It's all right.

戻ってきたメール

今日も肌寒い一日でした。
心にぽっかりとあいてしまった穴に風が吹き抜け、
涙が出そうになるのをこらえながら
何とか合唱の練習に行ってきました。

実は昨夜、彼からメールが届きました。
いえ、正確には、彼が使っていたアドレスから、
私が最後に、彼を気遣う内容で送ったメール本文だけが、
そのまま返信されてきました。

会社支給の携帯でしたから、誰かが使おうとして電源を入れた時に
初めて受信されたのかも知れません。
彼が返却する時に、メールはすべて削除したはず。
だとすると、彼が読んでいなかった可能性が高いですが、
今となっては確かめるすべはありません。
昨夜のメールも、故意なのか誤送信なのか。
読まれても特に問題のないメールではありましたが、
会社の方は不快な思いをされたかも知れません。
私の知る彼のアドレスが唯一それだったのだから、
仕方のないことですが…。

昨夜メールを受信した時は一瞬、自分の目を疑いました。
二度と届くはずのないアドレスからのメールだったのですから…。
でも、それが彼からのものでないことに気づくのに
時間はかかりませんでした。

これで手紙だけでなく、最後のメールも届かなかったことになります。
彼を襲った突然の悲しみに、すべてが間に合わなかった…。
[PR]

by fujimal_love | 2012-03-20 22:29 | ひとりごと
<< 就活 1 前へ。 >>