It's all right.

fujimal.exblog.jp

大丈夫。まだまだ、これから。

ブログトップ

カテゴリ:地元のこと( 25 )

桜2017 in 夙川公園


今日は生憎の雨模様。
満開に近くなった桜を撮りたくて、ペインクリニックの帰りに一人撮影会。
午前中から花見客もぞくぞくと詰めかけていました。
明日は今日より止み間があるという予報で、人出が多そう。

d0155893_18470184.jpg


d0155893_18461025.jpg


d0155893_18504137.jpg


d0155893_18492314.jpg


d0155893_22135363.jpg


d0155893_18524652.jpg

最後の1枚は、最寄駅までの通勤路。
お花見をしながら通勤出来る贅沢。
この街に住んでよかったと思える季節です。


[PR]
by fujimal_love | 2017-04-08 19:02 | 地元のこと | Comments(0)

阪急電鉄 × PEANUTS

★PEANUTS MEET HANKYU★

d0155893_22231342.jpg




















d0155893_22231854.jpg






























京都線・神戸線・宝塚線で各一編成限定のラッピング車両に
たまたま乗りました♪
SNOOPYファンにはたまらない可愛さ。

↓こんなコラボレーションイベントが始まったそうです。

d0155893_22232316.jpg
































今日から販売のグッズは早くも欠品続出。
やっとの思いでクリアファイルとふせんをゲットしました。
他のグッズも手に入るといいんだけど(^_^;)


[PR]
by fujimal_love | 2016-10-02 22:28 | 地元のこと | Comments(0)

夜桜とピンクの絨毯

今回初めて、夙川の夜桜を撮ってみました。
ちょっと難しかったな。

d0155893_13133673.jpg

d0155893_1313795.jpg

d0155893_13135615.jpg



そして、先日の嵐のあと。
ピンクの絨毯がとても綺麗でした。

d0155893_1393340.jpg

d0155893_13101637.jpg

d0155893_13105378.jpg

[PR]
by fujimal_love | 2016-04-09 13:17 | 地元のこと | Comments(0)

1.17 [2]

1995.1.17

その日は私だけが神戸を離れていたため、
一緒に過ごした家族の痛みに共感出来ないもどかしさがありました。
被災地の住民でありながら、被災者ではなかった。
特定疾患(難病)が発覚し、遠く離れた地で手術を受けた当時の夫に
付き添うことが精一杯だった私。
そのため、私はみんなから話を聞くことでしか、
被災状況を知ることが出来ませんでした。
そこで、少しでも家族の痛みをわかりたくて、
被災地で必死に写真を撮りました。
あちこちに貼られた「見物するなら帰れ」という趣旨の
手書きの看板を見るにつけ、
自分がそれと同じことをしているような気がして、
うしろめたさで心が痛んだ日もありました。
だけど、震災当日ここにいなかった私には、
今残っている姿の神戸を記録しておくことしか出来ないのも事実です。
その気持ちに突き動かされて、思いつくままに出向き、
シャッターを切りました。

“震度7”を知らない神戸市民が震災を語れるワケがない。
被災地に住みながら被災者ではない私が震災を語ることに
罪悪感を覚えました。
今でも複雑な想いは残りますが、それでも、
あの時、生々しい傷跡の残る神戸の街を実際に歩かなければ
わからなかったことはたくさんあります。

瓦礫の中、親友の実家で片づけに追われるお父様とご対面。
壊れて傾いた隣家の方々を助け出されたお話を聞きました。
神戸の観光スポットを走るシティループには
「緊急車両」の文字が掲げられ、
休日には子供たちの歓声が響き渡る動物園周辺は、自衛隊の臨時基地に。
その近くにあった母校の体育館は、遺体収容所になっていました。
そして、あちこちに貼られた
「自衛隊さん ありがとう」
「がんばろう 神戸」
の貼り紙。
当時はカメラ付き携帯もデジカメもない時代。
何度かの引越で、写真やネガも紛失してしまいましたが、
私の記憶には確かに刻まれました。

そして、やはり想うことは、たびたび報道されているように

災害の記憶は風化させてはいけない

その一語に尽きる、ということです。
被害の甚大さや、極限の中で支え合った絆の深さ、
普段からの備えがいかに大切か。
阪神淡路大震災を知らない神戸市民が50%に迫ろうとしている今、
20年という節目に、私も自分に出来ることを
これからも考え続けていかなければと、改めて思います。
[PR]
by fujimal_love | 2015-01-18 10:52 | 地元のこと | Comments(0)

1.17 [1]

 
このところTVでは震災関連の報道特集が多く、
あの時の揺れや火災現場のシーンが映るたびに、
母は「もうやめて!」と目を背けます。
かなりトラウマになっていて、未だに画面を正視出来ないようです。
私自身も震災と当時の夫の病気とが重なり、
当時は毎日が戦争のようでした。

20年前のあの日、私は滋賀県大津市というところにいました。
一週間ほど前に大手術を終えた夫が動けず寝たきりのため、
ずっと泊り込んでいたのですが、
地震が起きた5:46には2人とも起きていて、
揺れた瞬間、私は夫が横たわるベッドにしがみつきました。
滋賀県は震度4でしたが、もっと激しかったように感じました。
少し落ち着いてきた時、夫が持っていた小型TVをつけた途端、
目に飛び込んできた信じられない映像に
私たちは凍り付きました。

神戸が大変なことになっている-。

その日、私は一度神戸市内の自宅に戻る予定でしたが、
交通が寸断されたため帰るに帰れず、
そのまま病院のご厚意で10日ほどお世話になることに。
私は衣類の替えがなかったため、慌てて買いに走りました。

