあの駅で待ち合わせる必要はなくなるし、
彼もそれをきっと喜んでくれるはず。

状況も後押ししている。
初期費用をしっかり貯めて、一人暮らしを出来るだけ早く実現させよう。
[PR]
by fujimal_love | 2016-01-11 22:08 | 自分のこと | Comments(0)

本当かな

 
ひょんなことから、彼の元奥様のことを聞いた。
彼が譲渡した家に、元奥様は今も住んでいるらしい。
昨日、事情でその家の最寄駅で待ち合わせることになり、
「元奥様と鉢合わせるかも知れないのに、大丈夫?」
そう聞いてみた。
『元嫁は俺が車を買い替えたことも当然知らないし、
 かなり目が悪いから、俺とすれ違ったくらいでは多分気づかないよ』

けど・・・
本当にそうかな。
30年連れ添った夫婦でも、そんなものなのかな。

元奥様が網膜の難病を抱えていることは知ってる。
そんな大変な病気を抱えていても、元奥様の方から離婚を切り出したのは、
よほど二人が破綻していたのね・・・

何だかホッとしたような、複雑な気持ち。
私は元奥様の顔を知らないし、元奥様も私のことにはきっと気づかない。
だけど、これからもその駅で待ち合わせる可能性が高いし、
もし万が一、元奥様が彼に気付くところに遭遇、なんて想像すると、
正直、あまり近寄りたくない駅であることに変わりはない・・・
 
 
[PR]
by fujimal_love | 2016-01-10 23:12 | *大切な人とのこと* | Comments(0)

カミングアウト。

昨日は急遽、彼と少しの時間でしたがお茶することが出来ました。
二人でたまに行くミスドに久し振りに入ったら、何と、かつての上司に遭遇。
お住まいも遠いし、まずそんなところで会うことがない人なのでビックリ。
私は全く気づいていなくて、その人の方から声をかけて下さいました。
相変わらず人懐っこくて(笑)先に席に着いていた彼の方を見ながら
『おとうちゃん(彼氏)か?』と。
違いますよ、と否定しましたが、疑われてますよね(^_^;)
『同窓会、来るやろ?』とトドメをさされてしまいました。
かつての職場はもうないのですが、メンバーの仲がよくて、
今年で8年になりますが、永久幹事さんがいて、毎年2月に同窓会を開いてくれます。
今月下旬には幹事さんから案内状が届くと思います。
昨年は離婚のゴタゴタをまだ引きずっていて欠席しましたが、
今年は他のメンバーからも、同窓会で会いましょう、と年賀状を貰ったので、
行かないワケにいかなくなりました(笑)
でも、未だにこうして声をかけて貰えるのは嬉しいですね(^^)
席に着いてから彼に話すと
『いい職場やったんやな』
と言ってくれました。
彼氏か?って聞かれたよ、と言うと
『別に構わないよ、もう自由の身なんやから('-^*)』
としごくごもっともな回答でした(笑)

・・・前振りが長くなりました。
まずは彼に一人暮らしを目指すことをカミングアウト。
すると、
『無理に実家を出なくてもいいやん』
とは言いましたが、特に反対ではないようで
『じゃあ、泊まりに行ってご飯作ってあげるわ(^.^)』
とまんざらでもない様子に、話せてよかったと思いました。

* * * * *

夕方からは弟たちが三々五々帰省してきました。
夕食をみんなで摂って落ち着いたところで、
一人暮らしをしたいらしい、と母が水を向けてくれましたが、
予想に反して誰も驚かず、反対もないばかりか、
以前、不動産関係で仕事をしていた弟からは、
賃貸に関することや神戸市内のおススメの地域を教えてくれたり、
父の口からは
「今は女性の一人暮らしも多いから、心配ないやろ」
という意外な言葉も飛び出して、こちらが驚いたくらいでした。
説得が必要かもと思っていたので、少々拍子抜けしましたが、
みんなが背中を押してくれて、ホッとしています。

まずは、とにもかくにも資金作り。
明日から怒涛の連勤生活が始まるので、頑張らないと、ですp(^^)q
[PR]
by fujimal_love | 2016-01-03 11:10 | 自分のこと | Comments(0)

キターーーーーーー!

彼からの初・年賀状が届きました\(^o^)/

“あけおめメール”もいいけど、やっぱりこうしてハガキで届くと
感慨深いものがありますね。

私はというと、手指の変形性関節症が進行して、
長時間ペンを持つことが辛くなってきたため、
昨年から年賀状を出す枚数を減らさざるを得なくなりました。
メールやLINEで繋がっている親しい友人などには
事情を説明して理解をいただいています。
目上の方や元上司、遠方でメールの通じていない人へは
印刷に頼りながらではありますが、今後も送りたいと思っています。
もちろん、彼にも(*^_^*)
[PR]
by fujimal_love | 2016-01-01 21:26 | *大切な人とのこと* | Comments(0)

始めます

あけましておめでとうございます

皆さま、今年もどうぞよろしくお願いいたします。

“一年の計は元旦にあり”
というワケで、今年の目標が出来たので、自分を奮起させる意味も込め、
ここに記録しておこうと思います。


彼がプロポーズをしてくれたものの、諸事情で結婚はまだ先のこと。
そこで、来年の春までに実家を出て、一人暮らしをすることに決めました。
「両親のそばにいるのが親孝行だよ」
といって反対する友人もいましたが、
年末、ひょんなきっかけで母にその話をしてみたところ、
『私もその方がいいと思ってたよ、出来るならそうしなさい』
と背中を押してくれました。
今月から仕事のシフト増で収入も増えることになったので、
一年ほどかけて準備をしていこうと思います。
一人暮らし開始目標は来年3月
4月以降は仕事の繁忙期に入るので、それまでに。

地域としては、職場も合唱の練習も神戸なので、
やはり神戸市内が希望です。
神戸の東寄りなら実家にも近いので、両親に何かあっても
すぐに駆けつけることが出来ます。
実は阪神淡路大震災で神戸を出て以来、
いつか戻りたいという夢を密かに抱いていたのですが、
こんな形で実現に向かうとは思いもしませんでした。
神戸で仕事をしている今が、その地に生活拠点を移すチャンスかな、と。

一人暮らしが実現出来れば、彼にも来て貰えるようになります。
シフトが増えると、平日に会うことがほぼ出来なくなるのですが、
土日の混雑が苦手な彼も、おうちデートなら気にすることなく会えるし、
外出するとかかるデート代の節約にもなる
そして、独身に戻って以来忘れてしまいがちな料理の腕も磨けたら、と思います。

仕事が増えて忙しくなり、暫くはデートも激減しそうですが、
大きな目標が出来たので頑張れそうです。
しっかり情報収集をして、じっくり検討・準備したいと思います。

ただ、彼にはまだこのことは話せていないのですが、なんて言うかしら?
『女の一人暮らしは心配だから一緒に暮らそう』
なんて言ってくれると嬉しいけど、まだ無理かな・・・(^^ゞ
準備期間に1年、賃貸契約は基本2年、家具・家電のリースも同様で、
延長出来たとしても+1年。
今から4年の間に、彼に腹を括って貰いたい、という狙いもありますが、
さてどうなることやら。

彼と一緒になれるまで3年? 5年?
わからないけど、頑張れ、ワタシ!
 
 
 

 
 
 
[PR]
by fujimal_love | 2016-01-01 17:22 | 自分のこと | Comments(0)