ブログトップ

It's all right.

-支局長からの手紙-

  
去る5月23日の毎日新聞朝刊紙面の
「支局長からの手紙」欄にて、
毎日新聞神戸支局長・二木一夫様より、
私が所属する合唱団宛てに
下記のような「手紙」をいただきました。
大変光栄なことと感激すると同時に、
身の引き締まる思いがしています。
僭越ながら、以下にご紹介させていただきます。

----------
【支局長からの手紙】
年末の第九演奏の草分け的合唱団といえる「神戸フロイデ合唱団」が7月28日、夏の定期コンサートを開きます。
曲目は、モーツァルトのレクイエム。2年前に始めた三大レクイエム連続演奏会の最後を飾り、合唱団の創立60周年を記念するはずでしたが、東日本大震災の被災者を支援するコンサートに。
当日は、県内に非難している被災者を招待し、演奏の後に黙とう。レクイエムの一節を歌ってアンコールに代え、犠牲者へ鎮魂の祈りをささげます。
合唱団の前身、神戸労音合唱団の初の演奏会は1951年7月、宝塚大劇場が会場でした。以来、アマチュアの合唱団として、ベートーベンの第九を43回、毎年7月にサマーコンサートを開き、プロのオーケストラと共演してきました。現団長は、國井立志さん。合唱団とかかわってちょうど30年です。
合唱団消滅の危機を感じたのは、団員のほとんどが被災した95年1月の阪神大震災でした。それでも1ヶ月後には練習を再開し、その年のサマーコンサートは、ポートアイランドにある体育館にパイプ椅子を並べて開いたのです。ポートライナーがまだ完全に機能しておらず、ヘリで会場に駆けつけた当時の貝原俊民知事には「復興支援のいい力になってくれた」と励ましを受けました。
その翌年からのサマーコンサートは、阪神大震災の犠牲者の鎮魂を祈るものに。「自分たちで楽しむのではなく、お客様が感動できる音楽をどうつくるか」と國井さんは考え続けています。
団員は現在200人。これだけの規模で常時活動する市民合唱団は、そうありません。練習は毎週火曜日の夜。日曜に月1回と合宿もあります。プロの音楽家から罵声を浴びるきつい練習でも、休んだり、退団する人は少ないそうです。國井さんは「練習で自分が伸びていくという実感があり、ステージに上がり『感動した』と言われると達成感があるからです」と。
この夏に向けた練習は、合宿を終え、200ページ以上ある楽譜を見ずに歌う練習に入りました。指揮者をしっかりと見て背筋を伸ばし声を届かせる。聴く人だけでなく、被災地にも勇気を感動を与えるコンサートになることでしょう。
             ◇
神戸フロイデ合唱団'11サマーコンサート
7月28日(木)19時、神戸市中央区御幸通8の神戸国際会館こくさいホール。モーツァルト「レクイエム」「三位一体ミサ」。指揮は亀井正比古さん。S席6000円、A席5000円、B席4000円(全席指定)。同会館プレイガイド(078・230・3300)。
----------
[PR]
by fujimal_love | 2011-05-24 23:58 | 合唱のこと

『裏』の目標から

  
車の保険のことで話したい、と元夫からメールが入り、
先ほど電話で話しました。

あと3ヶ月ほどで車のリースローンが終了しますが、
先に保険の名義を変更しておかないと
現在加入している保険の割引が継続されないそうで、
代理店から書類を貰い、あとは印鑑を押すだけなので、
こちらで手続きしてもいいか、という話でした。
私名義(元夫の姓)のものが減るのは大歓迎なこと。
よろしく、と元夫に一任することにしました。

これでまた一本、重い鎖から解放されます。
『裏』の目標達成にまた一歩近づきました。
あともう暫くの辛抱…頑張ります。
[PR]
by fujimal_love | 2011-05-22 21:10 | 離婚関連

不安定な自分

  
大震災から2ヶ月あまり。
叔父一家が被災したこともあり、
最初のうちは酷く落ち込んだ。
でも、落ち込んでばかりもいられない、と
テンションを上げようと自分なりに意識をしてきた。

ずっと心配をかけたままの人もいる。
その人から優しいメールをいただくたびに、
まだ自分の気持ちが不安定なことに気づいて、
充分なお返事も出来ないまま時間が過ぎている。
申し訳なくて、でも、どうしていいのか、まだわからない。

何故気持ちがなかなか回復しないのか…
それは、叔父宅の修復が思うように進んでいないことが
一番の要因だと思う。
やはり震災後は人出が足りず、
業者もなかなか来てはくれない。
応急処置で、これ以上崩れないようにはして貰ったようだが、
修復工事が完了するまでは、
叔父たちも落ち着かないだろうし、
遠くで見守るしかない私たちも、それは同じ。

先日、弟たちから、何か支援物資を送ろうと相談があった。
「物資よりも、今は現金や商品券の方が喜ばれるよ」
叔母と頻繁に連絡を取っている母のアドバイスもあり、
それぞれが出来る範囲でやろうということになった。

早く元気を取り戻したいが、
もう少し、時間が必要だと思う。
[PR]
by fujimal_love | 2011-05-21 23:41 | 災害

気がつけば


久々の更新です。

今日はちょうど勤続1年という日でした。
1年前は、リーマンショック後の不景気が
影を落としたままで、
一時はどうなることかと思った就活でしたが、
前職をリストラされることが決まってから
簿記を活かす仕事に就くことを目標にすえ、
職業訓練に通ったことがよかったのだと思います。

職業訓練の受講資格が取れた時も、
そして現在の会社に採用が決まった時も、
両親がとても喜んでくれたのが一番嬉しかったな。
離婚前後から心配ばかりかけてきたから、
少しは親孝行になったかな、と思いました。

前職はちょうど1年でリストラされてしまったので、
今の職場には出来るだけ永く勤めたいです。
[PR]
by fujimal_love | 2011-05-19 20:04 | 仕事

  
今日は『阪急電車 -片道15分の奇跡-』を再び鑑賞。
一緒に行った友人は幾度となく涙を拭っていました。
私も、やっぱり同じシーンで涙(:_;)

映画のあとは友人オススメの韓国石鍋bibim'というお店で
石焼ビビムパを。
私は香辛料が苦手なのですが、
ここの石焼ビビムパは甘口もチョイス出来るのが嬉しいです。

そして、締めはアフタヌーンティーのカフェへ。
見るからに美味しそうなビタミンカラーのデザートは
西日本限定メニューのフルーツミックスジュース。
フローズンでこれからの季節にピッタリ。
友人のイチオシです♪

d0155893_23305566.jpg




ガールズトークのあとは美容院で髪をカット。
久々に休日らしい休日でした(^_^)
[PR]
by fujimal_love | 2011-05-03 22:14 | 地元のこと