自宅は比較的被害の少ない場所にありましたが、
術後の夫と一緒に居られたのは不幸中の幸いでした。
今のように携帯電話もなく、簡単にお互いの安否も掴めない中で、
もし一人きりで自宅にいたら、おかしくなっていたかも知れません。

実際に、実家の両親や弟たちとは丸2日連絡が取れず、
最悪の事態も考えました。
海岸近くに石油タンクがあり、爆発の危険があるため、
指示される避難場所が刻々と変わり、逃げ惑っていたそうです。
その後、連絡が取れて全員が無事であることが判明。
1月末近くになって、途切れ途切れに開通した交通機関を辿り、
自宅と病院とを片道6時間かけて往復。
夫や自分の衣類、バスタオルの替えなどが入った
大きな荷物を抱えての移動は大変でした。
やはりまだ30代と若く、気も張っていたから乗り切れたのでしょう。

また、元夫の実家周辺は火災の酷かった地域で、
木造の民家が密集する地域。
あとで聞いた話ですが、隣の家が傾いて元夫の実家に寄り掛かり、
いつ倒れてもおかしくなかった、と。
そこには義母と義兄(長男)が住んでいましたが、危険を感じた義兄は
被災を逃れたもう一人の義兄(次男)宅に義母を託したそうです。
その後、隣家は撤去され、実家は義兄が自分で修繕をしたそうです。

幸い、身内に亡くなった者はいませんでしたが、
当時、事務員として勤務していた新聞販売店では、
支店長の奥様が朝刊の配達中に地震に遭い、
崩れてきた塀の下敷きになって、34歳の若さで殉職されました。

実家のあった東灘区はライフラインの復旧が遅れ、
私も暫く滋賀県の病院へ通うために、両親とともに
叔父のつてで大阪のとある会社の社員寮の空き部屋を借り、
そこで2ヶ月ほど過ごしました。
震災の傷跡がまだ生々しかった3月に地下鉄サリン事件が起こり、
何が何だかわからないうちに春が過ぎていきました。
そのため、その年だけ、桜の花が咲いたかどうかの記憶がありません。
季節を感じる余裕はまだなかったのでしょうね。

その年の夏、漸く退院出来た夫は、手術によって
全身麻痺の危機は脱したものの、重度の身体障害を負うことに。
それを悲観するよりも受け止めようとする夫のバイタリティーに救われました。
そして退院後、2人で訪れた長崎のハウステンボスは
半年間、瓦礫の山しか目にしてこなかった私にとって、別天地でした。

あれから、日本は地震の活動期に入ったと言われています。
東日本大震災の記憶もまだ新しいところ。
その他にも各地で地震が頻発しています。
火山国である日本に住んでいるのだから、
地震が起きるのは仕方がないことだとわかってはいても、
もう二度とあんな震災には遭いたくない。

例年、神戸ルミナリエの会場にもなっている東遊園地で行われる
追悼行事に参加してきましたが、
今年は仕事で行けないため、
明日の朝5:46には、黙祷を捧げてから出勤したいと思っています。
[PR]
by fujimal_love | 2015-01-16 21:53 | 地元のこと | Comments(0)

20th 神戸ルミナリエ 2014

 
彼と行く日がまだ決まらず、待ち兼ねて
会社帰りに途中下車して観に行きました。

d0155893_20235688.jpg

d0155893_20243050.jpg

d0155893_20245720.jpg


点灯前の写真も撮りたかったのですが、
会場に行ったらもう点いてました。
また後日狙います(*^_^*)
[PR]
by fujimal_love | 2014-12-08 20:46 | 地元のこと | Comments(0)

桜咲く♪

d0155893_10132692.jpg

d0155893_1013267.jpg

地元・夙川公園の桜が開花しました。
椎間板ヘルニアを患って実家での療養がまだ続いており、
思いがけず地元の桜を今年も見ることが出来て嬉しいです。

今日はあいにくの雨ですが、明日からまた晴れて気温もぐんと上がり、
開花が進みそうです。
婚家からデジカメを持ち出せばよかったとちょっぴり後悔。
今年は携帯カメラに頑張って貰いましょうo(^-^)o
[PR]
by fujimal_love | 2014-03-26 10:13 | 地元のこと | Comments(0)

神戸ルミナリエ 2013

今年も見に行くことが出来ました。
美しさに言葉が出ません。
ただ、それだけです。

2013.12.12
d0155893_1554722.jpg

d0155893_15543931.jpg

d0155893_155582.jpg


こんなコラボもありました。
合掌。
d0155893_155696.jpg

[PR]
by fujimal_love | 2013-12-18 15:57 | 地元のこと | Comments(0)

夙川公園の桜 2013 その2

昨日は冷え込みで縮こまったような感じでしたが、
今日はかなり花が開いていました。
月末には満開になりそうですね。
d0155893_23522163.jpg

d0155893_23531098.jpg

こんなところでも頑張る蕾が↓
d0155893_23533085.jpg
d0155893_23534782.jpg

この木は種類が違うらしく、早咲きです。通過中の阪急電車と一緒にパチリ☆↓
d0155893_23535969.jpg

[PR]
by fujimal_love | 2013-03-22 23:57 | 地元のこと | Comments(0)

夙川公園の桜 2013

今年も夙川公園の桜を記録していこうと思います。
写真は昨日の様子です。
お気に入りは3枚目。
前日までの陽気と打って変わってひんやりした空気に
開きかけた桜がちょっとビックリしたのか、
首をすぼめたような花姿が何とも愛らしいデス♪
これでも平年より10日ほど早いんですよね。

d0155893_103725.jpgd0155893_10371637.jpgd0155893_10372713.jpg

[PR]
by fujimal_love | 2013-03-22 10:39 | 地元のこと | Comments(0)