It's all right.

理想と夢と現実と。


熊本地震の被害に遭われた方々へ、阪神大震災の被災地より、
お見舞い申し上げます。


一人暮らしをする、と決めてから3ヶ月余り。
少し増えたお給料から積立を始めて3ヶ月目。
新しい預金通帳に月一行ずつ、入金取引が印字されていくにつれ、
何だか使うのがもったいないなぁ、なんて、
当初予想しなかったような迷いが出てきています。
このまま実家にいて、将来のために貯蓄する方がいいのかも知れない。
でも現実に目を向けると、やはりもう少し職場に近いところに拠点を移したい、
という気持ちに変わりはありません。
先日、利用している私鉄が朝から遅延して、乗換えが増えた結果、
通勤に時間がかかってしまい、こんなことがまた起きるとイヤだな、と。
何より、長年の悲願だった“神戸市民に返り咲く”夢を諦めきれません。
今回の熊本地震で、その気持ちが一層強くなりました。
神戸市内で働き、合唱団にも復帰・継続出来ている今、
大好きな神戸に戻って、もう一度、神戸市民として暮らしたい。
それが一時のことであっても。
小さなことですが、職場と新居との間に合唱の練習会場があれば、
通勤定期のみで行き来できて、交通費の節約になります。
一人暮らし中も、そうして出来る範囲で貯蓄を続けていけば、
自分が死んだ時の火葬費用くらいは準備出来るかな、と。
私には子供もいないし、その頃には彼も亡くなっていると思うので、
弟に託すことになります。
私の死後にまで弟たちに迷惑や面倒をかけたくないので、
お葬式もお墓もいらない「0葬」にして貰う予定ですが、
貧乏なりに、せめて火葬費用くらいは残しておきたいです。

一人暮らしを始めるまで、まだまだ迷うのだろうと思いますが、
さてさて、来年の今頃、私はどこでどうして生きているのでしょうか(笑)

d0155893_10311032.jpg

 
 
 
[PR]

by fujimal_love | 2016-04-16 10:31 | 自分のこと | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 初・六甲山 夜桜とピンクの絨毯 >>