JRが止まるらしい

 
明日は、京阪神地区のJR在来線が、16時頃から全て止まってしまうらしい。
14時頃から順次本数を減らしていくそうな。
事前に運転取りやめを予告するのは初めてのことだそうで、
エライこっちゃ、な感じ(◎o◎)

14日の朝の通勤時間もヤバそう・・・
阪急電車は動くのかな(汗)
先週に続いて、また休み明けの通勤に悩まされるとは(-_-;)
[PR]
by fujimal_love | 2014-10-12 18:41 | 災害 | Comments(0)

地震

真夜中、ふと目が覚めて、時刻を確認しようと携帯に手を伸ばした時、

・・・!!

ゆさゆさと揺れがきた((+_+))

えっ!? こわ・・・(>_<)

思わず声が出た。

すぐ携帯を見た。

え・・・1:17

あの震災から20年。
1.17という数字に敏感になってしまう。

今朝、確認したら、ここは震度2。
それだけの揺れでもこんなに怖い(*_*;
[PR]
by fujimal_love | 2014-08-06 11:10 | 災害 | Comments(0)

記憶

今日も一日、部屋で片付けものをしていました。
今朝ゴミの収集で出したばかりなのに、もう袋にいっぱい。
結婚までにこの袋をいくつ出すことになるのか…
捨てられない性格が災いして、袋の中はガラクタばっかり。
彼の家へあまりガラクタばかり持っては行けないので、
心を鬼にして、大処分市絶賛開催中です(笑)

そして、今日は3.11。
あの日のことを思い出していました。
私はこの日、大阪の職場で揺れを感じました。
すぐさまパソコンを立ち上げ、次第に現地の被災状況がわかってくる中で、
18年前の阪神大震災のことが蘇り、仕事に手がつかなくなりました。
宮城県内の親族や友人は無事なのか…!?
叔母とは連絡が取れた、と母からメールが入ったものの、
結婚して叔父叔母と離れて暮らす従弟の消息がわからない、とのこと。
そして、友人とも連絡が取れなくなっていました。
とにかく、何でもいいから情報が欲しい!
仕事そっちのけでいろいろ調べていくうち、
偶然知ったGoogle Person Finderで従弟や友人の名前を検索したところ、
既にお友達が、従弟の消息を尋ねる書き込みをして下さっていました。
そして2日後には、親族から『全員無事です』の書き込みが(T_T)
それに勇気を貰い、友人の消息を尋ねる書き込みをしたところ、
今度は友人のお友達からも『無事です』と。
インターネットの威力を、この時ほど感じたことはありませんでした。
その時のやり取りを印字して取っておいたものが、今日出てきたのです。
「阪神」で被災した者としても、震災の記憶を風化させないために、
これはずっと大事にとっておこう。
そう思います。

犠牲者の方々のご冥福をお祈りし、
ご遺族、そして、今も懸命に復興への道を歩んでおられるすべての方々に
お見舞いを申し上げます。
一日も早く、名実ともに復興を遂げることが出来ますように。
[PR]
by fujimal_love | 2013-03-11 23:25 | 災害 | Comments(0)

2025の空


”2011.9.11の空の写真を、 南相馬市の小学生に贈ろう”

友人が教えてくれた、素晴らしい企画(過去日記)。
発案者は大杉隼平さん(父上は俳優:大杉漣さん)です。
私も参加させていただきましたが、
集まった2025の空の写真がこのたび、
福島県南相馬市の小学生に贈られました。
(私が撮った写真も、見つけました♪)

そして、2012.3.11にも同企画の参加者を募るそうです。
ご賛同いただけましたら、携帯の写真でもOKなので、
当日(2012.3.11)の空の写真を撮って、
メールでお送り下さい。
送り先等、詳細はこちらです。
http://www.exblog.jp/myblog/entry/edit/?eid=d0155893&srl=15084204
[PR]
by fujimal_love | 2011-12-10 00:15 | 災害

 
d0155893_1191662.jpg

 
すでにご存じの方も多いと思いますが、
今日 9月11日の空の写真
東日本大震災の被災地の子供たちにプレゼントする
という企画があります。

参同される方のご協力をお願いいたします。
[PR]
by fujimal_love | 2011-09-11 10:19 | 災害

不安定な自分

  
大震災から2ヶ月あまり。
叔父一家が被災したこともあり、
最初のうちは酷く落ち込んだ。
でも、落ち込んでばかりもいられない、と
テンションを上げようと自分なりに意識をしてきた。

ずっと心配をかけたままの人もいる。
その人から優しいメールをいただくたびに、
まだ自分の気持ちが不安定なことに気づいて、
充分なお返事も出来ないまま時間が過ぎている。
申し訳なくて、でも、どうしていいのか、まだわからない。

