It's all right.

阪急電車 -片道15分の奇跡-


今、プロフィール画像にしている小説が映画化され、
公開初日の今日、劇場へ行ってきました。

内容を書くとネタバレになってしまいますので
そこには触れずにおきたいと思いますが、
関西人、特に日頃、阪急電車を利用している人間には
車窓からの見なれた風景がそのまま舞台となっているため、
感情移入しやすいと思います。
他に、宝塚ガーデンフィールズ内のドッグランや
神戸ハーバーランドなども♪

この映画、一言でいえば“めっちゃ面白い”です!

☆宮本 信子☆
☆中谷 美紀☆
☆戸田 絵梨香☆
☆南  果歩☆

…自分が普段利用している阪急電車に、
こんな豪華なキャストが乗り降りしているところを見るのは、
何だか不思議な気分でしたが、
描かれているストーリーはどこにでもあるもので、
今この瞬間にもどこかで誰かが遭遇しているような
ありふれた光景。
  誰もが自分一人ではどうしようもないものを
  それぞれ抱えている。
  人に言っても仕方がないとわかっているから、
  自分で乗り越えていくしかないのだ。

こんなナレーションが冒頭に流れるのですが、
思わず「うんうん」と頷いてしまいます。

私も今津線ではないけど毎日阪急を利用して通勤しており、
登場人物の女性を取り巻く出来ごとには
かなり感情移入しました。
特に、戸田絵梨香扮する女子大生ミサが
恋人カツヤから受ける仕打ち(暴言・暴力)には、
自分の経験がフラッシュバックして、思わず涙が…。
でも本当に素敵なシーンがたくさんあり、
一度ではもったいないので、
今度、友人♀と観に行く約束を早速しました。

ただ、少々辛口な評をさせて貰うなら、
あの美しい中谷美紀さんが、
バリバリの関西弁で喋ったら最高だったのになぁ。
それから、舞台を今津線としたのなら、
原作に登場しなかった今津駅や阪神国道駅も
描くべきだったのでは、と思いました。
ただ、この2つの駅を描くには、
同じ今津線であるにも拘らず
一旦西宮北口駅で降りて
乗り替えなければならないので、
片道15分では収まらないし、
構成上難しい面もあったとは思います。

以上、どっぷりと関西ローカルに浸った一日でした。
皆さんもぜひ一度ご覧下さい。
涙も笑いも元気もある、オススメな映画です。

映画「阪急電車 -片道15分の奇跡-」公式サイト


こぼれ話:私が劇場に着いた頃、どうやら女優陣の舞台挨拶が
     劇場のある商業施設のどこかで行われたようです。
     帰ったら母が「TVで観たよ」と。
     あの豪華な女優陣を間近で見たかったなぁ(笑)




[PR]

by fujimal_love | 2011-04-23 21:04 | TV・映画関連
<< 復興に向けて “贈る言葉” >>