カテゴリ:家族のこと( 10 )

どうして

ー愚痴です。


彼からようやく、ちゃんとしたプロポーズといえる言葉を貰って、
私がこんなに幸せを感じているのに、
相変わらず母は一向に喜んでくれず、モヤモヤする。
彼との結婚の話になると
「お母さんが亡くなるのを待つなんて、絶対間違ってる」
「長くて10年って・・・」
「私がその歳(彼のお母様は現在88歳)になるじゃない」
こんなことばかり言う。

母が、自分の目の黒いうちに、
私が彼と一緒になるのを見届けたい気持ちはわかるし、
私だって、一日でも早く彼と一緒に暮らしたい。
言えるものなら、とうの昔に彼にそう言っている。
だけど、彼には彼の想いがあり、事情がある。
*私の存在が知れて、周囲からいろいろ詮索されるのが面倒。
*母親を見送って、諸々をスッキリさせてから二人のことを考えたい。
(男性って複数のことを一度に考えられない生きもの、とも聞く)
もちろん、どちらも私の憶測でしかないけれど、
彼にしたら当然の気持ちだと思う。
でなければ、とっくに結婚しているだろうし。
それを考えずに、こちらのワガママだけを押し付けることは
私には出来ないよ。
それに、この私にだって、彼側のしがらみはなるべく少ない方がいい、
という思いも正直ある。
やっぱり面倒だもの。
そういうものに早くから縛られるのはゴメンだ。

そもそも彼が
「一緒に住もう」
と言ってくれたのも、
話の流れで私が将来への不安を漏らしたことがきっかけで、
決して彼に結婚を迫ったワケじゃない。
そんなことをもし彼に言えば、
重い女と鬱陶しがられるに決まっている。
だから、出来るだけこちらから水を向けないように、
結婚の話は避けてきた。

そんな娘の気持ちを、なぜ理解してくれないんだろう。
「よかったね」
の一言を、どうして言ってくれないんだろう・・・。



[PR]
by fujimal_love | 2017-02-28 10:15 | 家族のこと | Comments(0)

父の日


もう20年以上、父が気に入って愛用しているコーヒーカップ(2代目)が
最近少し欠けているのが気になっていました。
母も同じことを考えていて、今年は二人でこれを贈ることに。
箱を開けた父が目を細めるのを見て、こちらもほっこりしました。

d0155893_12573352.jpg


もう一度これを贈るまで長生きして欲しい、というのは無理かなぁ(#^.^#)

※画像は大倉陶園さんからお借りしました。 
 
[PR]
by fujimal_love | 2016-06-19 13:04 | 家族のこと | Comments(0)

母の誕生日

 
バースデーな話題が続きますが・・・
今日は私の母の誕生日でした。

いつも出勤する私と入れ違いに起きてくる母。
なので、会話をする暇はないのですが、
今朝、プレゼントを食卓の母の席に置いて出かけたら、
途中で母から「ありがとう」のメール。

ローラアシュレイのマイバッグです。

d0155893_22175218.jpg

パープル系が好きな母が喜びそうだと、少し前から目をつけていました。
なんと欲しかったものだったそうで、よかったよかった(^^)

※画像はローラアシュレイのHPよりお借りしました
[PR]
by fujimal_love | 2015-08-06 22:20 | 家族のこと | Comments(2)

毎年悩みます

今日は【母の日】

普段何も出来ないので、何か母が喜ぶものを、と思いつつ、
毎年、悩みます。

以前は刺繍したものを額に入れて贈ったりしましたが、最近は
残るものはいらない
というので、今年は花束と和菓子にしました。


d0155893_1014893.jpg
d0155893_10143645.jpg
青山フラワーマーケットで見つけた、
可愛いブーケ**
母の好きなバラを贈るつもりが、昨日はどのショップもカーネーションだらけで
バラは見つからず、
このショップの店頭に並んでいたブーケの中から、これをセレクトしました。




d0155893_10234219.jpg

仙太郎の柏餅↑
本当はおはぎが欲しかったけど、この日は品薄で、
洋菓子にしようか迷いましたが、小豆ものが好きな母にはやっぱりこれかな、と。
ここの柏餅は初めて食べたのですが、
母もご満悦で、夕食後に2個をペロリ(゜o゜)(笑)



d0155893_10301147.jpgおまけ

こちらは最近、彼と行くようになった、
神戸元町・四興樓の豚まんです。
20年ほど前はよく買い求めていました。
皮生地はもっちり、アンは肉も柔らかくずっしりで食べごたえがあります。

豚まんなんて腹の足しにもならん
と言っていた父も
これはうまい(^.^)
と平らげてくれてよかった。
さすが創業65年の老舗ですね。
こちらは全国配送もしていて、HPからネットで購入出来ます(^^)v
[PR]
by fujimal_love | 2015-05-10 10:38 | 家族のこと | Comments(0)

フィアンセ

私のことじゃありません、弟の、です(^.^)
お正月に、再婚話が出ている彼女とそのお嬢さんが我が家にやってきます。
両親と私は、彼女には一度会っています。

昨日、彼にふとした流れでその話をしたところ、
聞き流すだろうと思っていたら、
それってどっちの弟さん?
と意外にも食いついてきました(弟は二人います)

ちょっとは意識してくれたのかな(・_・)
なんてね ('-^*)
[PR]
by fujimal_love | 2014-12-24 21:00 | 家族のこと | Comments(0)

ほっこり(^^)

