It's all right.

fujimal.exblog.jp

大丈夫。まだまだ、これから。

ブログトップ

カテゴリ:災害( 19 )

再び…

  
4月7日23時32分に起きた震度6強の余震で、
仙台の叔父宅では復旧したばかりのライフラインが
再び断たれ、
不便な生活を強いられています。

本震で割れた窓ガラスも補修してくれる業者の手配が出来ず、
ビニールシートを張った状態で、
余震ではさらに一部の壁が落ち、
今度震度6クラスの余震がくれば
いよいよもう仮住まいも出来なくなるのでは、と思うと
心配です。

今後いろいろな手続きに罹災証明が必要になってきますが、
そのための損壊度の判定や補修費用の調査も
なかなか来ないため、
動くに動けない状態だそうです。
かといって、今さら避難所へ行って
ストレスの多い生活を送るのも
叔父叔母には正直気が進まないことでしょう。

私も何も出来ず、ただ祈ることしか出来なくて
ふと自分の無力さにたまらない気持ちになることがあります。

いつまで続くのか…
一日も早く収束してくれるのを待つばかりです。
[PR]
by fujimal_love | 2011-04-08 22:39 | 災害

Spring has come♪

  
d0155893_21322020.jpg



先日無事がわかった宮城県の友人から、
一昨日こんなメールが届きました。

「神戸の美味しいお菓子など送っていただけると安らぎます。
 甘いものが手に入らないので。」
 
私を頼ってきてくれたことが心の底から嬉しく、
他に一緒に送って欲しいものがないか尋ねたところ、
コーヒーや紅茶も手に入りにくい、とのこと。
着なくなった服などもあれば有り難い、とも
書かれていました。

早速仕事の帰りにスイーツとコーヒー・紅茶、
あれば便利だろうと思われるマスクや生理用品を調達。
帰宅後、部屋を家探しし、
着なくなった衣類が少しあったのと、
未使用の手ぬぐいなど、取り敢えず
役立てて貰えそうなものを詰め込み、
昨日発送しました。
一週間程度かかると思っていたところ、
驚いたことに一日で先方に到着。
宅配業者さんに感謝です。

その彼女、今日、震災後初めてバイト先へ
出かけていきました。
彼女はメンタル面を患っているため、
長時間の仕事は出来ません。
震災後は彼女のことがずっと気がかりでしたが、
働く意欲を持っていてくれたことを嬉しく思います。

桜も応援するかのように花開きました。
元の穏やかな暮らしを取り戻すまで、みんなで頑張ろう!
[PR]
by fujimal_love | 2011-03-31 20:38 | 災害

今“歌う”ことの意味

  
先日書いた 弱い自分 という日記。

数日前たまたま覗いたYahoo!知恵袋に、
私と全く同じ状態の人からの
『暗い気持ちを何とか和らげたい』
という相談があるのを見つけました。

  離れていた故郷で家族や友人知人が被災。
  被災地や、そこで避難生活を強いられている人々の
  状況を目に耳にして
  気持ちが落ち込んでしまう。
  そんな自分を何とかしたい、と思っても、
  どうしていいかわからない。

私も数日前までそうでした。
そのような状態に陥ることを“サバイバーギルティー”
(助かった者が 罪悪感や無力感を感じる事)
というのだそうです。

相談に対し、回答者の皆さんからはあたたかい言葉が
贈られています。

  相談者さんと同じ気持ちになる人はたくさんいる。
  申し訳ない、なんていう気持ちは持たなくていい。
  でも、そういう気持ちになった自分を責めることはない。
  泣きたい時は泣いていい。
  そんな思いまでしたのだから。
  生かされた自分に今、出来ることをすればいい。
  そして、笑顔と元気を取り戻そう。
  それこそが復興の力になる。

私も相談者の方と同じ気持ちで読んでいるうちに、
少しずつ心の緊張がほぐれていくような気がしました。

特に具体的な対処法のなかで目立ったのが、
“好きな歌を聴く・歌う”

自分が長年携わってきた“合唱”は、人の心、そして
自分自身の心までも癒すパワーがあるのだ、という
とても大切なことに気づかされました。
震災前の気持ちに戻るには少し時間がかかりそうですが、
自分が歌うことで誰かが元気になるなら、
やっぱり私には歌しかない。

そのために、少しだけ 救国の散財 をしようと決め、
あまり物欲はない方ですが、以前から欲しかったDVDを
少しずつ集め始めました。
それを観ると自然に笑顔になり、
時には声を上げて笑う自分がいます。