何故気持ちがなかなか回復しないのか…
それは、叔父宅の修復が思うように進んでいないことが
一番の要因だと思う。
やはり震災後は人出が足りず、
業者もなかなか来てはくれない。
応急処置で、これ以上崩れないようにはして貰ったようだが、
修復工事が完了するまでは、
叔父たちも落ち着かないだろうし、
遠くで見守るしかない私たちも、それは同じ。

先日、弟たちから、何か支援物資を送ろうと相談があった。
「物資よりも、今は現金や商品券の方が喜ばれるよ」
叔母と頻繁に連絡を取っている母のアドバイスもあり、
それぞれが出来る範囲でやろうということになった。

早く元気を取り戻したいが、
もう少し、時間が必要だと思う。
[PR]
by fujimal_love | 2011-05-21 23:41 | 災害

復興に向けて

  
3月11日の大震災以来、気がかりだった仙台の叔父の家。

先日、損壊の判定(半壊でした)や修繕費の見積り、
保険会社の査定が終了し、
幸いなことに転居しなくてもよくなりました。
修繕費も保険金で充分賄えるとのこと。

「嬉しくて電話した」と叔母が母に言ったそうです。
実の妹の被災に、心を痛める母を見て
私も気分が滅入ったままでしたが、
叔母からの嬉しい知らせに
我が家でもようやく心の桜が咲きました。

それを祝うかのように、Photobackというサイトで発注した
桜の画像をまとめたミニアルバムが届きました。

d0155893_1336933.jpg


サイト内には自分の作品を掲載出来るコーナーがあり、
私の拙い作品も期間限定で掲載されていました。

いろいろな想いを抱えながら撮った今年の桜。
記念にずっと残したいと思います。
[PR]
by fujimal_love | 2011-04-24 13:28 | 災害

批判ばかり

  
最近思うことがある。

この度の東日本大震災に始まったことではないが、
誰かの言動に対していちいち批判する人は
相手の苦労や心中を推し量って言っているんだろうか。

私には難しいことはわからないし、
そんな私がこんなことを書けば
たちまち非難されるかも知れない。
あるいは尻が青いと嘲笑する人もいるだろう。
でも、あとから批判することは簡単だ。
批判するなら自分がやってみろ、
と言いたくなることが多過ぎる。

首相批判、東電批判…一体何様のつもりなのか。
被災地の方々には本当にお気の毒だと思う。
けれどもこれを「想定外」「未曾有の災害」と表現することが
何故悪いのか。
この度の震災は、相手が『自然』なのだ。
そして、津波や原発事故もその震災がもとで起きたこと。
簡単に被害の予想がつくくらいなら、
ここまで苦労はしない。
そして、震災後の様々な対策も、各方面の専門家によって
最善と思われる策が講じられてきたのだと私は思っている。
そこには時間との戦いもあり、大変な決断の連続のはず。
“後出し批判”する人間は卑怯だ。
奢りの塊だと思う。

人間の英知などたかが知れている。
自然の脅威に勝てるものなどないことを
自覚することから始めるべきだ。
あまりに簡単に他人を批判する人ばかりで、失望する。
黙々と復旧・復興に向けて努力を続ける
被災者・関係者の方々を見習え、
と言いたい。

このところの批判続きで少々腹に据えかねたが、
こんな日記もう二度と書きたくない。
[PR]
by fujimal_love | 2011-04-17 23:01 | 災害

  
被災者の皆様に
                 柴田トヨ

 あぁ なんという
 ことでしょう
 テレビを見ながら
 唯(ただ) 手をあわすばかりです

 皆様の心の中は
 今も余震がきて
 傷痕(きずあと)がさらに
 深くなっていると思います
 その傷痕に
 薬を塗ってあげたい
 人間誰しもの気持ちです
 私もできることは
 ないだろうか? 考えます
 もうすぐ百歳になる私
 天国に行く日も
 近いでしょう
 その時は 日射(ひざ)しとなり
 そよ風になって
 皆様を応援します

 これから 辛い日々が
 続くでしょうが
 朝はかならず やってきます
 くじけないで!
[PR]
by fujimal_love | 2011-04-17 10:11 | 災害

荷造り

  
先日の余震で、叔父宅では壁が一部崩れ落ちましたが、
食器棚も転倒して食器が殆ど割れてしまったとのことで、
家にあった、使っていない食器をかき集めました。
その中には、私の再婚の時にお祝いでいただいたものもあり、
数アイテム5ピース分が揃っているので、
ワケありですが、役に立てて貰えば、と。
他にも衣類やお菓子などの雑貨も詰め込み、
結局ダンボール4箱の荷造りで、結構骨が折れました。

あれからも余震がずっと続き、
被災地では落ち着かない日々となっています。
私たちも地震速報が出るたび、ギクリとします。
どうか一日も早く収束しますように…!
[PR]
by fujimal_love | 2011-04-17 00:05 | 災害