離婚、解雇…そして、思うこと 

  
今週はめまぐるしい一週間でした。
駐車違反金のこと、解雇、休業日事件…。

--------------------------------
休業日事件とは・・・
先月から会社が始めた「休暇取得促進」。
詳しい説明もないまま、会社の指示された日に休暇を取り、
特別有給休暇という処理をされていたのですが、
昨日になって「間違いでした」と。
「休業日とお考え下さい」とだけ言われて、
固定給の正社員と違い、時給制の私にとって、
9月はただでさえ連休のせいで給料が少ないのに、
会社の指示で休んだ2日間は無給になってしまうのかと
人事に抗議しました。
フルタイムだからという理由で、正社員と同じく
休暇取得促進の対象にされ、
休みたくもないのに休みを取らされ
挙句に給与補償がないとは、契約違反じゃないか、と。
今日、人事責任者からお詫びと詳しい説明があり、
ようやく納得。
有給と同じような扱いになるが、
出勤日数に含むことが出来ないため、
給与明細にはその他支給として表示される、
ということでした。
なんだかややこしかったけれど、
ホッと胸を撫で下ろしました。
--------------------------------

解雇を言い渡された火曜日は、
ショックで何も考えられませんでした。
けれども2日、3日と経つにつれ、ぼんやりとですが
将来のことを考え始めています。

まず、就活も考えましたが、
かねてから、大昔に取った簿記2級を
活かしたいと思っていて、
たまたま一緒に仕事をしている男性から
職業訓練のことを聞き、
受けてみたいな、と考えています。

幸い、会社都合で、45歳以上なので、
失業給付は180日分。
希望する職業訓練に合格したとして、
12月受講開始で来年5月末に修了。

失業給付は会社都合のためすぐに受給出来るので、
ちょうど受講が終わる頃に受給も終了となります。
この歳ですから、すぐに就職出来る可能性は
かなり低いですし、
万が一就けたとしても、ただの事務なら
1~2年の短い契約スパンになることが
今は多くなってきて、
転職ばかり繰り返すのもそろそろ限界。
それなら、よりスペシャリストを目指した方が
先々長く勤められるのではないかと思っています。

まだ漠然とですが、結婚はしたくない、
という思いも強くなっていて、
両親を見送るまで、このまま実家にいたい、と。
それには経済的にも安定が必要だし、
収入を上げようと思ったら、
スキルアップが不可欠ですよね。

結婚には、今はそれほど執着がなくなってきています。
やはり手続きの煩雑さに辟易したことが
大きいですね。
お友達や、恋人と言える人が欲しい、
という気持ちはありますが、
じゃあ結婚か?というと、そうでもない自分がいます。
家事も得意とは言えないし、
自分一人の時間や空間も欲しい。
そんなワガママな私には、結婚は向かないのかも、と
ようやく気付きました。

こんなにちゃんと将来を考えたことは、
多分今までなかった。
離婚してからの1ヶ月余りは辛かったけど、
やっぱり、将来を考えるきっかけになった
1ヶ月だったなぁ、と思います。
[PR]
by fujimal_love | 2009-10-02 23:34 | 失業・就活・職業訓練