自分が元気を取り戻すための散財。
その元気を歌声に変えて、今度は聴いて下さる皆さんに
届けられるようになりたいと思います。

夏の演奏会で演奏する曲は鎮魂を意味する「レクイエム」
このたびの震災で亡くなられた方、そして被災者の方へ
かつての被災地から祈りをこめて歌いたいと思います。
演奏会の詳細が決定次第、
合唱団HP
にアップされる予定です。

お近くでクラシックにご興味のある方、ぜひご来聴下さい。
そして、一緒に被災地への祈りを届けて下さい。
[PR]
by fujimal_love | 2011-03-26 11:10 | 災害

「救国の散財」

  
----------
日本全土が現場、全国民が当事者であろう。
だが、皆が沈み込んではお金が回らず、再生はおぼつかない。
国費を被災地に集め、懐に余裕のある向きは
「救国の散財」をしてほしい。
義援金、外食、買いだめ以外の衝動買い、何でもいい。
----------

今日の朝日新聞朝刊に載っていた、天声人語の一節です。

親族が被災しても何も出来ないという無力感に襲われ、
普通に生活出来ていることが申し訳ない気持ちでいましたが、
この数行に少しだけ、元気づけられました。

そして、そばに行って直接支援出来なくても、
離れていても出来ることは実はたくさんあるのだ、と
気づきました。

普段、衝動買い、というとあまりいいイメージはないけど、
「救国の散財」と言われれば、罪悪感も薄れます。

派手なことは無理だけど、ちょっとくらいならしてみるか、
散財☆
そうしているうち、歌うことへの意欲も取り戻せたら、
今度は被災地に届くように歌いたい♪
[PR]
by fujimal_love | 2011-03-23 20:14 | 災害

弱い自分

  
あるサイトで誰かがつぶやいていた言葉…

「被災地じゃないと、弱音を吐いてはいけないのでしょうか」

この一言を見て、私の心の糸がどこかで1本、
プツンと切れるのが分かりました。
大変な思いをしている被災地の方々の心情を思えば、
普通に生活出来ている自分が弱音を吐くなどとは
とんでもない話。
けれども今回の地震はすべてにおいて規模が大きすぎ、
心が受け止められる許容範囲を
超えてしまっているような気がします。

まず、叔父一家の無事が分かったのはよかったけれども、
生き残ってもこれからが大変…そう思うと、
たまらない気持ちになります。
叔父の自宅は津波の被害は免れたものの損傷し、
一旦は戻ってきたものの、修理が必要とのこと。
その後連絡してきた叔母の話によれば
定年退職後引きこもりがちだった叔父は、今は殆ど寝たきり。
脳が現実を受け入れることを拒否しているようで、
一日ぼんやりと過ごしている、といいます。
駆けつけようにも遠すぎて、
何もしてあげられない自分の無力さを
ただ噛み締めるだけの毎日…。

原発の問題も大きすぎます。
これから、どうなっていくのか…。

被災地の方が困っている声はたくさん届いても、
自分には出来ることが少なすぎ。

こんな時こそ支えが欲しいけど、
参加中の婚活サイト内でも活動は自粛気味で、
活動をするのが申し訳ない気持ちになります。
同じ思いの人もいるようで、
積極的な活動は実質出来ない状態です。
実は少し遠方からお申込みをいただいて
メール交換をしている人がいますが、
もともと忙しい方で、震災後はますますメール数も滞り、
時折返信があっても、震災の話や消息確認に終始してしまい、
それ以外のことは殆ど話せていません。
もう、このまま自然消滅もありうるなぁ、と…。

そして、あんなに歌いたくてたまらなかった歌が、
今は歌う気になれません。
先週、練習を休んでしまいました。
今週は行かなければ、と思うが、
その気持ちが明日になれば持てるのか自信がない。
声というものはデリケートなので、
気持ちの入らない歌声は、一緒に練習している仲間に
伝わってしまいます。

被災地の人々には申し訳ないけれど、
頑張れない自分がそこにいる。
どうしても、元気が出ないのです…。
[PR]
by fujimal_love | 2011-03-21 14:42 | 災害

支援物資は細分化を

  
今朝、TV番組で取り上げていた、支援物資の話です。

徐々に貨物が被災地に届くようになり、
全国から膨大な数の支援物資が送られてきています。
避難所等へは要望に応じて、
必要なものを引き渡すシステムのため、
各拠点に集められた支援物資は、
自衛隊員の手で品目ごとに仕分けされます。
が、この作業が煩雑で思うように進まず、
自衛隊員の数が足りないために、
仕分け作業が追い付かないという事態に陥っているそうです。
そこで、支援物資を送る際のお願いとして、
以下のような点に留意して欲しい、とのこと。

★出来るだけ一つのダンボールに一つの品目を入れ、
 品目名を明記(例:タオル、ティッシュ、飲料水、…etc.)
★数品目を一つのダンボールに詰める場合は、
 品目ごとに袋詰めする
★衣料品については男女別・サイズ別に分けて袋詰めする

一刻も早く、しかも効率的に被災地へ
支援物資を届けるためです。
ご協力をお願いいたします。
[PR]
by fujimal_love | 2011-03-21 09:45 | 災害
  
!これは、チェーンメールです!

