It's all right.

fujimal.exblog.jp

大丈夫。まだまだ、これから。

ブログトップ

将来のために

頭の中を整理するつもりの記事なので、長文になります。


昨日、新リンパ療法の無料講座を受講しました。
その結果、今までのリンパ療法のイメージが覆りました。

今回、新リンパ療法の存在を知ったのは、新聞の紙面広告がきっかけでした。
ずっと、今からでも手に職がつけられたら、という思いが頭の片隅でくすぶっていたのです。
職場では来月から時短勤務日が設定されることになり、収入が減ることが決定しました。
社会保険の加入資格に影響がない範囲で、という希望は出しましたが、
来年の年金保険料は今年の収入で決まるため、収入が減るうえに保険料が高めとなると、正直キツイ。
時短になれば身体は楽になるでしょう。
でも、新たな不安が。
時短が設定されるということは、業務の効率が優先される、ということでもあります。
職場のスタッフでは私が最高齢。
20代のスタッフと比較すると、当然、業務スピードは劣ります。
効率が優先されれば、場合によっては効率の劣るスタッフ(私ですね)から
切られる可能性も出てきます。
年齢に加えて潰しのきかない事務職なので、私には今からの転職はほぼ不可能。
力仕事なども、腰にヘルニア・手指に変形性関節症を抱えていると限られてしまいます。
そんな非力な私にも持てる資格があれば、と漠然と思っていた矢先の、この出会い。
これを逃したらチャンスはなくなってしまうかも知れません。

今回受講するまで、リンパというと、流れがスムーズになるとむくみに効く、
程度の知識でした。
それは間違いではなかったのですが、効能はもっと幅広く、
例えば多くの人が抱える肩凝りや腰痛までも改善される、というのです。
腰痛に効くなら、今後連綿と続くと思われる、クリニックへの通院も減らせるかも知れません。
医療費は削れないだけに、やはり負担になります。
新リンパ療法は身体一つあれば誰でも習得出来、特別な器具が要らないという点は、
他の医療資格とは大きく異なりますし、最大の魅力でしょう。
講習を終えると同時に資格が授与され、リンパ療法士として活躍出来るようになります。

『そんなおいしい資格が本当にあるの?』

無料講座の終盤、他の参加者が申込書に記入していくなかで、
私にはずっとその疑問が残りました。
希望者には講師自ら、骨盤の歪みを矯正する施術をして貰えるというので、
もちろん私も受けてみました。
事実、あっという間に骨盤矯正が施され、その技術の凄さには舌を巻くほど。
それでも、やはりその場で申込書を書くことは出来ずに会場を後にしました。
しかし、帰宅して改めて貰った資料を読み返していると、
これは自分にとって大きなチャンスかも知れない、そう思えてきたのです。

普通、医療資格ともなると、まず専門分野の大学を卒業していることが条件だったり、
受験資格のための受験や実務経験が必須だったりして、
資格取得までに5年10年とかかるものが圧倒的です。
医療以外だとほぼスクール的なものが多く、資格取得は出来ても独立や開業までは
サポートしてくれません。
が、私が今回行った学院では、卒業後の転職や独立開業のサポートがあります。
講習を終えると同時に資格が授与され、リンパ療法士として実際に
社会で活躍出来るようになります。
正直、私に事業主になる才能があるとは思えず、資格はいくつか取りましたが、
全く使うこともないまま、10年以上が経ちました。
資格を取っても使わなければ忘れます。
これから活かしたいと思っても、再度学び直さなければ使い物にはなりません。

短期間で資格が取得出来、みんなに感謝され、収入も得られる。
こんな資格は今、他にないと思います。
不安だらけなのは変わらないけど、徐々に、やってみたいという気持ちがわいてきました。
自分に個人事業主になる才能があるとは思えないし、不安です。
さらに、今の住まいは親の家で私は居候の身なので、勝手に改築したり出来ませんし、
自分の部屋は狭くて開業スペースにはなり得ません。
資格は最長6か月あれば取れますが、それまでに自分の自由になるスペースは確保出来ないので、
そこが悩みどころ。
家族や身近な人たちに施術するくらいは出来ますが、自宅での開業は今は無理です。
それも含めて、やはり一番身近な両親に話してみたいのですが、
保守的な世代ですから、きっと反対されるでしょう。
でももう、今の仕事にしがみつくのも限界ですし、将来も考えると、
パートナーと結婚出来るのはいつになるかわからないし、
結婚後も、経済面で彼に全ておんぶに抱っこにはなりたくない思いもあります。
年金も恐らく雀の涙で、それだけではとても生活出来ない金額。
親と暮らしていても、経済的には独立していたい。
いろいろ考えると、やはり挑戦するしかない、という答に行きつくのです。

自分のみならず、彼も父も友人も腰痛や肩凝りに悩んでいます。
みんなまとめて痛みを取ってあげることが出来たら、それ以上のことはないでしょう。
そこに収入がついてくるなんて、願ったり叶ったり。
とにかく今のままでは、職を失えば忽ち生活保護受給者になりかねません。
今回の講習の申込み締切は23日。
それまでに両親に話し、特に父の腰痛を直してあげたい旨を伝えれば、わかって貰えるかな、と。

ここに書いているうちに、だいぶ頭の中も整理されてきた気がします。
無料講座では正直腰が引けていたし、猜疑心の塊だったけど、貰った資料を再度読んでみて、
やはり今がチャンスかも、と。
今夜にでも、頃合いを見計らって、まずは両親に話そうと思います。

 
 


[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by fujimal_love | 2017-10-15 16:56 | 自分のこと | Comments(0)