It's all right.

「救国の散財」

  
----------
日本全土が現場、全国民が当事者であろう。
だが、皆が沈み込んではお金が回らず、再生はおぼつかない。
国費を被災地に集め、懐に余裕のある向きは
「救国の散財」をしてほしい。
義援金、外食、買いだめ以外の衝動買い、何でもいい。
----------

今日の朝日新聞朝刊に載っていた、天声人語の一節です。

親族が被災しても何も出来ないという無力感に襲われ、
普通に生活出来ていることが申し訳ない気持ちでいましたが、
この数行に少しだけ、元気づけられました。

そして、そばに行って直接支援出来なくても、
離れていても出来ることは実はたくさんあるのだ、と
気づきました。

普段、衝動買い、というとあまりいいイメージはないけど、
「救国の散財」と言われれば、罪悪感も薄れます。

派手なことは無理だけど、ちょっとくらいならしてみるか、
散財☆
そうしているうち、歌うことへの意欲も取り戻せたら、
今度は被災地に届くように歌いたい♪
[PR]

by fujimal_love | 2011-03-23 20:14 | 災害
<< 今“歌う”ことの意味 弱い自分 >>