すべてが途切れた日

2月29日。
うるう日の夜に届いた、彼からのメール…
「愛知県に来ています
 私の下の子供が亡くなりました
 ショックで立ち直れそうにありません」

いつ亡くなったのか、事故かご病気か、いつこちらへ戻るのか。
詳しいことはまったくわからないまま、
3月1日はすべての連絡が途切れました。
交際9ヶ月余りの間、一日も途切れたことがなかったメールが、
初めて途切れました。

心配で不安で、じっとしていられないのに、
行ってあげることも出来ず、
ただひたすら彼からの連絡を待つだけ。
それがこんなに辛いとは…。

『落ち着いたら連絡を下さるよ
 こんな時だからこそ、貴女が支えてあげないとね』
そんな母の言葉を聞くにつけ、泣きたくなります。

彼の苦しみ、悲しみは私からは想像もつかないし、
今、彼の顔を見られたとしても、
何て言ってあげればいいかなんて思いつかないけれど、
会いたい。
[PR]
by fujimal_love | 2012-03-02 00:00 | 回想録