それぞれの春

約1ヶ月前、突然面談があり、私は隣の部署へ異動しました。
面談がある、とその日の朝に聞いたのですが、
更新の面談は3月末のはずだけど・・・?
胸騒ぎを覚えつつ上司の待つ会議室へ行くと
〔○○さん(私)に、お話ししなければならないことがあって、
 面談をさせていただくことになりました〕
という上司の前置きがあり、
あぁ、とうとうきたか(>_<)
・・・一瞬「雇い止め」という言葉がよぎりました。
というのも、新サービスの出だしが遅れ気味で、
事務所の業務バランスが崩れてしまったため、
縮小されてしまうのだ、と思ったのです。
が、職場の再編による異動、という意外な言葉が続いて、
軽く混乱状態に(汗)
どうやら雇い止めではないようだ、とわかって
安堵しながらその後の説明を聞きました。

今、仕事があるのはとても有難いこと。
特にover50の私には、事務職はなかなかありません。
ただ、今回の異動は一人ぼっちかと思ったので、
複雑な想いで職場に戻ると、
一番歳が近く仲のいい同僚が、待ち構えていた様子で
『ひょっとして隣に異動?』
と筆談で聞いてきました。
「そうなんです」
と答えると、彼女が声を潜めつつもとても嬉しそうに
『よかった、私もよ('-^*)』
そう聞いた私も、やはり嬉しかったです。

あれからもうすぐ1ヶ月。
旧部署はやはり、そのまま消滅となってしまうようです。
そして、旧部署にいたメンバーのうち、
数名が今月で退職すると噂で聞きました。
ご主人の栄転、ご本人の就職決定など、おめでたい理由もあるなかで、
辞めることを決めたけれども次が決まっていない人や、
体調が思わしくない人もいる、とのこと。
また、一旦一緒に異動したけれど、
以前のメンバーがいるグループに“戻る”形になる人も。

入社から今月末でちょうど半年。
同期はそれぞれ、悲喜こもごもで複雑さはありますが、
幸い、私が異動した部署は忙しいながらも充実しており、
人間関係もよく、願ったり叶ったり。
幸せなことだなと思います。
勤務条件について、4月からは土曜日が休日となり、
午前と午後に小休憩が設けられるなど
多少の変更もあります。
一緒に異動したメンバー4人のうち、
1人はまた旧メンバーの中へ戻っていきますが、
同じブース内ですし、全く無関係な業務ではないので、
同期としてこれからも一緒に頑張っていきたいです。
[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by fujimal_love | 2015-03-22 18:31 | 仕事 | Comments(0)