もう不安にならなくていいんだ

12日は今年初めてのデートでした
俗に言う“姫初め”ももちろんよかったのですが
ラブホを出る前に一緒にTVを見ていたら、神戸の震災特集をしていて、
“復興住宅の入居者が高齢化・独居化している問題”
を取り上げていました
殆どが80歳代を迎え、妻か夫のどちらかに先立たれた
独り暮らしの高齢者が増えている、と
すると彼が
俺も○○(私の名前)に看取って貰わないとな
って言ったんです
そんなことを言うと思わなかったのでビックリして
私が看取っていいの?
と思わず訊いたら
うん、もう、そうなる可能性が高いし
と躊躇なく答える彼
彼がここまでハッキリと具体的な話をすることは今までなかったので、
嬉しいのに驚きで言葉が出なくなってしまいました
彼の将来にちゃんと私がいるんだ
と思うと、胸がいっぱいでそのあと言葉にならなかったのです

あとから思い返してみても、こんなやり取りになったのは
奇跡的な偶然だったと思います
その時間に彼とその番組をTVで一緒に見なければ、
自分を看取って欲しい、なんて話は出なかったでしょう
たまたまその日のその時間に
神戸の震災や高齢化をテーマにした番組が流れたからこそ
そういう会話になったのであって、
12日に彼と会っていなければ、そもそもあり得なかった会話
タイミングってあるのですね

正直なところ、何も言わないクールな彼に対して
私自身はもう諦めの心境になっていました
高齢のお母様の介護で私に負担をかけたくない、という
彼の優しさも確かにあったとは思います
でも、私は勝手に、
せっかく離婚して自由を手に入れたのに
今さら一人の女の人生なんて背負いたくない
たまに会えて楽しかったらそれでいい
彼がそんな風に考えていると思っていたのです
だから、彼の負担になりたくなくて、先の話は避けてきました
実際、最近の彼が口にしていたことと言えば
墓はいらない
俺は先に死ぬから

何故かそんな話が多かったから
それを聞いて、私も
そうだね、死ぬ時はどうせ一人だしね
なんて話を合わせて強がっていましたが
心の中では寂しくて仕方がなかったのです
やっぱり彼はそれほど私を必要としていなかったんだ
彼の将来に私はいないんだ
そんな思いでいっぱいになっていました
こんなセフレみたいな状態がずっと続くのかと思うと、
彼を愛しているけれど、虚しさがこみあげてきて
たまらない気持ちになることがしばしばありました
長すぎた春に別れを告げるのがいいのかな、という思いも
そして、一人で勝手に不安ばかり募らせていた
だけど、彼はそんな風には思っていなかったんですね
確かに女心のわからない人(笑)だけど、
15年前から全くブレない気持ちを持ってくれていたのです

想えばW婚外で出会った頃、彼が言ったのは
何でかな、こんなふうに○○(私)と会っていることを
ちっとも悪いことと思っていない

また、私がまだ離婚を考えていなかった頃にも
定年退職して家に籠ってたらボケてしまうのが怖い
だから○○にはずっといて貰わないと困るんや

ある時は、私が落ち込んでいたら
俺が考えているのは○○のことだけやから

どれも、その時の私は
どうせ叶わない未来なんだから
と話半分に聞いていましたが
彼の気持ちは最初から決まっていたんですね
でも、男は狡いから、なかなか自分から行動は起こさない
離婚だって、結局は奥様の方から三下り半を突きつけられた
もしそれがなかったら、今日このブログを私は書いていません
彼は夫婦関係が破綻したまま、死ぬまで無意味な結婚生活を
奥様と続けていたはず
そしていずれ私は彼の元を去る選択をしていたと思います

「看取って欲しい」と言う言葉を彼の口から聞いた時は
苦しかった15年間の想いがまさしく報われた瞬間でした
もう不安になったりしなくていいんだ
家に帰って一人になってから、いろんな想いがこみあげて
急に涙が溢れてきました
報われないままの恋愛をしていることが
どうしようもなく辛かったこの15年
昨年私も離婚して、お互いにフリーになってからも
先が見えなくて不安ばかりかかえる日々でした
やっぱりスタートが間違っていたから、
このままいつか引き裂かれてしまうんだろうな

と・・・
でももう、そんな風に思わなくていい
それだけでどんなに救われるか、言葉ではうまく言い表せません

来週は新車でドライブに行く予定も入れてくれました
今月はすでに3回会えることになります

ある人が言ってくれました
ふじまるさんの彼は口ではあまり言わないだけで
「不言実行」で男らしい
ちゃんと態度で示してくれて、裏表もない人だよ

嬉しかったです
そっか、彼は不言実行タイプなんだ
女は言葉で聞きたい生き物だけど
大事なことに気づかせて貰った気がします

もう、一人で不安になったりしない

あとは全ての環境が整うのを待つだけ
彼の言葉を信じて、そばにいようと心に決めました
[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by fujimal_love | 2015-01-14 11:55 | *大切な人とのこと* | Comments(0)