湯快リゾート

私が外風呂が苦手であるということを、温泉を全否定した、と捉えた彼。
そこから1ヶ月以上経っても、何となくわだかまり感が消えなかった私。
水曜日、19日ぶりに会ったけど、会うまでは
温泉のことでまたネチネチ何か言われるのかな・・・イヤだな・・・(-_-;)
そう思いながら、待ち合わせ場所に向かいました。
もう、余計なことは言うまい
そう決めて、彼の車に乗り込んだワケですが、前回の日記に書いたような意外な展開になり、
私が温泉を全否定したような言い方になったことを彼も許してくれたようだったので、
用意していた小道具を取り出して見せてみました。
その小道具とは“湯快リゾート”のパンフレット。
先月友人と行ったジャンカラで貰い、ひょっとして役に立つかも、と取っておいたんですが、
これが見事に当たりました。
期限や利用施設に制限はあるものの、1名分の宿泊費が無料になる、というもので、
それを見せた途端、彼が目を輝かせて飛びついてきて(笑)
暫くパンフレットを食い入るように見て
これ、貰って帰っていい?
もちろん、と答えるととても嬉しそうでした。
そして早速、その日のうちに
温泉、予約したよ(^O^)/
とメールが。
あぁ、彼の機嫌が直ってホントよかった。
というワケで、来月また温泉旅行に行くことに(´艸`)
8月には以前話題に上った鳥取砂丘へ行く話も出て、さらに楽しみが出来ました。

本当は、今日もまた温泉のことで私にグチグチ言うようなら、
価値観の違いを受け入れて貰えない相手だということだから、
そうなったらもう別れるしかないかも、とまで覚悟していました。
でも、全部取り越し苦労に終わった。
今は心底ホッとしています。
母との喧嘩を彼にカミングアウトしたことも、結果的に怪我の功名になったワケで、
無意味なことなんて何もないんだな、と改めて思いました。
[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by fujimal_love | 2015-06-13 14:40 | *大切な人とのこと* | Comments(0)