<   2013年 08月 ( 2 )   > この月の画像一覧

精霊流し

12日~17日まで、夫家族の故郷・長崎県島原市へ
お墓参りと挨拶回りに出かけていました。
忙しいスケジュールの合間に、島原や雲仙を少し観光し、
15日には初めて『精霊流し』を見ました。
精霊流しそのものは勇壮で華やか、お祭りのような雰囲気でしたが、
さだまさしさんのあの歌がこんなに悲しいものだったのかと
今さらのように感じました。

夫と出会う前に婚約していた人は、
偶然、隣の南島原市の出身でした。
自らの命を絶った息子さんのそばにいたいという、
突然の彼からの手紙で、全てが絶たれたあの日。
二度と会えず、もう、どこにいるのかもわからない。
私にとっては、彼も亡くなったのと同じ…。
まだ、去年の話です。

本当ならこの精霊流しを彼と見るはずだったのに、と思うと
夫家族がそばにいるのに、不覚にも涙がこぼれそうでした。
彼は離婚後、息子さんと殆ど会えず、
亡くなったのはそばにいてやれなかったからだ、と
烈しく自分を責めていました。
今の俺には、自分の幸せなど考えられない、と。
そんな彼に、何も言えず何も出来なかった私。
どこかで元気でいて欲しい、と思う反面、
“彼は息子さんの元へ行ったんだ”
精霊流しを見ていると、そう思えてなりませんでした。

―彼はもういない。
私は夫と生きて行く。
そう誓う旅になったことは確かです。

d0155893_940889.jpg

[PR]
by fujimal_love | 2013-08-20 09:40 | 回想録 | Comments(0)

4年

このブログを立ち上げて、4年。
今月末には、二度目の離婚から、4年。
いろいろあったなぁ。
前夫がらみの金銭問題、元婚約者との出会い、突然の婚約破棄。
仕事に恵まれなかった昨年。
現夫とのお見合い、そして、結婚。
回り道や“想定外”な事ばかりで、どれもこれも望んだようにはいかなかった。
でも、これは私が選んだ道。

咳もまだ止まらないし、左の股関節も疼くけど、
思いがけず体調が悪くなったおかげなのか、
義姉も心なしか優しくなった?かも。
そのうち、夫と2人の暮らしになれば、
もう少し平和に暮らせるかなぁ。

一つだけ、来年になったらやりたいこと。
古巣の合唱団に復帰するのは無理だけど、
「1万人の第九」に参加する。
今年はこれに気づくのが遅れて、応募締切を過ぎてしまったけど、
夫も、合唱は出来れば続けた方がいい、と言ってくれたし、
「1万人の第九」は、第九経験者なら、
2~3週間に1回の練習に参加すればステージに立てる。
このくらいなら婚家にも迷惑はかからないし、
第一希望は土曜日の午後のレッスンだけど、
もし平日の夜になったら、実家に泊まる口実が出来る(^^)
うん、これ、いい案かも。

…てなことを、つらつらと考える今日この頃です。
[PR]
by fujimal_love | 2013-08-07 15:15 | ひとりごと | Comments(0)