後悔

吐き出し日記です・・・


一昨年の入社以来、歳が近いからと仲良くしてくれている同僚女性がいます。
彼女は明るく、ポジティブな性格。
私にないものを持っているからか、初めのうちは“いい人だな~”で済んでいたんです。
が、昨年の夏頃から何となく、彼女の存在を重荷に感じるようになりました。
彼女は、今の人たちにはない、お節介タイプ。
美味しいものを見つけたら、職場で人数分を用意して配る。
入院した同僚には有志での「お見舞い金・お見舞い品」の準備に奔走し、
退職する同僚には「お餞別」を、と言ってまた段取りする。
そういうものを取り仕切り、世話をやいてくれるのはいいのです。
でも、度が過ぎると重くなってくる。
お菓子を持ってきて配るのはいいけれど、迷惑に思う人もいるし、
今は落ち着いたけれど、私に個人的に食品や雑貨などを頻繁にくれた時期があり、
母も「貰うのはいいけど、気を遣うよねぇ」とちょっと閉口気味でした。
彼女はただ「~してあげたい」「喜んで貰いたい」という純粋な気持ちでするんでしょうし、
それはわかっているつもりです。
でも、度重なると、正直ウザい。

それから、何を勘違いしたのか私に対して、少し上からというか、
お説教めいたことを言うようにもなりました。
2つ年上ですから、上からでもいいと思うこともありますが、
一度だけ、意味不明なお説教LINEが届いて、返信が出来ませんでした。
昨年の年末のこと。
それまでの話の流れで、
「今年は○○さん(彼女)やみんなに支えられて、いい一年でした」
「来年もきっといい年になると思います」
というような内容のLINEを彼女に送りました。
私にしたら、年末のご挨拶、のつもりだったのですが、その返信が
「あまり周囲に期待しない方がいいと思います。ちょっと気になったよ(^^)」
・・・え?どういうこと??
私は意味がわかりませんでした。
最後の笑顔の絵文字も意味不明。
その前に自分が送ったLINEを読み返してみても、
何かして欲しい、とか、望んでいる、なんて書いたLINEは一つもありません。
私は単にみんなに出会えた喜びと感謝を表現しただけなのに、
彼女が何を思ってそんなLINEをしてきたのか、まったくわかりませんでした。
結局、それに対しては一言も返事をつけず、スルー。
それがきっかけで、彼女とのLINEもあまりしなくなりました。

年明けからは、彼女も私と同じ勤務日数に増えて、一緒にいる時間が長くなり、
ますます彼女の存在が重苦しくなるばかり。
繁忙期に入って残業が続いているため、彼女とは残業可能時間を変えたりして、
なるべく帰りも一緒にならないようにしています。
火曜日には合唱の練習前に、会社の休憩室でおにぎりなどをかじって行きますが、
これから残業が減ってくると、毎週火曜日の定時後、
私の虫抑えに付き合う、と言って、また居残ってくれようとするでしょう。
(彼女のご主人はいつも帰りが遅く、彼女は一人で夕食を摂るそうです)
でももう、それもイヤなので、これからは会社では軽食を取らず、
会場で打ち合わせがあるから、と誤魔化し、早めに会社を出て、
練習会場の近くで済ませようと考えたりしています。