久し振りの日記です。

今日は嬉しいことが2つ。

婚活は紆余曲折ありましたが、
先日お見合いしたお相手と、今日再度会い、
結婚を前提にお付き合いをすることになりました。

そして、先ほど、もう一つのHAPPYが。
事情があって、弟夫婦が最近離婚をしたのですが、
元義妹の所にいる姪っ子から
「携帯アドレス変更しました」
というメールが届いてビックリ。
離婚後、キャリアを変更したようでした。

実は今日は姪っ子の誕生日。
昨年までは毎年お祝いのメールを送っていましたが、
今年はお母さん(元義妹)の手前、送らなかったんです。
(元義妹からはメールは来ていません)
もう送っちゃいけないんだと寂しく思っていたので、
本当に嬉しかったです。

元義妹には気の毒だけれど、考えてみたら
姪っ子と私は血が繋がっているんですよね。
自分には子供がないため、
あまり「血」というものを意識したことがありませんでしたが、
今日はそれを強く感じました。
何より、姪っ子が連絡をしてきてくれたことが嬉しくて、
早速、お祝いのメールを送りました。

このことで、お別れした元婚約者の気持ちが、少しわかった気がします。
やはり「血」というものは切れないんだな、と。
元婚約者とお子さんの間には、到底私は入り込めない。
だから、あちらから縁を切って貰ってよかったのかも。
そんな思いがしました。

最近、暑さも加わって毎日疲れ切っていましたが、
嬉しいことが続いて、週明けからまた頑張れそうです。
[PR]
by fujimal_love | 2012-07-28 20:59 | 家族のこと | Comments(0)

叔父・叔母のこと

 
暮れも押し迫ったこの時期に、ちょっと気になる話が。
叔母が、来年2月、白内障の手術を受けるそうです。

それだけなら、治療すれば心配はないのですが、
無気力から寝たきりになった叔父の認知症が進んだため、
叔母の入院前後、介護サービスを利用して
施設に預けることになったそうです。
叔母にすれば叔父のそばにいたいけれど、
手術後も暫くは雑菌が入るのを防ぐため、
すぐには退院出来ない、とのことからでした。
息子一家(従兄弟)も近くに住んではいますが、
メンタル疾患を抱えるお嫁さんに、
お世話をかけたくない、と。
実姉の母も、遠方(関西)のため行ってやれないのが辛い、
と言います。
退院後は老老介護になってしまうし、
被災地(宮城県)でもあるので、何かと心配です。

さらに叔母は、胸に影がある、という診断を受けたとのこと。
大病につながらないといいが、と祈る思いです。
[PR]
by fujimal_love | 2011-12-28 22:32 | 家族のこと

-家族会議-


今朝、目を覚ますと、リビングから父の声。
無口な父がこんなにとうとうと喋るのは珍しいな、
と思いつつ朝食に加わると、
父が話していたのはお墓参りのこと。

先週、弟が突然、父の里のお墓に参りたい、と
言い出しました。
父の里は奈良・吉野の山奥のさびれた村にあり、
90歳を超えた父の叔母が一人暮らしをしていて、
息子(父の従兄弟)が時々様子を見に帰っているとのこと。
父も長く訪れておらず、気にはなっていたようでした。
私自身も小学生の頃までの記憶しかなく、
もう行くことはないかも知れない、と思っていました。

行くなら平日に、ということになったのですが、
解雇になり、次の職場も決まっていない私は
今のところ休暇取得などの心配もないので、
この時期にお墓参りの話が出たのも、
ご先祖様が呼び寄せたのかも知れません。
この機会を逃したら、本当に一生行くことはないかも。
[PR]
by fujimal_love | 2011-08-21 11:57 | 家族のこと

父の日によせて


2011.6.19 父の日。

今年は前日ゲットしたロールケーキと、
黒檀のお箸をプレゼントしました。
『毎年こんなに気を遣わんでもいいのに~』
と言いつつ嬉しそうな父。
照れ隠しとわかっているから、私も
「じゃあ、このお箸は永く使って貰えるものだし、
今年で最後にするわね(^o^)」
なんて笑って返しましたが、
心の中では寂しさを感じていました。

まだまだ元気な父ですが、
私が心配をかけ続けてきただけに、
親孝行もし足りない状態だから、
きっと来年も何か贈り物をすると思います。


お父さん、いつもごめんね
それから、いつもありがとう
もう少しで安心させられると思うから
それまでチョット待っててね
                   ―娘より
[PR]
by fujimal_love | 2011-06-20 00:06 | 家族のこと

妻の歌

  
今日は父を伴って、母が所属する
女声コーラスの演奏会へ出かけました♪

実は、私の父は大のクラシック嫌い。
これまで、母や私の合唱のステージを聴きに来たことは
一度もありません。
それが先日、母が言うには
『お父さん、本番の日に来るって』
何があったんだろう、と思ったら
『コーラスを聴くのは苦痛だろうけど、
 あのホールの建物は一見の価値があるよ』
と父に言ったんだそうです。
今回は特別な選抜メンバーでのコーラスで、
母はどうしても父に聴きに来て欲しかったようです。

d0155893_12512653.jpg

d0155893_12522372.jpg

父は定年まで工務店に勤め、設計の仕事をしていた
一級建築士。
ホールにつくと早速、建物の中を眺め回していました。
場内の雰囲気を損なわない
透明な反響板(写真下)の存在も
父には当たり前のようでしたし、
私も、仕事に誇りを持っていた父の姿を
久々に見た気がしました。

終演後、ロビーに出てきていた母の顔は
イキイキとしていて、
娘の私から見ても綺麗でした。
父はそんな母に惚れ直したかも。
演奏中、そっとうかがい見た父の顔も
まんざらではない様子で、
今日の感想は敢えて聞かないことにしました(*^_^*)
[PR]
by fujimal_love | 2010-06-12 20:41 | 家族のこと