東日本大震災

  
このたびの地震で被災された皆様に、
心よりお見舞い申し上げます。

2011年3月11日14:46。
これより数分遅れて、私は会社の事務所で
揺れを感じました。
最初は地震とは気づかず、
自分がフラフラしているのだと思いましたが、
どうも変だと思い、周囲の人に
「今、地震ありました?」
とつぶやいたら、
「やっぱりそう」
「私も自分がフラついてるのかと思った」と。
震度表示は3となっていました。

もしや…とイヤな予感がしてネットのニュースを見るなり
「えっ!?」と声を上げた私。
“地震”“東北地方”という文字が躍っているのを見て、
とっさに仙台に住む叔父一家のことが心配になり、
叔母(母の実妹)の携帯にメールしてみましたが
音沙汰はなく、
それからは仕事が手につかない状態で、
数分おきにネットの地震情報を凝視していました。
時間を追うごとに地震の規模が上がり、
被害状況が明らかになるのを見て、
言葉もありませんでした。

叔父一家の無事がわかったのは、22:00過ぎ。
母の携帯にメールが入り、
車で自宅を離れている、ということでした。
その後は恐らくのバッテリー切れなのでしょう、
連絡が途絶えていて、どこでどう過ごしているのか
まったくわからない状態で、
無事が確認されたものの、心配は尽きません。
叔父とは別居している息子(私からみて従兄弟)夫婦の
安否もわかっておらず、
母は眠れぬ一夜を過ごし、食欲もなく、
TVの前から動けずにいます。

思えば16年前の阪神大震災の時、
大阪にある叔父の会社の家族寮の空き部屋を
提供して貰うなど、
叔父には随分と助けて貰いました。
今度は私たちに何が出来るか…
恩返ししたい気持ちだけが先走り、
ただただ頑張って欲しいと祈ることしか出来ずにいます。

また、叔父の家から20kmほどのところに住む友人♀とは
まったく連絡が取れていません。
会ったことはないのですが、とあるSNSで知り合い、
数日前にもメールのやり取りをしていました。
電話番号がわからないため、
モバイル版安否情報などが利用出来ず、
もどかしい思いをしています。
どうか無事でありますように…!
[PR]
by fujimal_love | 2011-03-12 20:54 | 災害