他にも、彼女の言動にイラッとすることが増えてきました。
最近思うのは、仕事に対する彼女の姿勢、というのでしょうか。
彼女も私も、今とは別の部署から異動になったのですが、
ロクに研修もないまま実務につかされ、その皺寄せが今になって押し寄せています。
少し慣れてきた頃が怖い、と言いますが、それを痛感させられることが増えました。
自分なりに必死で仕事をこなそうとするのですが、空回りで、結果、ミスしてしまうのです。
でも、同じように注意を受けても、彼女は実にノーテンキ。
「こんな風に笑っているけど、本当はすごく堪えてて泣きたいのよ~」
と言いながら、声を上げて笑うのです。
あと、計算してかどうかわからないけれど、
社員のミスは研修を充分に受けさせない会社に責任がある、と思っているのに、
彼女は「自分が悪い」と言う言い方しかせず、会社の悪口も言わない。
私は自分がしたミスがどうして起きたか、まったく理解出来ずに、
たまらず面談を申し出て、研修して欲しい、と頼んだほどです。
それもしな彼女はいわゆる“事なかれ主義”なんじゃない?と母は言いました。
彼女はポジティブになろうとしているだけかも知れないのですが、
その偽善者ぶりというか、ノーテンキさが、私をイラッとさせます。
「何なの、この人。本当に事の重大さがわかっているのかしら」
と疑いの目を向けたくなるのです。
いくら仕事でも知らないことに責任は持てない。
会社はそれをわかっていて、時間がない、といって研修なしで仕事をさせ、
ミスに繋がったのです。
しかも、当人はそのミスに気付いていないし、どこがどうミスなのか、
未だに理解出来ていない。
そこが問題なのに、彼女はそういうことは全く考えないようです。
だから私も声を上げ辛かった。

さらに、彼女の発言で私をイラッとさせたのが、交際中の彼に関してのこと。
「あまり彼にのめり込まないように、一人でもいられるようにしてね」
彼女自身が恋愛で苦労をしたり、苦い思いをした、というのなら説得力もあります。
が、彼女は若くしてお見合い結婚し、一度も恋愛をしたことがない、と言う人。
そんな貴女に男女の何がわかるの?と言いたい。
貴女に言われたくない。
ほっといて欲しい。

先日は体調が悪く、彼女のテンションの高さにも辟易しました。
もともと声の高い人なのですが、昼休み、いつものようにマシンガントークを繰り広げる彼女。
話は好きだけど、下手なんですよね。
私も人のことは言えないけれど、彼女の話は説明が回りくどくて、
なかなか結論に達しません。
先日、美味しかったというスイーツをみんなに配ってくれた時も
「これ、すごく美味しかったから、よかったらどうぞ」
と言えばいいものを
「この前、えーっといつだったかな、水曜日だったかしら。
今日は何曜日?
あっ、やっぱり水曜日だったわ。
そうそう、あの日、残業短めで帰らせて貰ったのは、用事があったからなんだけど、
その用事を済ませて、近くのコンビニに寄ったら、
ずーっと食べたかったスイーツがあってね。
食べてみたら期待していた以上で、すっごく美味しくて。
それで、皆さんにも食べていただきたいな~って思って、
水曜日に人数分買おうとしたけど、棚にあるだけしかない、って言われて
次の日にまたそのお店に行って、足りない分を買ってきたの~」
と、こんな調子なので、話を聞いているとホント疲れてしまうのです。
それも甲高い裏声でまくしたてられ、
その時、風邪をひいて具合が悪かった私は、頭がクラクラ。
「お願いだから黙ってて」
と、この時ばかりは言いたかったです。

彼女といつまで一緒に仕事をするのかわからないけれど、
正直もうウンザリな毎日になってきています。
彼女はきっと私が思う以上に「昭和な人」なんだろうな、と。
職場ではひたすら文句を言わず、上司に従うイエスマンでいるのが一番。
人にはお節介をやくのがいい、と思い込んでいるようなところがあるけれど、
それは一歩間違えば「親切の押し売り」だよね・・・
少なくとも、今の時代にはそぐわない。
けど、彼女にそんなことを言っても馬耳東風。
これからも、ハイテンション&ポジティブ街道まっしぐら、なんだろうな。
私はそんなに人間が出来ていないから、彼女と同じには出来ない。
はぁ~、考えただけで疲れる・・・(*_*)
彼女は私のどこが気に入ったのかわからないけど、
ただお姉さん風を吹かせたいためなら、距離を置きたい。
出会って1年余り「彼女と親しくなり過ぎたかも」と、今、後悔しています。

・・・長々と愚痴ってすみません。
お目汚し、失礼いたしました。
[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by fujimal_love | 2016-02-20 23:12 | 仕事 | Comments(0)