言葉

d0155893_19040379.jpg

旅先というシチュエーションのせいなのか・・・
「母親を見送ったら、一緒に住もう」
彼が昨日、そう言ってくれた。
さり気なく、でも、ハッキリと。

「母親を見送ったら…」
とは以前にも言われたけれど、
後に続く言葉は何となく濁されていた。
そこまで言わなくてもわかるだろう、というニュアンス?
でも、わかっていても言葉でちゃんと伝えて欲しいのが、
女という生きもの。
彼にとって、高齢のお母様の存在が大きいことは知っていた。
私に介護の負担を強いることへの遠慮があるだろうことも。
それがわかるから、彼を困らせることはしたくなくて、
ずっと待ちわびていた言葉。
それを突然サラリと言われて、その時は何ともなかったのに、
一人になってから、喜びが込み上げてきて涙が溢れた。
17年という長いトンネルを、やっと抜けることが出来た。

早くて5~6年、長くて10年・・・かな。
なるべく、還暦までにお願い(笑)


あなたが迎えに来てくれるその日まで、
私はここで待っているから。



[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by fujimal_love | 2017-02-27 19:06 | *大切な人とのこと* | Comments(0)