  ↓↓

 ■お願い■
 関西電力で働いている友達からのお願いなのですが、
 本日18時以降関東の電気の備蓄が底をつくらしく、
 中部電力や関西電力からも送電を行うらしいです。
 一人が少しの節電をするだけで、
 関東の方の携帯が充電を出来て情報を得たり、
 病院にいる方が医療機器を使えるようになり救われます!
 こんなことくらいしか関西に住む僕たちには、
 祈る以外の行動として出来ないです!
 このメールをできるだけ多くの方に送信をお願い致します!


昨夜からこのようなメールや情報が私の元へも相次ぎました。
…せっかくの善意を土足で踏みにじるような気もしますが、
『関西電力からは送電していません』

今朝の新聞に記事が出ていましたが、
東と西では周波数の違いがあり“周波数変換所”があるものの
変換容量に限界があり、とても足りるものではない
そうで、
そのような事情から、関西電力側からの発表はない状態です。
節電しても殆ど役に立てないとは情けないお話しですが、
関西電力から正式な要請がない限り、混乱を避ける意味で
このようなチェーンメールの拡散は控えたいと思います。

皆様もどうぞご注意下さい。


追記:現在、チェーンメールが携帯の通信回線を
  圧迫しているそうです。
  10人に転送すると3回で1000人以上にメールが出回り
  重要な連絡が不達・遅延になる可能性があります。
  ご注意ください!

 
[PR]
by fujimal_love | 2011-03-13 10:46 | 災害

東日本大震災

  
このたびの地震で被災された皆様に、
心よりお見舞い申し上げます。

2011年3月11日14:46。
これより数分遅れて、私は会社の事務所で
揺れを感じました。
最初は地震とは気づかず、
自分がフラフラしているのだと思いましたが、
どうも変だと思い、周囲の人に
「今、地震ありました?」
とつぶやいたら、
「やっぱりそう」
「私も自分がフラついてるのかと思った」と。
震度表示は3となっていました。

もしや…とイヤな予感がしてネットのニュースを見るなり
「えっ!?」と声を上げた私。
“地震”“東北地方”という文字が躍っているのを見て、
とっさに仙台に住む叔父一家のことが心配になり、
叔母(母の実妹)の携帯にメールしてみましたが
音沙汰はなく、
それからは仕事が手につかない状態で、
数分おきにネットの地震情報を凝視していました。
時間を追うごとに地震の規模が上がり、
被害状況が明らかになるのを見て、
言葉もありませんでした。

叔父一家の無事がわかったのは、22:00過ぎ。
母の携帯にメールが入り、
車で自宅を離れている、ということでした。
その後は恐らくのバッテリー切れなのでしょう、
連絡が途絶えていて、どこでどう過ごしているのか
まったくわからない状態で、
無事が確認されたものの、心配は尽きません。
叔父とは別居している息子(私からみて従兄弟)夫婦の
安否もわかっておらず、
母は眠れぬ一夜を過ごし、食欲もなく、
TVの前から動けずにいます。

思えば16年前の阪神大震災の時、
大阪にある叔父の会社の家族寮の空き部屋を
提供して貰うなど、
叔父には随分と助けて貰いました。
今度は私たちに何が出来るか…
恩返ししたい気持ちだけが先走り、
ただただ頑張って欲しいと祈ることしか出来ずにいます。

また、叔父の家から20kmほどのところに住む友人♀とは
まったく連絡が取れていません。
会ったことはないのですが、とあるSNSで知り合い、
数日前にもメールのやり取りをしていました。
電話番号がわからないため、
モバイル版安否情報などが利用出来ず、
もどかしい思いをしています。
どうか無事でありますように…!
[PR]
by fujimal_love | 2011-03-12 20:54 | 災害

地震

  
昨日、仕事を終えて帰宅した直後、
久し振りに少し大きめの地震がありました。
それもかなり局地的で、神戸の知り合いは
「気付かなかった」と。
ニュースによると、西宮市・宝塚市で震度2、
神戸市東部で震度1でした。
震度2というとたいした揺れではないように思いますが、
縦揺れで、ズシンという衝撃に
思わず「うわっ!」と叫んだほど。
マンションごと、ドンと落とされたような感覚で、
あと5分帰るのが遅かったら
マンションの外で一人だった、と思うと
ゾッとしました(*_*;

…マジ怖かった(>_<)
[PR]
by fujimal_love | 2010-06-05 11:27 | 災害